陰謀論 · 13日 10月 2021
【経歴・Wiki】ビル・ゲイツ「社会問題を利用して巨万の富を稼ぐ悪魔主義者」
ビル・ゲイツはアメリカの悪魔主義者。アメリカ国民にマイクロチップを埋め込み、ビッグテックによる超監視体制で人々を支配し、巨万の富を得ようとしている。 COVID-19パンデミックでは、感染症のエキスパートのアンソニー・ファウチと共謀して人工パンデミックで起こして、あからじめ準備しておいたワクチン・ビジネスを展開する。一方で、パンデミックの責任をジョー・バイデンの民主党とともに中国共産党に押し付け、中共の世界的覇権をくじくことに成功する。 中共の覇権をくじく計画はパンデミックが起こるかなり前から綿密に計画されており、中国で米国で制限されていた機能獲得実験を支援しつつ、わざと中国でトラブルを起こす。これをビル・ゲイツの超限戦という。 現在はビル・ゲイツの超限戦計画の1つとして気候変動問題や子どもの性的人身売買を利用し、新たな死のビジネスを計画しているが、リン・ウッドやQアノンなどが彼の野望を告発し、邪魔している。 なお、リン・ウッドはビル・ゲイツに関わるものはすべて触らないように注意している。なぜなら、ビル・ゲイツの真の目的は世界人口の削減だからだという。
新型コロナウイルス · 12日 10月 2021
【経歴・Wiki】キャリー・マジェ(マディ)「ワクチンを利用した人類支配と進化計画を暴露」
キャリー・マジェ博士はアメリカの医者。ジョージア州にある2つの大きな診療所に勤務していた。 20代からワクチンに魅了されて以来、現在にいたるまでワクチンを研究してきたワクチンのエキスパート。 徹底機な研究により、組換えDNAや組換えRNAなどの新しい技術がCOVID-19ワクチンに取り入れられていることを発見し、2020年に6月にいち早く警告を発した。その警告で彼女が明らかにしたことは非常に憂慮すべきことで、SNSなどを通じて拡散され、話題になった。
新型コロナウイルス · 12日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「脳の電磁波には愛の電磁波が有効です」(2021年3月)
愛と愛の周波数はエネルギーに満ち、しかもそれは私たちが知る限りで最高のエネルギーです。 これについては科学的な証拠さえあります。私は私の直観を聖書から手に入れます。でも私は科学を愛しています。科学は聖書が語ることの多くを証明するからです。 愛は高次の周波数です。だから私たちが互いにしっかり結びつき、マスクを外すならば、自分や他人を非人間化することはありません。
新型コロナウイルス · 12日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「医薬品の安全性を回避する「緊急使用許可」の罠」(2021年3月)
米国は「緊急事態準備法」の下にあるのでワクチンは公共の福祉に役立つというわけです。世界中のほとんどの国々で、多少の差はあれ、緊急事態法が施行されています。 緊急事態法が施行されれば、医薬品の安全性をチェックする審査機構を緊急事態の名目で回避することができます。 だから人々はこのワクチンが従来の他のワクチンと同じようなものだと思っています。しかしそうではない! このワクチンが安全で有効だと言える根拠はまったくありません。実験はまだ終わっていないのだから。
新型コロナウイルス · 07日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「接種前に精子や卵子を冷凍保存しろ!」(2021年3月)
次にコードに注目しましょう。このコードは非常に憂慮すべきものです。じっくり調べてみなければならないものがそこに見出されたからです。 まず最初に遺伝子コードの中にHIV-1の18個の要素が確認されました。身体がHIVまたはエイズを引き起こすことはないと言われていますが、本当のところは分かりません。
新型コロナウイルス · 07日 10月 2021
【コロナワクチン告発】キャリー・マディ博士「「今回はよくない」では許されないmNRAワクチン」(2021年3月)
今回のインフルエンザワクチンはよくなかった。効き目もないし、病気になった人もいる。しょうがない、もう二度と間違えないようにしようでは済まないのです。 遺伝子が改変されているかもしれないからです。製薬会社が問題は一時的なものだといっても、本当のところはわかりません。今はライブ実験中であることを忘れてはいけません。
陰謀論 · 04日 10月 2021
【告発します】ファイザーワクチン「コミナティ」の背後にある陰謀
「コミナティ(COMIRNATY)」は、2021年8月23日に米食品医薬極(FDA)が正式承認したファイザー製のワクチンの名称である。 同社の説明によれば「koe-mir'na-tee」と発音されるこの用語は、「Covid-19」「コミュニティ」「免疫」「ワクチン」で使用される技術であるmRNAという単語を混ぜ合わせた言葉だという。
科学 · 03日 10月 2021
【経歴・Wiki】ライアン・コール「コロナは「凝血の疾患」」
ライアン・コール博士は、米国皮膚病理学会認定の皮膚病理専門医(AP & CP)であり、コール・ダイアグノスティックス社のCEO/メディカル・ディレクター。2004年から独立した病理医として活動している。 まず、COVID-19は「凝血の疾患」である念を押しておくことは、大事だという。第一にCOVIDは凝血の疾患です。第二に凝血の疾患。第三に凝血の疾患。 治療に取り組むにつれて、そして、ワクチンの反応によるものを含む一部の細胞組織の生検を拝見すると、凝血を目にするという。
新型コロナウイルス · 03日 10月 2021
シャリ・マークソン「新型コロナの真実を探求するオーストラリアの記者」
シャリ・マークソン(1984年3月8日生まれ)は、オーストラリアのジャーナリスト、作家。オーストラリアの日刊新聞「オーストラリアン」の調査編集者、また、日曜日の夕方に放送されるイギリスの「Sky News」の番組「Sharri」の司会者として知られている。 ウォークリー賞を2回受賞するなど、ジャーナリズムの分野で数々の賞を受賞しており、最近では新型コロナウイルスの起源の真相を追求した著書『武漢で現実に起きたこと』の著者として世界中から注目を集めている。
新型コロナウイルス · 03日 10月 2021
【コロンワクチン告発】マイケル・イードン最新レポート2021年8月「妊婦は絶対にワクチンを打つな」
コロナワクチンが、安全性の特徴を示すような研究は一切行われていません。通常のワクチンとは異なるため、妊娠中に安全であるかどうかを仮定することはできません。妊娠中や妊娠直前の安全性については、まったくわかりません。 私も、これは皆さんもご存知の通り、複雑な新規実験薬のようなものには、絶対に妊娠中の女性には絶対に投与してはいけません。絶対にです。今していることは60年前のサリドマイド事件以来です。60年前のサリドマイド以来、一度もやったことがないのは、規制があったからです。規制に不注意な失敗があっただけだ。

さらに表示する