医学/科学 · 21日 3月 2019
デパスは日本の抗不安薬。成分名はエチゾラム。1984年に吉富製薬(現:田辺三菱製薬)が開発した純国産の薬で、現在日本国内での抗不安薬売上トップ。医者・患者の両方から高い支持を受けている。 日経メディカルOnlineの医師会員を対象としたアンケートで、抗不安薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ医師の58.7%がエチゾラム(商品名デパス)を挙げた。 デパスという名前はニ説あり、デプレッション(鬱)をパス(pass)する、または、病的状態から離れ(de)通り過ぎる(pass)、ところから命名された。
芸人/パフォーマー · 17日 3月 2019
ジョゼフ・ケアリー・メリック(1862年8月5日-1890年4月11日)はイギリスの男性、見世物芸人。世界で最もひどい身体変形による畸形人として知られている。 当初は「エレファント・マン」という芸名でフリークショーで出演していたが、後に外科医のフレデリック・トレヴィスと出会いのちにロンドン病院に移り住む。イギリス社会で一般的に知られるようになるのは病院生活以後であるという。

音楽 · 16日 3月 2019
戸川純(1961年3月31日生まれ)は日本の女優、歌手、作詞家。東京都新宿区出身。バンド「ゲルニカ」や「ヤプーズ」のヴォーカリスト。妹は女優の戸川京子。 異様なコスチュームと狂ったようなライブパフォーマンスで、特に1980年代から1990年初頭のニューウェーブやパンクシーンでカルト的な人気を集める。「愛してるって言わなきゃ殺す(「好き好き大好き」)」「滴る生き血に飢えるわ(「肉屋のように」)」など、数々の過激かつ病的な歌詞が特徴で、メンヘラや不思議ちゃんアーティストの先駆者ともみなされている。ほかにヤンデレキャラの祖ともいわれる。
芸人/パフォーマー · 15日 3月 2019
メアリー・アン・ビーヴァン(1874年12月20日-1933年12月26日)はイギリスの女性。先端巨大症。「世界で最も醜い女性」という呼び込みでサイドショーの巡業に参加していた。 メアリー・アン・ビーヴァンはロンドン、ウェスト・ハム、プレイストーのワーキングクラスの家庭の8人兄弟の1人として生まれた。学校卒業後に看護婦となり、1903年にトーマス・べヴァンと結婚する。 ビーヴァンは生まれつき先端巨大症ではなく、発症したのは結婚後、32歳のころだった。顔面の異常な肥大と変形で苦しみ、視力も衰退。それにともなって顔も醜くなりはじめる。

芸人/パフォーマー · 15日 3月 2019
ヘレン・ベイビー・バニー・スミス(1888-1951年)はアメリカの女優、見世物芸人。「肥満女」という呼び込み名を付けられ、おもに20世紀初頭ころにサイドショー巡業で活躍。 彼女は1888年4月、オレゴン州ポートランドで生まれた。子どものころは標準的な体格だったが、中等教育に通っているときに太りはじめた。学校を卒業すると13歳でサイドショーに入団し、パフォーマーとなる。その後、彼女の体重は500ポンド(226kg)まで増加した。 同じ見世物芸人で「生きた骸骨」という呼び込み名で活躍していたピーター・ロビンソンと出会い結婚し、2人の子どもをもうける。1951年に甲状腺機能低下症と診断され、しばらくして心臓麻痺で亡くなった。
芸人/パフォーマー · 14日 3月 2019
グレース・マクダニエルズ(1888年3月17日-1958年3月14日)はアメリカの見世物芸人。スタージー・ウェーバー症候群による重度の顔面変形で「ラバ面女」の芸名で知られている。彼女はハリー・ルイストンの巡業サーカスに入団し、週に175ドルを稼いでいた。

社会/文化 · 14日 3月 2019
ネットカフェ難民とは、借家や持ち家に定住することなく、おもに都会のインターネットカフェを寝泊まりの場として生活する人々。ホームレスの一種。 ネットカフェ難民の多くは、おもに日雇い労働や短期の派遣労働で日々の生計を立てている。かつてのドヤと異なりインターネット登録でないと仕事に就けないため、ネットカフェを住処とするホームレスが増えはじめた。 2018年の調査では東京都内で1日5,000人存在(週に5日以上利用する常用者)し、5割近く(46.8%)が月11~15万円の収入があると答えている。30代が約30%と一番多いが、20歳代~50歳まで幅広い年齢層にわたっており、性別は男性85%に対し女性が15%。
社会/文化 · 12日 3月 2019
アンダークラスは、2000年以降に現れ始めた日本の新しい階級。その数は約900万人。所得水準、生活水準が極端に低く、一般的な意味での家族を形成・維持することからも排除され、多くの不満を持つ、現代日本社会の最下層階級。 平均個人年収は186万。資産がまったくない比率が30%以上とほかの階級に比べて極めて高く、また、アンダークラスの60%以上は親と同居している。 アンダークラスは、ほかの階級(資本家、正規労働者など)と比較して、異質性が際だった特徴を有しており、ほかの階級が一体となってアンダークラスの上にたち、アンダークラスを抑圧・支配しているように見える。

漫画/挿絵 · 05日 3月 2019
徳南晴一郎(1934年6月1日-2009年12月24日)は日本の漫画家。貸本作家。日曜画家。おもに曙出版を活動の基盤としていたが、貸本業界の崩壊とともに、漫画家を引退。 代表作品は、時計人間に襲われるシュールな作品『怪談 人間時計』。ドイツ表現主義の影響と思われる歪んだデフォルメ表現は、読者になんともいえない不安感を募らせる。これに、SF小説に影響を受けたと思われる難解なストーリーや、「無階」や「指地図夫」といった一度聞くとゾッとしてトラウマになるようなキャラクター名があいまって、カルト漫画の最高峰として評価されている。
映像 · 04日 3月 2019
ぴろぴとは日本の映像作家。2001年頃からおもにネット上だけで15年以上淡々と活動しているアンダーグラウンド作家の巨匠である。初期は寺山修司やマックス・エルンストを彷彿させるシュルレアリスム風なFLASHでアニメーション作品で知られた。 ぴろぴとは、Flashアニメーション黄金時代から第一線で活躍し、現在も活動中の数少ない作者の一人である。代表作は「DOLL」で、この作品はフランスのショートフィルムフェスティバルで上映されるなど、海外でもアングラ系アーティストとして非常によく認知されている。自身のアカウントからアップロードした動画だけでも再生回数は100万を超えている。ほかに人気の高い作品は「ニコニコ呪いの動画」のYouTubeバージョン「username:666」で、これは30万回以上の再生数を誇っている。 最近は初期のような前衛的なアニメーションは作っておらず、廃墟で運命的な出会いをした日本人形「のろいちゃん」(上の写真)を実写のコマ撮りアニメーション作りに愛情を注ぐことが多い。

さらに表示する