· 

【オルタナ・テック】「キャンセルフリー」のソーシャルメディアプラットフォームGETTR

トランプ元顧問のジェイソン・ミラーが「キャンセルフリー」のソーシャルメディアプラットフォームGETTRを設立

ビッグテックからの「独立」を宣言するために7月4日に正式に発足


あらゆる政治家信条の人のプラットフォーム


ドナルド・トランプ元大統領の盟友たちが後押しする新しいソーシャルメディア・プラットフォーム「GETTR」が登場した。1月6日の国会議事堂での暴動後、ツイッターやフェイスブックなどの主流プラットフォームが、前大統領の活動を停止または禁止する措置をとったのがGETTR始動のきっかけだという。 

 

このプラットフォームは、アップルとグーグルのアプリストアからダウンロードでき、トランプ氏を永久追放したソーシャルメディア・プラットフォームであるツイッターに酷似しており、トランプ氏の元スポークスマンであるジェイソン・ミラー氏が主導している。ミラーはトランプ大統領のスポークスマンとしての役職を離れたあと、技術系スタートアップに移っていた。

 

ジェイソン・ミラー元トランプ大統領上級顧問は、7月4日に新しいソーシャルメディア・プラットフォームを立ち上げ、ビッグテックからの「独立」を宣言するという。

 

ミラーは「みんなで集まって、共同体意識を持とうということです。私たちは、これが最終的には、米国の保守派だけでなく、グローバルなプラットフォームになると考えています」と話した。

 

さらに「我々は、あらゆる政治的立場の人々にこのプラットフォームに参加してもらいたいと考えています」と述べている。

 

他にも、David J. Harris Jr.やNewsmaxなどの保守派の著名人やメディアが、自分のフォロワーにGETTRへの登録を促すメッセージをTwitterに投稿している。

 

GETTRは、7月4日(日)午前10時(米国東部時間)に正式にスタートするが、このプラットフォームはすでにApp Storeで公開されている。

キャンセル・カルチャーからの独立、言論の自由


「7月4日は独立記念日を意味しています」とミラーは言う。「ソーシャルメディアの独占からの独立キャンセル・カルチャーからの独立言論の自由の受け入れなど、日曜日のリリースは非常に意図的なものです。 私たちは、言論の自由を守り、政治的信条のためにプラットフォームを排除しない、新しいソーシャルメディア・プラットフォームが必要だと考えています。「これは、ソーシャルメディアの独占に対する挑戦です」

 

また、ミラーは、このプラットフォームが既存のプラットフォームよりも「優れた技術」を持っていると述べ、保守的な代替案はしばしば「良いものではない」と語っている。

 

GETTRでは、最大777文字までの長いメッセージを投稿することができる。ミラーによると、GETTRでは、ユーザーは「より鮮明な写真」を投稿したり、最大3分間の動画を投稿したり、アプリ内で動画を編集することができるようになるという。

 

ミラー氏はFox Newsに対し、GETTRに登録すると、ユーザーは 「既存のTwitterツイートをこの新しいプラットフォームにインポートする」というオプションがあると述べている。

チップ機能の充実と政治献金の役目も


日曜日の正式サービス開始後、このプラットフォームに追加される機能には、オンラインでの評価や「ティッピング」があり、ユーザーは著名なコンテンツ制作者にお金を渡すことができます

 

ミラーは、このツールによって、それらの著名なインフルエンサーがGETTRを利用する動機付けとなり、「彼らが今やっていること、投稿していることをマネタイズできる」と確信していると述べています。

 

また、ミラーはFox Newsに対し、GETTRにはライブストリーミングのオプションがあるほか、ユーザーが政治家候補に寄付できるオプションもあると述べました。ミラーは、ユーザーの政治献金の上限をどのようにして選挙法の範囲内に収めるかについては検討中であるとしながらも、「オンラインで感謝の気持ちを伝える人に上限はない」と強調した。

 

ミラーはまた、著名なユーザーはこのプラットフォームで認証されると述べている。

トランプ大統領が始めるかどうか


 トランプ元大統領については、ミラー氏はFox Newsに対し、「realDonaldTrumpのアカウントは彼を待っていて、準備ができている 」と述べました。

 

「我々は確かにトランプ大統領がこのプラットフォームに参加してくれることを望んでいるが、彼が何をしているかの判断は彼に任せるよ」とミラーは言い、GETTRは「保守派だけでなく、世界中のあらゆる政治的立場の人々が参加できるコミュニティをここに作っているんだ「と付け加えた。

 

 

なお、ミラー氏はFox Newsに対し、トランプ氏はこのプラットフォームにいかなる形でも資金を提供していないと語っている。

 

トランプが、自身のチームが立ち上げた新しいプラットフォームに参加するかどうかは、まだ明らかになっていない。

 

トランプは5月、支持者とのコミュニケーションのためにブログ記事を共有するサイトを立ち上げたが、このサイトは短命に終わり、立ち上げてから1カ月も経たないうちに閉鎖された。

 

トランプはツイッターを永久に禁止されたが、2024年の選挙前に支持者にリーチするために、フェイスブックへのアクセスを回復できるかもしれない。

 

フェイスブックは先月、トランプが最初にプラットフォームから締め出されてから丸2年が経過した少なくとも2023年1月7日までトランプ氏の活動を停止し、その時点で同氏のアカウントを復活させることによる「公共の安全に対するリスク」が軽減されたかどうかを再評価すると発表した。

 

今回の決定は、フェイスブックの準独立機関である監視委員会が、トランプ氏のアカウントを最初に無期限で停止したことは適切ではないと判断したことを受けたものである。

Gettrの開発元について


2021年6月、ミラーはトランプのチームを去り、テック系スタートアップのCEOになったと報じられた。

 

2021年6月にGettrのベータ版が登場したがその前の月まで「GETOME」というアプリだった。GettrはAppleのApp StoreとGoogle Playのストア6月中旬。2021年7月4日に正式リリース。

 

GettrはChainnovIncという会社によって開発されているが、Getterはもともと新中国連邦が運営する動画共有アプリ「G-TV」のコンテンツ「Getter」だったことから、おそらく郭文貴関連の会社だと思われる。なお、Gettrのリリースにともなって、G-TVからGetterは取り除かれている。

 

以前から郭文貴や反中共の華僑たちは「中国の真相や嘘を英語で話さなければ伝わらない」と話しており、また、郭文貴は今後もソーシャルメディアの力が最も強力になるため、自身らでグローバルなプラットフォームを作成したとも思われる。なお、郭文貴はTwitterから凍結されており、路徳社も何度アカウントを復活させてもすぐに理由なく凍結されている。