COVID-19 · 17日 6月 2021
COVID-19ワクチンを安全に接種する方法「#ScreenB4Vaccine」
COVID-19ワクチンを接種する際には、あなたとあなたの大切な人が組織内にウイルス抗原を保有していないことを確認することが最も安全です。この記事では、あなたとあなたの家族を免疫学的な危害の可能性から守るための簡単なアルゴリズムを紹介します。
MEMO · 16日 6月 2021
2021年6月16日
■年末までまったく休みがないので、たぶん今年のおもな更新は終了かも。家に缶詰状態なので感染確率は低い。 SNSはGettrにいて、ニュース記事だけ投稿します。今年のおもな更新。 パンデミックの真実 トランピズム これだけで世界の真実は明らかになるはずです。...
COVID-19 · 13日 6月 2021
【コロナワクチンの真相】ソーク研究所「新型コロナウイルスのスパイクタンパク質がさらに重要な役割を果たしている」
最近、ソーク研究所から発表された衝撃な研究についてお話ししたいと思います。そのページの名前は「novel Coronavirus spike protein plays additional key role in illness」というものでソーク研究所のドメインです。2021年4月30日にアップされました。日本語に訳すと「新型コロナウイルスのスパイクタンパク質が、さらに重要な役割を果たしている」です。
MEMO · 12日 6月 2021
2011年6月12日
■テレビ会談の「おもてなし」好評 机上にバナナ、コアラ… 防衛省 中国共産党に必要なのは「おもてなし」や「おかえりなさいませ」の精神だ。BGYのように見返りを求めない。
COVID-19 · 11日 6月 2021
爆弾発言:ノーベル賞受賞者モンタニエ博士が明かす「コロナワクチンは変異体を生み出している」
HIVを発見したことでノーベル賞を受賞し、最近ではパンデミック発生後にいち早く人工ウイルスであると断定したフランスのルック・モンタニエ博士が爆弾発言をした。 爆弾発言は2021年5月初め、「Hold-Up Media」のピエール・バルネリアスとのインタビューの中で起きた。 ウイルスが突然変異して変種を引き起こすことは今や誰でも知っているとおもうが、モンタニエ博士は「ワクチンが変異体を生み出す」と主張しているのである。 この映像はRAIR Foundation USAのために独占的に翻訳されたもので、アジェンダ主導(議題に振り回されて本質的な部分に耳を傾けない人たち)の左翼体制に大きなダメージを与える内容となっている。
COVID-19 · 11日 6月 2021
新型コロナ変異「デルタ型(インド株)」に関して知っておきたいこと
感染力が強くデルタ変種はコビッドシールドとコバクシンの片方または両方の投与による抗体を回避してしまうと言われている。最初のコロナよりも1.7倍感染力が強いと言われている。今、主流の英国型は1.4倍である。...
MEMO · 11日 6月 2021
2021年6月11日「周庭おかえりなさいませ」
■■香港活動家の周庭氏、12日にも出所へ ■私が周庭の釈放グラフィックを唐突に意味なく作った一週間後に、周庭が突然「刑期短縮」になり明日釈放されることになった。中国共産党幹部はこのサイトを見ているのではないか。次は、周庭を私の元に送ってください。...
MEMO · 10日 6月 2021
2021年6月10日「元ファイザー副社長警告「コロナは詐欺、特許切れ薬で十分でワクチンは必要ない」
元ファイザー副社長:一般的にワクチンには賛成ですが、COVID-19ワクチンは安全ではありません。簡単に説明すると、これまでのワクチンと異なる遺伝子基盤の設計で身体が直接ウイルスやスパイクタンパク質を製造することになります。 ワクチン接種後に発生する有害事象の約75%は、血栓や出血などの血栓塞栓症に関連してますが、それはスパイクタンパク質の特性の深刻な有害事象に完全に一致しています。 そして、若い人たちはそもそもCOVID-19の影響を受けにくく、もしウイルスに感染しても通常は症状が出ず、簡単に切り抜けてしまいます。つまり、リスクはないのです。それなのに、ウイルスそのものよりも50倍も死に至る可能性が高いものをワクチンとして投与するのは、おかしな話です。
MEMO · 09日 6月 2021
2021年6月9日「デルタ株の脅威、カマラ・ハリスが国境危機を失笑、COVID-19の実父は?」
2021年6月9日「デルタ株の驚異、カマラ・ハリスが国境危機を失笑、COVID-19の実父は?」
COVID-19 · 08日 6月 2021
B1617 Covid-19株が蔓延しやすい4つの理由
B1617 Covid-19亜種(インド株)は、50カ国以上に侵入し、他の株を凌駕し、感染を続けています。また、ウイルスが変異するのはこれが最後ではないだろうと専門家は警告しています。 しかし、インドで最初に発見されたこの株が、これほどまでに感染拡大に優れている理由は何なのでしょうか? ウイルスの専門家であり、科学技術庁バイオインフォマティクス研究所のエグゼクティブディレクターであるセバスチャン・マウラー=ストロー博士は、B1617株の4つの特徴を指摘する。

さらに表示する