· 

【見世物】ミニー・ウールジィ「ゼッケル症候群の鳥女クークー」

ミニー・ウールジィ/ Minnie Woolsey

ゼッケル症候群の鳥女クークー


概要


生年月日 1880年
死没月日 1960年以降
国籍 アメリカ
病名 ゼッケル症候群
職業 エンターテイナー

ミニー・ウールジィ(1880年〜1960年以降)は"鳥女クークー"というあだ名で知られるアメリカの見世物芸人。ゼッケル症候群。1932年のトッド・ブラウニングの映画『フリークス』にも出演している。

 

ウールジィは1880年にジョージア州のラブン郡で生まれた。彼女の幼少期にについてはほとんど知られておらず、ゆいいつ残っているのは精神病院を出たあと"ミニー・ハ・ハ"(インディアン「ミネハハ」を由来としている)というステージ名で、アメリカのサイドショー興行に出演していたという経歴のみである。

 

彼女はセッケル症候群と呼ばれる珍しい先天性成長骨格疾患で苦しんでいた。彼女はこの病気のために低身長で、小さな頭、くちばしのような鼻と逆蒙古眼のため鳥のように狭くなった顔、後退したあご、大きな耳、軽度の知的障害を患っていた。

 

さらにウールジィは頭髪がなく、歯もなく、全盲もしくは少し視力が残っているだけだったという。サイドショーで彼女は、いつもインディアンの衣装を着て登場し、ステージ上でばかげた話をしていた。

 

1932年に映画『フリークス』では、"鳥女クークー"という名前で出演しているが、彼女はオリジナルの"鳥女"ではない。彼女以前にエリザベス・グリーンという女性が「コウノトリ」や「鳥」などの名前で鳥女のパフォーマンスをしていて、彼女もまた映画『フリークス』に出演している。

 

しかし、映画『フリークス』では、ウールジィが羽毛の衣装を着て鳥女役をつとめて、テーブルの上で踊る場面が多く見られ、エリザベスはあまり映されていない。なお。この映画に出演したあとウールジィは、"鳥女クークー"という売り文句でサイドショーで本格的に活動をはじめた。

 

ウールジィは1960年代に自動車事故に遭っている。いつどこで彼女がなくなったか詳細はわからないが、1960年にはコニー・アイランドのサイドショーに出演していたことが確認されている。当時の彼女は80歳ぐらいである。

映画フリークスで「鳥女クークー」役で登場するウールジィ。
映画フリークスで「鳥女クークー」役で登場するウールジィ。
元祖「鳥女クークー」は同映画に出演しているエリザベス・グリーンであるという。
元祖「鳥女クークー」は同映画に出演しているエリザベス・グリーンであるという。

あわせて読みたい

ドール・ファミリー(小人症)

デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン(結合双生児)

シュリッツ(小頭症)

ジップ&ピップ(小頭症)

クー・クー(ゼッケル症候群)

ジョセフィーヌ・ジョセフ(半陰陽者)

フランス・オコナー(腕のない少女)

ランディアン王子(四股欠損)

ジョニー・エック(下半身欠損)

アンジェロ(小人症)

オルガ・ロデリック(ヒゲ女)

ピーター・ロビンソン(骨人間)

エリザベス・グリーン(鳥女)