ギネス · 01日 2月 2023
【ギネス記録】ロバート・ワドロウ「世界で最も背が高い人」
世界一の長身としてギネス記録に名を残した、ロバート・パーシング・ワドロウ氏をご存知ですか?イリノイ州アルトンで生まれ育った彼は、身長2.72m、体重199kgという異常な大きさを誇った、世界で最も背の高い人物として知られています。本記事では、彼の生涯を紹介し、特異な体格の秘密や、死の直前まで成長が止まる兆候がなかった理由などについて詳しく解説します。それでは、どうぞご一読ください!
殺人 · 30日 1月 2023
【世界のシリアルキラー】ルイス・ガラビト「被害者数300人以上 20世紀最悪の連続殺人犯」
ガラビトは、コロンビアで恐ろしい連続殺人犯として知られています。1980年から1999年の間、彼は未成年者を拷問、レイプ、切断、そして殺害し続けました。その被害者数は少なくとも200人と推定されていますが、実際のところは300人を超える可能性があります。20世紀において、これは最大の被害者数をもつ連続殺人事件となりました。本記事では、ルイス・ガラビトに関する詳細な解説を行います。犯行の背景や犯行現場、彼の事件について、また彼が刑務所で描いた地図に記載されている犠牲者の位置などを取り上げ、彼の告白からその影響までを詳しく解説します。
殺人 · 29日 1月 2023
【シリアルキラー一覧】最も殺人を犯したシリアルキラーランキング2023年最新版
20世紀から現在に至るまで、最も広く知られているシリアルキラーについて知りたいなら、この記事をご覧ください。シリアルキラーの概要と、犯人の刑務所のプロファイルについてお話します。また、各犯人の意図や手口をよりよく理解するために、簡単ではありますが、各犯人が使用した手法の概要も紹介します。各シリアルキラーのリンクをクリックしてください。さらに、ある殺人犯が有名になる一方で、同じように凶悪な犯罪者が忘れ去られたままになっている理由を探ります。最も悪名高いシリアルキラーについては、心理学的研究、ポップカルチャーの影響、世論についても掘り下げます。ご興味のある方は、ぜひお読みください。
芸術 · 24日 1月 2023
【AIで徹底解説】サルバドール・ダリの絵画に隠された意味を探る
美術専門家の山田太郎博士と一緒に、サルバドール・ダリの魅力的な人生と作品についての洞察を分かち合いましょう。この記事では、ダリの最も象徴的な絵画に隠された意味を探り、それぞれの絵に描かれたシンボルと物語を説明します。ダリの生涯をかけたシュルレアリスムへの傾倒が彼の作品をどのように形作り、それらがいかに議論や論争を引き起こし続けているかを学びます。この記事で、ダリという画家とその作品をより深く理解してください。
殺人 · 17日 1月 2023
【世界のシリアルキラー】ミハイル・ポプコフ「最も人を殺したロシアの殺人鬼」
ミハイル・ヴィクトロヴィッチ・ポプコフ(1964年3月7日生まれ)はロシアの連続殺人鬼。 1992年から2010年にかけてシベリアのアンガルスク、イルクーツク、ウラジオストクで78人の女性に性的暴行を加えて殺害。その犯罪の残忍さ「狼男」や「アンガルスクの狂人」の愛称で知られている。 ロシアで最も大量に連続殺人を犯したポプコフは、2015年に22件の殺人事件で有罪判決を受け、3年後には59件の追加殺人を自白した。 2018年12月10日、ポプコフは59件の追加殺人のうち56件で有罪判決を受けた。3件の殺人については、警察は証拠を見つけることができなかった。ポプコフは2度目の終身刑を受けた。 死刑を求める声があったが、ロシアでは死刑が認められていないため、これは認められなかった。
科学 · 14日 1月 2023
【コロナ治療】ゼブ・ゼレンコ「錠剤からワクチンまでCOVID-19の医療問題をすべて暴く」
ウラジミール・ゼブ・ゼレンコは、ウクライナ生まれのユダヤ系アメリカ人医師。2000年にバッファロー大学医学部を卒業し、16年間ニューヨーク州北部の町モンローの医療機関で勤める。現在46歳。 ゼレンコ博士は、パンデミックの初期に抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキン(HCQ)と硫酸亜鉛とアジスロマイシンの組み合わせで、村の患者を治療し始めたアメリカで最初の最前線の医師の1人として知られている。また、ドナルド・トランプ大統領がヒドロキシクロロキンに関心を持つのに決定的な影響を与えた人物として知られている。 ゼレンコ博士によれば、感染時に軽度または中等度の症状のある数百人の患者でこの3剤のカクテル治療を行った結果、患者の100%が入院も人工呼吸器も必要とせず回復したと主張している。 モンローの超正統派ユダヤ人コミュニティ、キリヤス・ジョエル村の成人人口の約75%のかかりつけ医として長年親しまれていたが、アメリカ医学界からキリヤス・ジョエル村のコロナウイルス感染率に関する偽情報を広めたとして非難され、ユダヤ人コミュニティを去ることになった。
22日 10月 2022
【世界の殺人鬼】佐川一政「パリ人肉事件犯を起こした殺人犯」
佐川一政(1949年4月26日生まれ)は日本の作家、殺人者、カニバリスト。海外では「Pang」と呼ばれることもある。 1981年、フランスのパリ在住時にオランダ人女性留学生ルネ・ハルデルベルトを殺害し、死姦後にその肉を食べて世界を震撼させた「パリ人肉事件」の犯人で知られている。 2年間公判前勾留されたあと、精神鑑定の結果、心身喪失状態での犯行と判断され不起訴処分となる。 日本へ帰国後は、自身に対する犯罪行為へ対する人々の悪趣味的な関心を逆手に利用して、おもに執筆活動などで生計を立てている。漫画家で芸術家の根本敬と親交が深く、一部のマイナー・ファンから受け入れられている。
17日 10月 2022
ディープステート「ゲイツ、ソロス、シュワブなどのグローバルな闇の政府」
ディープステート(または影の政府)とは、有権者に選ばれた者ではなく、政府と選挙で選ばれていない官僚やキャリアによって運営されている組織。 ディープステートは、政府機関や軍隊の官僚、政府機関の外にいる意思を持った仲間(主流メディア、政党、ロビイスト、コンサルティング会社、大企業など)が連携して、政府の政策の決定、統制、操作に関与している。 ディープステートは一般に、リベラルでグローバリスト、そして反生命的な世界観を持っており、最終的には一つの世界政府のユートピアを確立することを目的としている。
06日 10月 2022
【完全解説】日本の見世物小屋「非日常的なパフォーマンス、天然奇物、工芸を展示する小屋」
「見世物小屋」は、都市の盛り場や寺社の境内において、日常では見られないパフォーマンスや天然奇物、工芸などの「見世物」を期間限定で展示する小屋である。海外では「フリークショー」「サイドショー」と呼ばれている。都市の盛り場に建てられた博物館や常設館とは異なる。 日本において見世物小屋は、江戸時代から明治時代にかけて特に流行し、その後、大正、昭和を経て平成の現代まで、さまざまなかたちを変えて現在も行われている。
06日 10月 2022
【経歴・解説】 閻麗夢(Li-Meng Yan)「中国共産党とWHOの疫病隠蔽の協力を告発」
閻麗夢/閆麗夢(ヤン・リーマン,Li-Meng Yan)は中国のウイルス学者。簡体字では闫丽梦。ローマ字ではLi-Meng Yan。 中国共産党がCOVID-19を公言するよりもかなり前に病気を知り、7月にFoxニュースで中国共産党がWHOを協力しての疫病隠蔽を告発したことで有名になった。 彼女の告発によれば、中国共産党は昨年12月に新しいコロナウイルスの存在を知っていたと述べ、また当時、27人だけでなく40人以上が感染していたと述べている。人から人へ感染する事実はすでに存在していたが、WHOは1月中旬まで中国共産党と協力してそれを隠し、1月20日まで認めなかった。 閆麗夢は、中国の中南大学で学士号と医学博士号を取得し、中国の南方医科大学で博士号を取得。おもな研究論文としては、「アルカリ誘発性傷害マウスモデルにおける角膜新生血管形成に対するプロプラノロールの阻害効果の研究」などがある。 COVID-19パンデミック発生時には、香港大学香港公衆衛生学院に勤務し、ウイルス学と免疫学を専門とする研究を行っていた。

さらに表示する