サブカルチャーペディアは世界のサブカルチャー・アンダーグラウンドに関する百科事典です。なお、本サイトはArtpediaの一部です。

日本と欧米のサブカルチャーの違いとは?


サブカルチャーとは所属している母集団内において母集団とは異なる少数文化の人々の集まりのこと。多くのサブカルチャー集団は、都市部においてメンバー同士で独自の生活様式や行動規範を共有している。特に文化的、政治的、性的問題に関して独自の規範や価値観を持っていることがある。メンバーたちがそのような具体的な特徴を損なわずに活動している間は、社会の一部として認識される。世界において代表的なサブカルチャーはヒッピー、ゴス、ゲイ(特に熊系)、黒人文化、ヒスパニック文化、バイカーズ、オタクなどである。マンガやアニメやコンテンツ全般を指す言葉ではない

欧米・西洋サブカルチャーの歴史


20世紀は多くのサブカルチャーが発生し、また消えていった。20世紀初頭、サブカルチャーの大半は同じ思想やライフスタイルを持つ趣味がよく似た個々の非公式な集団だった。

カウンターカルチャーとは


カウンター・カルチャーは、広義的には主流社会の価値観や規範とは異なる行動様式をとるサブカルチャーの1つ。狭義的には主流文化の慣習と正反対の行動や価値観をとる「対抗文化」である。カウンター・カルチャーには「主流文化とは異なる」以外に統一した価値観はなく、その時代、その土地における気風や特定の集団の願望をはっきりと表現しているのが特徴である。