【世界のシリアルキラー】エド・ゲイン「墓地から盗んだ死体で人体工芸に熱中した奇人」
殺人事件 · 08日 10月 2023
エド・テオドア・ゲイン(1906年8月27日-1984年7月26日)はアメリカの殺人犯、遺体泥棒。「プレインフィールドの虐殺者」または「プレインフィールドのグール」で知られている。 殺人の数は女性2人と少ないが、故郷であるウィスコンシン州プレインフィールド周辺で犯した犯罪には、地元の墓地から死体を掘り出し、その骨や皮からトロフィーや記念品を作っていたことがわかり、広く知られるようになった。 ゲインは当初、精神的に問題があり裁判を受ける資格がないと判断され、精神病院に収容されていた。 1984年7月26日、肝臓がんと呼吸不全のため、メンドータ精神衛生研究所で77歳で亡くなった。プレーンフィールド墓地の家族の隣の無名の墓に埋葬されている。
【世界のシリアルキラー】劉彭離「史上初の連続殺人犯は漢の皇族」
殺人事件 · 08日 10月 2023
劉彭離(Liu Pengli)は、紀元前2世紀の漢の皇族の一員で、「済東王」として知られています。彼は中国皇帝の文帝の孫であり、景帝の甥でした。彼の父は景帝の弟、劉武でした。 一部の歴史学者は、劉彭離を史上初の連続殺人犯と評価しています。司馬遷の『大史記』によれば、彼は29歳のとき、傲慢で残忍な性格で、数十人の奴隷や犯罪者とともに略奪に出かけ、単なる娯楽のために人を殺し、財産を奪いました。劉の犯罪は、事実から数年後に書かれた『大史記』のみ記録されています。

アートペディア・レター#3「石田徹也の稀少なオブジェ作品がオークションに出品!」」
19日 2月 2023
皆さん、こんにちは。 本日のニュースレターは、石田徹也に関する最新情報をお届けします。 2023年3月11日に開催されるSBIアートオークションに、早逝の画家・石田徹也の作品が出品されます。石田の作品は、カゴシアン・ギャラリーが取り扱う国際的に評価の高いもので、世界中から注目を集めています。...
アートペディア・レター#1「早逝の人形作家天野可淡を偲ぶ」
13日 2月 2023
皆さん、こんにちは。 本日のニュースレターは、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」に作品が取り上げられたあと、定期的に話題になる人形劇作家の天野可淡さんの記事です。 天野可淡(1953年~1990年11月1日)は、球体の造形に異質な精神を宿した作品で高い評価を得た日本人形作家です。 1989年、人形作品の写真集『Katan...

【ギネス記録】ロバート・ワドロウ「世界で最も背が高い人」
01日 2月 2023
世界一の長身としてギネス記録に名を残した、ロバート・パーシング・ワドロウ氏をご存知ですか?イリノイ州アルトンで生まれ育った彼は、身長2.72m、体重199kgという異常な大きさを誇った、世界で最も背の高い人物として知られています。本記事では、彼の生涯を紹介し、特異な体格の秘密や、死の直前まで成長が止まる兆候がなかった理由などについて詳しく解説します。それでは、どうぞご一読ください!
【世界のシリアルキラー】ルイス・ガラビト「被害者数300人以上 20世紀最悪の連続殺人犯」
30日 1月 2023
ガラビトは、コロンビアで恐ろしい連続殺人犯として知られています。1980年から1999年の間、彼は未成年者を拷問、レイプ、切断、そして殺害し続けました。その被害者数は少なくとも200人と推定されていますが、実際のところは300人を超える可能性があります。20世紀において、これは最大の被害者数をもつ連続殺人事件となりました。本記事では、ルイス・ガラビトに関する詳細な解説を行います。犯行の背景や犯行現場、彼の事件について、また彼が刑務所で描いた地図に記載されている犠牲者の位置などを取り上げ、彼の告白からその影響までを詳しく解説します。

【シリアルキラー一覧】最も殺人を犯したシリアルキラーランキング2023年最新版
29日 1月 2023
20世紀から現在に至るまで、最も広く知られているシリアルキラーについて知りたいなら、この記事をご覧ください。シリアルキラーの概要と、犯人の刑務所のプロファイルについてお話します。また、各犯人の意図や手口をよりよく理解するために、簡単ではありますが、各犯人が使用した手法の概要も紹介します。各シリアルキラーのリンクをクリックしてください。さらに、ある殺人犯が有名になる一方で、同じように凶悪な犯罪者が忘れ去られたままになっている理由を探ります。最も悪名高いシリアルキラーについては、心理学的研究、ポップカルチャーの影響、世論についても掘り下げます。ご興味のある方は、ぜひお読みください。
【AIで徹底解説】サルバドール・ダリの絵画に隠された意味を探る
24日 1月 2023
美術専門家の山田太郎博士と一緒に、サルバドール・ダリの魅力的な人生と作品についての洞察を分かち合いましょう。この記事では、ダリの最も象徴的な絵画に隠された意味を探り、それぞれの絵に描かれたシンボルと物語を説明します。ダリの生涯をかけたシュルレアリスムへの傾倒が彼の作品をどのように形作り、それらがいかに議論や論争を引き起こし続けているかを学びます。この記事で、ダリという画家とその作品をより深く理解してください。

【世界のシリアルキラー】ミハイル・ポプコフ「最も人を殺したロシアの殺人鬼」
17日 1月 2023
ミハイル・ヴィクトロヴィッチ・ポプコフ(1964年3月7日生まれ)はロシアの連続殺人鬼。 1992年から2010年にかけてシベリアのアンガルスク、イルクーツク、ウラジオストクで78人の女性に性的暴行を加えて殺害。その犯罪の残忍さ「狼男」や「アンガルスクの狂人」の愛称で知られている。 ロシアで最も大量に連続殺人を犯したポプコフは、2015年に22件の殺人事件で有罪判決を受け、3年後には59件の追加殺人を自白した。 2018年12月10日、ポプコフは59件の追加殺人のうち56件で有罪判決を受けた。3件の殺人については、警察は証拠を見つけることができなかった。ポプコフは2度目の終身刑を受けた。 死刑を求める声があったが、ロシアでは死刑が認められていないため、これは認められなかった。
【コロナ治療】ゼブ・ゼレンコ「錠剤からワクチンまでCOVID-19の医療問題をすべて暴く」
14日 1月 2023
ウラジミール・ゼブ・ゼレンコは、ウクライナ生まれのユダヤ系アメリカ人医師。2000年にバッファロー大学医学部を卒業し、16年間ニューヨーク州北部の町モンローの医療機関で勤める。現在46歳。 ゼレンコ博士は、パンデミックの初期に抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキン(HCQ)と硫酸亜鉛とアジスロマイシンの組み合わせで、村の患者を治療し始めたアメリカで最初の最前線の医師の1人として知られている。また、ドナルド・トランプ大統領がヒドロキシクロロキンに関心を持つのに決定的な影響を与えた人物として知られている。 ゼレンコ博士によれば、感染時に軽度または中等度の症状のある数百人の患者でこの3剤のカクテル治療を行った結果、患者の100%が入院も人工呼吸器も必要とせず回復したと主張している。 モンローの超正統派ユダヤ人コミュニティ、キリヤス・ジョエル村の成人人口の約75%のかかりつけ医として長年親しまれていたが、アメリカ医学界からキリヤス・ジョエル村のコロナウイルス感染率に関する偽情報を広めたとして非難され、ユダヤ人コミュニティを去ることになった。

さらに表示する