· 

【コロナ治療】ゼブ・ゼレンコ「錠剤からワクチンまでCOVID-19の医療問題をすべて暴く」

ウラジミール・ゼブ・ゼレンコ / Vladimir Zev Zelenko

錠剤からワクチンまでCOVID-19の医療問題をすべて暴く


目次


概要


生年月日 1973年11月27日
死没月日 2022年6月30日
国籍 アメリカ(ウクライナ、キエフ生まれ)
学歴 ニューヨーク州立大学バッファロー校(MD)
職業 臨床医師
公式サイト

https://www.vladimirzelenkomd.com/

GETTR - DrZevZelenko

Gab - ZZ611

Telegram-https://t.me/zelenkoprotocol

 

ウラジミール・ゼブ・ゼレンコは、ウクライナ・キーウ生まれのユダヤ系アメリカ人医師

 

2020年3月、ゼレンコ博士は、パンデミックの初期に抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキン(HCQ)と硫酸亜鉛とアジスロマイシンの組み合わせで、村の患者を治療し始めたアメリカで最初の最前線の医師の1人として知られている。

 

これらの治療方法は今では有名な「ゼレンコ・プロトコル」と言われている。 

 

また、ドナルド・トランプ大統領がヒドロキシクロロキンに関心を持つのに決定的な影響を与えた人物として知られている。

 

ゼレンコ博士によれば、感染時に軽度または中等度の症状のある数百人の患者でこの3剤のカクテル治療を行った結果、患者の100%が入院も人工呼吸器も必要とせず回復したという。

  

モンローの超正統派ユダヤ人コミュニティ、キリヤス・ジョエル村の成人人口の約75%のかかりつけ医として長年親しまれていたが、アメリカ医学界からキリヤス・ジョエル村のコロナウイルス感染率に関する偽情報を広めたとして非難され、ユダヤ人コミュニティを去ることになった。

 

ゼレンコは、その画期的な治療法と患者のための率直な主張が認められ、他の勇気ある医師とともにノーベル賞候補となったが、ほとんどの場合、一般的な正統派に反対する大胆な立場をとったために検閲と非難を受けることになった。 

 

世界中の政治家や医療関係者は、その動機が何であれ、ゼレンコ・プロトコルとそのシンプルで低コストの治療法の有効性を軽視するか、完全に否定しようとした。 HCQやイベルメクチンを他の薬と併用した場合の効果を意図的に隠すために、数多くの研究が行われた。

 

2022年、世界から抹消されたゼレンコ博士が最後に伝えたいことをシンプルにまとめると以下のものである。

 

  1. COVID-19はアメリカ政府とNIHが資金を提供し、作り出した大量殺戮兵器である。
  2. アメリカ政府はグローバリストのエリートに奉仕しており、国民の敵である。
  3.  成功した治療法は意図的に抑圧され、今も抑圧されている。人々に希望を与え、恐怖を軽減するものはすべて妨害された。
  4.  世界的な恐怖は、人々を騙してmRNA注射を受けさせるために利用されている。
  5. mRNA注射は、グローバリストの意図を達成するために作られた。
  6. グローバリストのアジェンダは
  • 人口削減、そのために不妊症の誘引
  • 追跡技術を身体に埋め込み、をグローバルな暗号通貨の使用にリンクさせることによって、人々をコントロールし、奴隷にすること。
  • mRNAを用いた遺伝子編集技術によるトランスヒューマニズムのアジェンダ

 

結論:コロナを恐れるな。mRNA注射を打つな

 2022年6月30日、死去。死因は持病の極めてまれながんの悪化。48歳だった。

重要ポイント

  • 米国で最初にHCQ、亜鉛、アジスロマイシンによるカクテル治療を発見した(ノーベル賞ノミネート)
  • FDA、CDC、ファウチ、ビッグファーマなどの医療業界の闇を暴いた
  • コロナ問題はグローバリストのトランスヒューマニズム計画の一つである

略歴


幼少期と学歴


ウラジーミル・ゼレンコは1973年11月27日にキエフ(当時はソビエトウクライナの一部)でユダヤ人として生まれた。彼の家族は、1977年、3歳のときにニューヨーク市ブルックリンのシープスヘッドベイ地区に移った。

 

父親のアレックスはタクシーの運転手、母親のラリサ(ポートノイ)・ゼレンコは毛皮工場で働き、その後、コンピューター・プログラミングを学んだ後、モルガン・スタンレーに就職した。

 

ゼレンコ博士は回顧録「Metamorphosis」(2018年)の中で、無宗教で育ち、無神論者を公言してホフストラ大学に入学したと書いている。

 

「私は人と議論し、G-dが存在しないことを証明することを楽しんだ 」「私は哲学を学び、サルトルやニーチェのようなニヒルな思想家に惹かれました」と書いている。

 

しかし、イスラエルを旅行した後、彼は考えを改めるようになった。正統派ユダヤ教、特にチャバド・ルバビッチ運動に傾倒していった。

 

1995年にホフストラ大学で化学の学士号を取得し、優等で卒業。

 

2000年5月にMDの学位を取得してバッファロー大学医学部を卒業し、研修医としてブルックリンに戻った後、2004年にキリヤス・ジョエルの隣町であるモンローに引っ越した。

 

2004年5月にニューヨーク州オーシャンサイドのサウスナッソーコミュニティ病院で家庭医学のレジデントを修了。以後、ニューヨーク州北部の町モンロー郡の医療機関Ezras Choilimに3年間勤務し、地元の救急車サービスHatzolahのアドバイザーも務めた。

 

2007年に開業し、モンローと同じく北部でユダヤ教正統派の人々が多く住むモンシーにオフィスを構えた。

 

2018年、医師は胸に珍しい形のがんを見つけ、治療を希望して右肺を摘出した。

COVID−19治療の真実


ゼレンコ・プロトコルでウイルスの治療に成功


COVID-19が発生すると、批判的思考と科学的手法の両方を巧みに組み合わせ、神と患者への愛からその適用を形作る医師として、ゼレンコは政治家や公衆衛生当局が規定の治療経路に落ち着くのを黙って待つことに満足はしていなかった。 人々が死んでいくのだ。 彼は、すぐに治療法の模索を始めた。

 

2020年3月、ゼレンコは自発性と幸運、そして神の介入に助けられ、最初の350人のコロナウイルス患者で、ゼレンコはヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン、亜鉛を用いて100%の成功をおさめた。

 

2020年3月27日、ゼレンコは、699人の患者を治療したが、死亡や挿管はなかったと話している。一方、米国の全国平均では、コロナウイルス患者の1.5%が死亡した。 2020年3月27日時点で、ゼレンコ医師の4人の患者が肺炎で入院したが、いずれも人工呼吸器を必要としなかった。

 

ゼレンコ博士の治療により、患者の呼吸困難問題が、早くて4時間、平均で12時間で解決している。プロトコルの鍵は、ウイルスが暴走して本格的な呼吸器疾患になる前に、細胞レベルの内部で治療するために非常に早い段階で介入することだった。

 

ゼレンコ博士は、アメリカにおけるパンデミックの震源地であるニューヨーク市郊外のユダヤコミュニティ地区でかかりつけ医を務めていた。

 

博士は、1平方マイルに32,000人が住んでいるという人口密度の高さから、この地域にウイルスが大流行することはわかっていたという。

 

そこでゼレンコ博士は、このウイルスが先行して発生した他の国で行われていたことや、2003年に発生したSARS1の治療法を研究して、3種類の薬剤を組み合わせた独自のプロトコルを作った。それが「ヒドロキシクロロキン」「アジスロマイシン」「亜鉛」の組み合わせだった。「ゼレンコ・プロトコル」として知られるようになった治療法を発見したのである。

 

数週間、ゼレンコ博士はウイルスの症状がある1450人の患者を診て、患者をハイリスクとローリスクの2つのグループに分類した。低リスクの患者(60歳以下で健康な人)は、統計的に見て治療なしでも回復するので、自宅療養でウイルスを克服してもらったという。

 

一方、病状が最も深刻なハイリスク患者(60歳以上、または基礎疾患のある患者)405人に薬剤を投与した。当時、ハイリスク患者の死亡率は5%と言われていたので、もし人工呼吸器に頼っていたら、20人の患者が亡くなると予想されていた。

 

しかし、この3つの薬を使った場合、亡くなった患者は2人だけで、そのうちの1人は高齢で慢性疾患を患っていた。これは、予想されていた結果よりもかなり桁違いに良かったという。

 

ゼレンコが亡くなるまでに、最終的にはプロトコルを使って約7,500人の患者の治療を監督し、患者の死亡は3例だけだった。 ゼレンコ・プロトコルの使用は世界中に広まった。

 

ゼレンコ博士は、自身の治療プログラムの根拠をこう説明している。

 

「亜鉛はウイルスを死滅させる能力がある。亜鉛は体内に自然に存在するものの、ウイルスに感染した細胞に対して浸透するのは難しい。

 

しかし、ヒドロキシクロロキンを投与することで細胞内に扉を開くことができ、亜鉛が細胞内に入ることができ、ウイルスの複製を止めることができる。

 

このカクテルに亜鉛を追加投与することで、治療効果を約25%向上することがわかった。一方、アジスロマイシンは、パーティーを台無しにして肺炎を引き起こすかもしれない二次的な細菌感染に対処するために利用する」。

 

自身の治療法の効果を実感したゼレンコ博士はこう述べている。

 

「自分の持っている力を実感しました。私は、とても重要な情報を偶然見つけた前線の兵士のように感じました。つまり、戦争に勝つためには、その情報を5つ星の将軍に伝える必要があるということです」。

 

数週間のうちに、ゼレンコ博士は自分の発見した治療法を報告し、米国のコロナウイルス対策本部だけでなく、ロシア、南アフリカ、ペルーなど世界の10数カ国の政府と連絡をかわした。

 

Healthgrades.com、Googleレビュー、Vitals.comのいずれも、ゼレンコ博士について全体的に好意的な評価をしていた。

 

過去2年間、彼のプロトコルの有効性を裏付ける多くの研究がなされてきたにもかかわらず、この治療法へのアクセスは、人口のかなりの部分が拒否され、多くの医師によって単に無視されたままになっている。

 

それでもゼレンコは、政府の規制を回避して患者を治療する別の方法を探した。

 

亜鉛が細胞内で増殖中のウイルスを攻撃するのを助けるという点で、HCQと同じ働きをする天然のサプリメント「ケルセチン」を発見したのである。

 

しかし、ゼレンコがよく言っていたように、「あったらいいなと思うような軍隊と一緒に戦争はしない。と言っていた。

 

ゼレンコはケルセチンの発見を、HCQの50口径に対して22口径に例えて、最終的に彼のZ-Stackサプリメントの開発につながった。

ぜレンコ博士公式の治療プロトコル「Z-STACK」は公式サイトで購入できる。亜鉛、ケセルチン、ビタミンC、ビタミンDを配合。
ぜレンコ博士公式の治療プロトコル「Z-STACK」は公式サイトで購入できる。亜鉛、ケセルチン、ビタミンC、ビタミンDを配合。

レムデビシル派やワクチン派から攻撃


ゼレンコは、ヒドロキシクロロキンを宣伝した最初の医師ではない。しかし、ドナルド・J・トランプ大統領が記者会見で初めてこの薬に言及した2日後の2020年3月21日、ゼレンコ博士はYouTubeとFacebookに、ドナルド・トランプに宛てたビデオを投稿した。

 

このビデオでは、数百人のコロナウイルスの症状を持つ患者に対して実験的治療のテストに成功したと主張するものだった。この治療法の成功率100パーセントを主張したことから、全米の注目を集めるようになりました。彼は、トランプ氏にこの薬を採用するよう懇願した。

 

その1日後、トランプ氏の首席補佐官であるマーク・メドウズ氏がゼレンコ博士に連絡を取り、詳しい話を聞いた。トークショーのブッカーも同様だ。次の週、ゼレンコ博士はスティーブ・バノンやルドルフ・W・ジュリアーニが主催するポッドキャスト「WarRoom」に出演し、保守系メディアで紹介された。Foxニュースのショーン・ハニティは、マイク・ペンス副大統領とのインタビューの中で、彼の研究を紹介した。

 

また、2日後の3月23日にはCOVID-19治療計画を含む公開書簡を公開した。そこで彼は何百人ものCOVID-19患者を彼のプロトコルの5日間のコースで治療することに成功したと主張した。

 

3月28日、食品医薬品局は、ヒドロキシクロロキンともう一つの抗マラリア薬であるクロロキンをコビド治療に処方することを医師に緊急承認した。トランプ氏は、この治療法を "非常に効果的 "で、"医学史上最大のゲームチェンジャー "になるかもしれないと評価した。

 

しかし、医療関係者が指摘するように、ゼレンコ博士が持っているのは、博士自身の逸話的証拠だけであった。

 

そこで、ヒドロキシクロロキンの使用を非難し、恐怖を煽る勢力が現れる。高額なレムデシビルとワクチンを使ってパンデミックをビジネス化したいFDAやCDC、そしてビッグファーマたちだった。

 

彼らにとってヒドロキシクロロキンの発見は、何兆ドルもの予算を潰してしまう都合の悪い薬だった。

 

当時アメリカには15万人の死亡者が出ていたが、世界中にはもっともっと多くの死亡者が出てくるだろう。そして、世界はアメリカのFDAの治療法に従う仕組みになっているため、ビッグファーマにとってパンデミックは世界中で膨大な利益を稼ぐチャンスだった。

 

2020年3月、ファクトチェックサイト「スノープス」のサイエンスライターであるアレックス・カスプブラークは、ゼレンコが研究プロセスを説明せず、データも公開していないため、彼の主張は検証不可能であると批判した。

ヒドロキシクロロキンに効果があると問題な理由


当時、ヒドロキシクロロキンはFDAが定める通常のプロセスに合格する必要はなかった。「緊急使用許可」として利用できる条件にあてはまっていた。

 

事実、FDAは2020年3月、重症患者へのヒドロキシクロロキンの緊急使用を許可していた

 

FDAの規約には、治療法の緊急使用許可を得るための基準として、1つはその薬はどのような効果があるのか、もう1つは緊急使用許可を得るためには、他に使用できる薬がないことだった。

 

ヒドロキシクロロキンにいくらか効果があれば、ファウチ博士によれば、FDAの基準を満たしているものだった「適切で承認された使用可能な代替手段がないこと」緊急使用許可で使える治療法の条件だった。

 

また、FDAの許可を得るためには、ランダム化比較試験が必要だという非難もあるが、それは事実ではない。そのような前例は過去に一度もなく、今までその基準を満たした治療法はほぼないという。

 

つまり、ヒドロキシクロロキンが効果の高い使用可能な薬になると、レムデシビルやワクチンは、FDA自身の内部の基準沿えば緊急使用許可を得られなくなってしまうのだった。

 

2020年6月15日、米食品医薬品局(FDA)は、「ヒドロキシクロロキン」について、新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」治療での緊急使用許可を撤回した。新型ウイルスに有効だと考えるのはもはや合理的ではないと、複数の臨床試験の結果から判断したという。

 

ヒドロキシクロロキンには致命的な新型ウイルス感染症の治療への効果はなく、新型ウイルスにさらされた人の感染を防げなかったことが、複数の臨床試験で示されたと明らかにした。

 

ヒドロキシクロロキンを服用した患者の死亡リスクが増大し、心拍異常が見つかったとする研究結果を、英医学誌ランセットが5月22日に掲載すると、WHOは各国で進められていた同薬の臨床試験を、安全性への懸念から一時的に中断した。

 

しかしその後、データに重大な欠点があるとして、執筆者らがこの研究結果を取り下げ、WHOは臨床試験を再開した。

 

アンドリュー・クオモのような政治家が、患者の治療にHCQを使用することを禁止するための措置を講じたことさえあった。

 

その後数ヶ月の間に、研究者たちはヒドロキシクロロキンの有効性にさらなる疑念を投げかけた。New England Journal of Medicine誌に掲載された研究では、この治療法の有効性は認められず、他の研究では、一部の患者で危険な不整脈が発生する危険性があることが強調されている。

 

これらの結果などから、F.D.A.は2020年6月15日に緊急認可を取り消すことになった。

不条理なツイッターアカウントの凍結


ゼレンコ博士は物静かで控えめな人物だったが、嫌がらせの電話や殺害予告まで受けるなど、注目を浴びることになるとは思いもよらなかったようだ。2020年5月、連邦検察官が、博士が自分の研究にFDAの承認を得たと偽っていたのではないかという調査を開始した。

 

同月、ゼレンコ医師はビデオで、診療所を閉鎖し、キリヤス・ジョエルのコミュニティから離れると発表した。彼は、キリアス・ジョエルの指導者たちが自分に対するキャンペーンを扇動していると非難した。

 

2020年12月、ゼレンコは共著者とともに、亜鉛、低用量ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシンによる外来治療のレトロスペクティブなケーススタディに関する論文をInternational Journal of Antimicrobial Agentsに発表した。

 

また、ユダヤ系のメディアが村の潜在的な感染率に関するゼレンコの主張に嘘があると告発し、ゼレンコ博士を攻撃しはじめた。

 

 

ゼレンコ医師は、メドウズ氏、ジュリアーニ氏、数人の国会議員にメールを送り、話を続けた。しかし、彼はキリヤス・ジョエル村の指導者たちと衝突し、彼が何百人ものCOVID患者を治療しているという話は、コミュニティがCOVIDに圧倒されているという印象を与え、反ユダヤ主義をあおる可能性があると指摘された。

 

中でも、ソーシャルメディアプラットフォームがZevを沈黙させる取り組みに積極的に参加し、Twitterは2020年後半にゼレンコをプラットフォームから禁止したことはよく知られている。

 

2020年12月、ツイッター社は「プラットフォームの操作とスパム」を禁止するルールに違反したとして、ゼレンコのアカウントを停止した。この禁止措置は、米国上院議員のロン・ジョンソンや保守系非営利団体の米国医師・外科医協会からも批判された。

コロナワクチン有害性の告発


抗体依存性増強(ADE)の問題


2021年に入ると、ゼレンコ博士はコロナワクチンに関する危険メッセージを発信しはじめた。mRNAワクチンの深刻な副作用と遺伝子コードの改変の両方を指摘し、率直な批判を続けてきた。

 

5月、「One America News Network」にインタビュー出演したゼレンコ博士は、mRNAワクチンの抗体依存性増強(ADE)の問題を指摘した。

 

ゼレンコ博士によれば、これまでmRNAを使った動物実験はされているが、結果は芳しくないという。特に現在のSARS2の系統にあたる最SARS1ウイルスで抗体依存性増強を発症することがわかっているという。

 

動物実験では、ワクチン接種後に良い免疫反応を起こしても、その後免疫系が過剰反応し、ウイルス感染時に多くの動物が死んでしまった。そのため、現在まで人間に対する長期的なmRNAワクチンの臨床実験による研究は行われていないという。

 

特に、インフォームド・コンセントができる年齢に達しておらず、Covid-19による重篤な疾病の危険性がほとんどない子供たちへのワクチン使用については批判的であった。

 

また、CDCによると、若者であれば99.95%の確率でウイルスから回復することができるのに、予防接種をすることに疑問があるという。

ワクチン問題を3つの期間に分類


8月、ゼレンコ博士はワクチン接種率が世界一の国で感染者が急増しているイスラエルのラビ法廷に現れ、ワクチンの危険性についてあらためて説明した。

 

「最もワクチンの接種率の高い2つの国、85%接種率のイスラエル、もう1つは80%インド洋に浮かぶ島国サイガの両国でデルタ変異株が大爆発している」「なぜ最初の2回接種が効かなかったら3回目の接種する必要があるのか」

 

そして、コロナワクチンの危険性を「急性期」「亜急性期」「長期」の3つのレベルに分類して改めて詳細を解説した。

 

●急性期

ゼレンコ博士は、「急性期」を「注射から3か月まで」と定義し、これまでのところ、血栓がワクチンの副作用として記録されていると述べた。

 

ワクチンを注射されると、体がスパイク工場に変わり、「内皮」に移動する何十億ものスパイクを生成する。それは血管内の小さなとげのようなものである。それらに触れながら血管細胞が流れるうちに、傷つけられ、血栓を引き起こすと説明している。

 

続けて、それが心臓で起こるならば、それは心臓発作を引き起こす可能性があり、そしてそれが脳で起こるならば、それは脳卒中を引き起こすかもしれないと説明した。

 

短期的には死因の第1位は血栓によるものであり、そのほとんどは最初の3、4日以内に発生しているという。

 

若年成人は、心筋炎ないしは心臓の炎症を引き起こしており、最も懸念されるものは、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』の記事の、初期段階のデータによると、妊娠の最初の3ヶ月に、ワクチンを接種する女性における自然流産の割合は、10%から80%にのぼっているという。

 

●亜急性期

「亜急性期」では、抗体依存性増強による合併症を定義し、亜急性の問題が現在まさにイスラエルで発生している事だという。ゼレンコ博士はイスラエルが世界最大のワクチンの人体実験の研究所になったという事実を嘆いている。

 

ファイザーのCEOが、世界最大の研究所は、イスラエルだと述べた。リュック・モンタニエ博士は、これは人類によって最大の危険であり、人類史上における最悪の大量殺戮の危険だと述べた。

 

●長期

長期的な影響に関して、ゼレンコ博士はワクチンが卵巣機能を損ない、精子数を減らす原因になり生殖に問題が起こるという明確な証拠があると言っている。ほかに長期の問題として、自己免疫疾患や癌のリスクも高め寿命を縮めるという。

このようにゼレンコは、ウェブベースのポッドキャスト・インタビューや、全国各地での多数のライブ出演を通じて、幅広く自分の意見を伝えてきた。 彼は日常的に、拍手による中断やスタンディングオベーションで迎えられた。

ワクチンが免疫不全(VAIDS)を引き起こし「風邪」で死ぬ


2022年になると、ゼレンコ博士は、ワクチンによって引き起こされた免疫不全で、誰でも「風邪」のような普通の病気で死ぬ可能性があると警告を発するようになる。

 

「もし、免疫不全なら、そう、彼らは「風邪」で死ぬ可能性がある。そして彼らはすぐに死ぬだろう」とゼレンコは、2022月2月17日にBrighteon.comに投稿されたビデオで語った。

 

ゼレンコは、ワクチンがいかに自然免疫系を破壊するかを証明する30もの査読済み論文を紹介し、ワクチンがT細胞の機能を損傷し、ナチュラルキラー細胞の機能を損傷し、がんのブレーキを解除しているという。

 

免疫系の異なる2つの部分において、一方が上方制御され、他方が下方制御されることで、本当に免疫系の調節不全を作り出しており、別の言い方をすれば、以前にはなかったものを手に入れたという。つまり「ワクチン後天性免疫不全症候群(VAIDS)」だ。

 

これはHIVによるエイズではない。HIVはCD4細胞や他の細胞を損傷し、免疫を弱めます。それがエイズ(後天性免疫不全症候群)である。

 

VAIDSで、癌が急増し、自己免疫疾患が急増し、日和見感染症が発生する。血栓、心臓発作、脳卒中、心筋炎、流産、卵巣・精巣機能不全、不妊症、ADEは言うまでもない。これらはすべて「免疫」によって引き起こされたものである。

エイズより悪質なVAIDS


ここ数週間、エイズに似た症状を示す人が大量に発生し、医療現場は困惑している。そのほとんどは、集団予防接種の後に起きている。

 

モデルナのmRNAワクチンは、その強度のために、白血球を破壊し、エイズよりもはるかに悪い新しいタイプの自己免疫不全障害を人々に与える。

 

数年間休眠状態にある可能性のあるエイズとは異なり、ベイズは人の健康な白血球を破壊するまでわずか6か月から1年である。

 

ブースター接種が高いイスラエルは、特に危険である。アメリカの最前線医師たちは、ワクチン注射が「ワクチン中毒者」を生み、その体は注射に依存するようになり、病気を防ぐことができなくなると述べている。

 

最前線の医師たちは、この現象を『免疫侵食』または『後天性免疫不全』と呼んでおり、心筋炎やその他のワクチン接種後の病気の発生率が上昇し、ワクチン接種者がより急速に死亡するか、またはゆっくりと影響を受け、慢性疾患になるか懸念しているという。

結論:COVID-19はグローバリストの生物兵器


2022年、ゼレンコ博士はSNSでCOVID-19問題についてまとめるため、以下のように結論を出した。

 

  1. COVID-19はアメリカ政府とNIHが資金を提供し、作り出した大量殺戮兵器である。
  2. アメリカ政府はグローバリストのエリートに奉仕しており、国民の敵である。
  3. 成功した治療法は意図的に抑圧され、今も抑圧されている。人々に希望を与え、恐怖を軽減するものはすべて妨害された。
  4. 世界的な恐怖は、人々を騙してmRNA注射を受けさせるために利用されている。
  5. mRNA注射は、グローバリストの意図を達成するために作られた。
  6. グローバリストのアジェンダは
  • 人口削減、そのために不妊症の誘引
  • 追跡技術を身体に埋め込み、をグローバルな暗号通貨の使用にリンクさせることによって、人々をコントロールし、奴隷にすること。
  • mRNAを用いた遺伝子編集技術によるトランスヒューマニズムのアジェンダ

トランスヒューマニズム計画


ゼレンコによれば、2つの特許を目にしたことが、この騒動が、実はグローバリストたちによる「人類支配計画」の一環であることだと気づかせたという。

 

1つは、ワクチンに含まれている「デジタルID」である。心拍数や呼吸のペース、体温といった、生体認証データを測定する、ハイテクの能力である。いかにして70億人の人々に、デジタルIDの注射を打たせるかということ。

 

もう1つは「暗号通貨」。経済崩壊が生じる際、残される唯一のシステムが、世界の少数の権力者らが制御する、世界的な暗号通貨システムであり、暗号通貨システムに参加するには、注射によるデジタルIDになる必要があるという。

 

そして、グローバリストはデジタルIDを埋め込んでコントロールできる「トランスヒューマン」を生みだそうというのが最終的な目標だという。

ウラジミール・ゼレンコ博士「神を選択するか?少数独裁者にひれ伏すか?」

しかし、ゼレンコは強く主張する。

 

善が勝利します。神が勝利します。私にとって、あたかも大洪水の世代を体験しているようです。海面が上昇しており、神は、私たちが方舟にのって救われる機会を授けています。さもなければ、荒れ狂う海の上で溺死します。誰もが健全化を経験するでしょう。最終的な選抜は、私たちが、誰の前にひれ伏そうとしているのかによります。

四六時中、私たちを絶えず創造され、私たちを愛し、力や決断、意識、自由意志を私たちに授ける、創造主の前にひれ伏すか? それとも、ソシオパスの少数独裁の支配者らや、腐敗した政府に対してひれ伏すのか? 一人一人に与えられる選択です」

ゼレンコの死


ゼレンコは、2018年初頭に診断され、100%末期の予後を告げられた珍しい形のがんについて、繰り返し「神からの贈り物だった」と言及していた。 

 

「私の癌は、Covid-19パンデミックに備えてくれたものです」「私は死を直視し、神と出会う準備を整えました。 私はこの地上で何も恐れない」。

 

ゼレンコは、神は自分に特別な使命を与え、その使命を果たすために多くの人々の祈りが自分を生かしたのだと、深い信仰心を持った彼は最後まで信じていた。

 

ゼレンコは最近、彼の批判的な仕事を継続するために、新たに「Z Freedom Foundation」の設立を発表したが、ゼレンコ死亡の翌日、Twitterアカウントは閉鎖された。

また、2022年晩夏から初秋にかけて、「Zelenko」とだけ題した回顧録を発売することも発表した。

 

なお、ゼレンコの家族は以下のとおりである。

 

妻のリナート、二人の子供シラとリバ、そして前の結婚での6人の子供レヴィ・イッツチョク、エステル・トヴァ、エタ・デボラ、ノクム・ドヴィド、シュムエル・ノソン・ヤコブ、メンアケム・メンデルがいる。

 

 

また、両親のアレックス(アーロン)とラリサ(レア)、弟のエフライム(w. チャニー)。

ゼレンコプロトコル


感染時の治療プロトコル


https://vladimirzelenkomd.com/zelenko-treatment-protocol/より

 

●基本原則

臨床的に感染が疑われる患者に対してできるだけ早く、できれば症状が出てから5日以内に治療すること。 PCR検査の結果が出るまで治療を保留してはならない。 理由はウイルスが肺に到達するまでに治療する必要があるためである。

 

患者のリスク評価 

低リスク患者 - 45歳未満で、併存疾患がなく、臨床的に安定している患者

高リスク患者 - 45歳以上、45歳未満で併存疾患がある、または臨床的に不安定な患者

 

●治療方法

低リスク患者

輸液、解熱、休養による支持療法

・亜鉛50mgを1日1回、7日間投与

・ビタミンC 1,000mg 1日1回、7日間     

・ビタミンD3 5000iu 1日1回、7日間

市販のオプション品

・ケルセチン500mgを1日2回、7日間またはエピガロカテキンガレート(EGCG)400mgを1日1回、7日間投与

 

中等度/高リスクの患者

・亜鉛50~100mgを1日1回、7日間投与  

・ビタミンC 1000mg 1日1回、7日間 

・ビタミンD3 10000iu 1日1回、7日間、または50000iu 1日1回、1~2日間

・アジスロマイシン500mgを1日1回、5日間またはドキシサイクリン100mg 1日2回、7日間

・ヒドロキシクロロキン(HCQ)200mg 1日2回、5~7日間 またはイベルメクチン 0.4~0.5mg/kg/日 5~7日間

 

※ヒドロキシクロロキンとイベルメクチンのどちらか、または両方を使用することができます。一方のみ使用した場合に明らかに回復がまだ見られない場合などは、治療開始後2日程度でもう片方を追加することができます。

 

その他の治療法 

・デキサメタゾン6~12mgを1日1回、7日間投与、またはプレドニゾン20mg1日2回 7日間、必要に応じて漸減 

・ブデソニド1mg/2cc溶液をネブライザーで1日2回、7日間投与 

・血液希釈剤(例:ロベノックス、エリキス、ザレルト、プラダクサ、アスピリン

・コルヒチン0.6mgを1日2~3回、5~7日間投与

・モノクローナル抗体 

・自宅での輸液と酸素

ゼレンコ博士の無料の電子書籍のダウンロード

COVID-19研究

ダウンロード
ebook-covid19.pdf
PDFファイル 11.0 MB

変態

ダウンロード
Dr. Z. Zelenko_Metamorphosis_Inside_AFT
PDFファイル 5.1 MB

エッセンスからエッセンスへ

ダウンロード
7 by 10 format of Essence.pdf
PDFファイル 11.3 MB