カテゴリ:ローレンス・セリン



COVID-19 · 22日 5月 2021
姜世勃(Shibo Jiang)「フーリン切断部位の人工挿入に成功」
2021年2月、Shibo Jiang(姜世勃)は米国微生物学会の会員に選出された。 Shibo Jiangは、中国復旦大学(上海)の医療微生物学研究所の所長兼教授であり、人民解放軍(PLA)の第一医科大学と第四医科大学でMSとMDの学位を取得している。 1987年から1990年にかけて、アンソニー・ファウチ博士の国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)が提供するHIVエイズに関する資金を中心に、ニューヨークのロックフェラー大学で博士号取得のための研修を受けた。 その後20年近く、Shibo Jiangは、ニューヨーク血液センターのLindsley F. Kimball Research Instituteに勤務していたか、それに関連している仕事をしていた。
COVID-19 · 22日 5月 2021
米軍陸軍大佐:COVID-19パンデミックは中国の研究所起源の可能性
COVID-19は、高親和性のヒトアンジオテンシン変換酵素-2(ACE2)受容体結合、フーリン(多塩基性)切断部位、特定の「オープンリーディングフレーム」由来のタンパク質など、いくつかの独特な特徴を備えており、これらすべてが単一の生物に集まって、非常に感染力が強く、しばしば致命的なウイルス構造になっている。 COVID-19は、ヒトに感染するコロナウイルス系列の7番目の種類である。2002年から2003年にかけてパンデミックを引き起こしたSARS-CoVコロナウイルスもヒトのACE2受容体に結合するが、これまでに確認されているヒトに感染するコロナウイルス株の中には、COVID-19の直系、親類と呼ぶには十分な類似性を持つ動物は見つかっていない。 COVID-19と、主要メディアで多く引用されている論文で特定されたものを含む他のすべての祖先の候補とを比較したところ、フーリン切断部位を持つものはなかった。フーリン切断部位は、COVID-19の起源を探す際の目印になる可能性がある。
COVID-19 · 20日 5月 2021
【経歴・Wiki】ローレンス・セリン「中国の生物兵器は人民解放軍の完全な指揮統制下で製造された」
COVID-19ウイルスは武漢で放出されたものかもしれないが、現代の軍事兵器と同様、共同で開発・製造されたものである。まだまだ不明な点が多いが、現在わかっていることは以下の通りである。 COVID-19ウイルスの作成は、中国の生物兵器プログラムの責任者とされるWei Chen少将が率いる人民解放軍(PLA)が、軍事医学科学アカデミーの主要メンバーの日常的な監督の下で、完全に指揮・管理していた。 また、プロジェクトを推進するために関わった科学者や関連施設には、中国と米国の大学や研究機関が含まれていた。
COVID-19 · 07日 5月 2021
【新型コロナの真相】ローレンス・セリン博士の声明(2021年5月4日)
私はローレン・セロン博士です。これは、政府関係者、メディア、そして特に科学界のメンバーに向けたメッセージです。彼らは、個人的な政治的・経済的な理由から、COVID-19は自然界から生まれたものではないという誤った物語を推進し続けています。