· 

【見世物】フランセス・オコナー「両腕のない美女「生きたミロのヴィーナス」」

フランセス・オコナー/ Frances O'Connor

両腕のない美女「生きたミロのヴィーナス」


概要


生年月日 1914年9月8日
死没月日 1918年1月30日
国籍 アメリカ
病名 先天性四股障害
職業 エンターテイナー

フランセス・ベル・オコナー(1914年9月8日-1982年1月30日)はアメリカのエンターテイナー。生まれつき両腕がない先天性四股障害として生まれる。"生きたミロのヴィーナス""アームレス・ワンダー"などの売り文句を付けられ、サーカスのサイドショーを中心にエンターテイナーとして活躍した。

 

オコナーは足を使って飲んだり、食べたり、文字を書いたり、タバコを吸うなどの普通のパフォーマンスを行っていた。趣味では足で編み物や裁縫をするのが好きだったという。

 

オコナーは当初AI Gサーカスでパフォーマンスを行っていたが、その後1920年代なかばから1940年代なかばにかけてリングリング・ブラーザー・サーカスやバーナム&ベイリー・サーカスで活動するようになった。

 

1932年にはトッド・ブラウニングの映画『フリークス』に出演している。彼女はこの映画にバレリーナのような衣装で出演しており、足でフォークを持って食事している姿や日常をどのように過ごすしているかを実演している。

彼女の母は彼女のショーのマネージャーだった。彼女は生涯結婚しておらず、子どももいない。サーカス巡業を引退したあと、1982年にカリフォルニアのロングビーチの自宅で死因ははっきりしないまま亡くなった。67歳だった。


あわせて読みたい

ドール・ファミリー(小人症)

デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン(結合双生児)

シュリッツ(小頭症)

ジップ&ピップ(小頭症)

クー・クー(ゼッケル症候群)

ジョセフィーヌ・ジョセフ(半陰陽者)

フランス・オコナー(腕のない少女)

ランディアン王子(四股欠損)

ジョニー・エック(下半身欠損)

アンジェロ(小人症)

オルガ・ロデリック(ヒゲ女)

ピーター・ロビンソン(骨人間)

エリザベス・グリーン(鳥女)