作家 · 15日 10月 2018
平井太郎(1894年10月21日-1965年7月28日)は日本の作家。一般的には"江戸川乱歩"のPNで知られている。批評家でもあり、日本の推理小説、怪奇幻想小説の発展に多大な役割を果たしている。 乱歩作品の多くには探偵・明智小五郎が登場する。明智はのちに「少年探偵団」として知られる少年探偵グループの後見人でもある。 乱歩はもともと西洋ミステリー小説の好きで、なかでもエドガー・アラン・ポーのファンだった。彼のペンネームはポーの名前から由来している。 ほかにアーサー・コナン・ドイルから影響をうけており、乱歩は早稲田大学在学中に日本語に翻訳している。
映像 · 14日 10月 2018
『フリークス』はトッド・ブラウニング監督によるアメリカのホラー映画作品。90分のオリジナル版は非常に衝撃的な内容とみなされ、さまざまなシーンがカットされた結果、エディション版は64分に短縮された。オリジナル版は現在存在していない。 この映画はトッド・ロビンズの短編物語『スパーズ』の要素を基盤にしたものである。映画に登場する人物は、カーニバルでサイドショーのパフォーマーで本物の身体障害者の人々によって演じられた。出演はウォーレス・フォード、レイラ・ハイアムズ、オルガ・バクラノヴァ、ロスコー・エイツなど。 身体障害者の出演者は、小人症一家ドール・ファミリー、ヒルトン姉妹、下半身のないジョニー・エック、小頭症のシュリッツやジップ&ピップ姉妹など。

芸人 · 14日 10月 2018
エリザベス・グリーンはアメリカの見世物芸人。"コウノトリ女・エリザベス・グリーン"の売り文句で、1900年初頭に鳥人間として観客の前でパフォーマンスを行っていた。彼女の大きく長い鼻や顎から「コウノトリ女」というあだ名が付いたという。
14日 10月 2018
アンジェロ・サルヴァトーレ・ロシット(1908年2月18日-1991年9月21日)はアメリカの小人症俳優、声優。身長89cm。"リトル・アンジー"や"モエ"の売り文句で活躍。おもに映画やTVドラマで俳優として活躍した。 アンジェロはサイレント映画で俳優としてデビューし、以後70本以上の映画に出演し、ドワーフ、小人、モンスター、悪役、宇宙人などさまざまな役柄を演じている。

芸人 · 13日 10月 2018
ジェーン・バーネル(1871年1月3日-没年不明)はアメリカの見世物芸人。"熊髭女"の売り文句で全米のダイム美術館やカーニバル、サーカスのサイドショーで活躍した。 彼女は「マダム・オルガ」「レディ・オルガ」「レディ・オルガ・ロデリックなどのさまざまな舞台名を使っている。 彼女が出演した映画は、トッド・ブラウニングの『フリークス』のみで、このときはオルガ・ロデリックという舞台名で出演している。
芸人 · 13日 10月 2018
ピーター・ロビンソン(1873年4月8日-1947年)は"タバコの悪魔"や"薄男"や"生きたドクロ"という売り込み文句で知られる見世物芸人。 おもにコニー・アイランドのカーニバル・サーカス・サーキットやリングリング・ブラザーズ・サーカスで長く活動していた。1932年のトッド・ブラウニングの映画『フリークス』にも出演しており、ブロードウェイの劇場にも少し出演したことがある。

芸人 · 12日 10月 2018
ジョン・エックハルト・ジュニア(1911年8月27日-1991年1月5日)は、"ジョニー・エック"というステージ名で知られるアメリカのエンターテイナー。映画俳優。 下半身がない状態で生まれ、今日において彼はトッド・ブラウニングの1932年の映画『フリークス』に登場する人物の一人としてよく知られている。彼はしばしば"アメイジング・ハーフボーイ”や"怪物王"という売り文句で宣伝されていた。
芸人 · 12日 10月 2018
ミニー・ウールジィ(1880年〜1960年以降)は"鳥女クークー"というあだ名で知られるアメリカの見世物芸人。ゼッケル症候群。1932年のトッド・ブラウニングの映画『フリークス』にも出演している。 ウールジィは1880年にジョージア州のラブン郡で生まれた。彼女の幼少期にについてはほとんど知られておらず、ゆいいつ残っているのは精神病院を出たあと"ミニー・ハ・ハ"(インディアン「ミネハハ」を由来としている)というステージ名で、アメリカのサイドショー興行に出演していたという経歴のみである。 彼女はセッケル症候群と呼ばれる珍しい先天性成長骨格疾患で苦しんでいた。彼女はこの病気のために低身長で、小さな頭、くちばしのような鼻と逆蒙古眼のため鳥のように狭くなった顔、後退したあご、大きな耳、軽度の知的障害を患っていた。

芸人 · 12日 10月 2018
フランセス・ベル・オコナー(1914年9月8日-1982年1月30日)はアメリカのエンターテイナー。生まれつき両腕がない先天性四股障害として生まれる。"生きたミロのヴィーナス"や"アームレス・ワンダー"などの売り文句を付けられ、サーカスのサイドショーを中心にエンターテイナーとして活躍した。 オコナーは足を使って飲んだり、食べたり、文字を書いたり、タバコを吸うなどの普通のパフォーマンスを行っていた。趣味では足で編み物や裁縫をするのが好きだったという。 オコナーは当初AI Gサーカスでパフォーマンスを行っていたが、その後1920年代なかばから1940年代なかばにかけてリングリング・ブラーザー・サーカスやバーナム&ベイリー・サーカスで活動するようになった。 1932年にはトッド・ブラウニングの映画『フリークス』に出演している。彼女はこの映画にバレリーナのような衣装で出演しており、足でフォークを持って食事している姿や日常をどのように過ごすしているかを実演している。
芸人 · 08日 10月 2018
ドール・ファミリーは、ドイツ生まれでアメリカで活躍した小人症のカルテット。1910年代なかばころから引退する1950年代後半まで、おもにアメリカのサーカスやサイドショーにおける定番アトラクションとして人気を博した。 彼らは映画に俳優として出演もしている。代表的な作品は1939年にMGMフィルムが制作した映画『オズの魔法使い』に登場するマンチンキン人や、トッド・ブラウニングの1932年の映画『フリークス』で登場する小人症のキャラクターである。

さらに表示する