見世物小屋

見世物小屋 / Freak show

畸形の人たちのエンタテイメントショー


概要


フリークショーとは“自然の畸形(freaks of nature)”と呼ばれる生物学的希少性を呼び物にしたショーのこと。日本語では見世物小屋に相当するものである。ショーで呼びものとなるのは、観客に衝撃を与える標準的な身体を持っている人々。巨人、小人、両性具有者、奇病の患者、全身に入れ墨を入れた者、また全身にピアスを入れた人、そして火を食べたり吹いたり、口に剣を突き刺す奇怪なパフォーマンスを行う人々たちのショーである。

歴史


16世紀半なかばころ、フリークショーはイギリスの大衆娯楽の1つとなった。畸形の人たちが一般大衆の興味や娯楽の対象として扱われはじめ、人びとは彼らをひと目見るためにショーに集まった。

 

初期のフリークショーにおける最も有名人は、イタリアのジェノヴァ生まれのシャム双生児のラザロ&ジョアンネ・バプティスタ・コリドー兄弟である。彼らはチャールズ1世の処刑裁判時に開催されたショーに現れ人気を博した。

 

兄ラザロの方は非常にハンサムで普通の男性だったが、ラザロの身体に寄生して胸にぶらさがっている弟のジョアンネは、口をきくことはできず、目は閉じたまま、口は開きっぱなしの状態だったといわれる。ショーが終わると、ラザロは不要な注目を集めるのを避けるため外套で弟を隠していたという。

ラザロ&ジョアンネ・バプティスタ・コリドー兄弟。チャールズ一世にそっくりだった。
ラザロ&ジョアンネ・バプティスタ・コリドー兄弟。チャールズ一世にそっくりだった。

見世物小屋はおもに居酒屋や遊園地などで開催されて人気を博した。18世紀では、腕がなく、短い足の小人のマティアス・ブヒンガーがマジックショーやミュージカルなどで驚くべき才能を発揮して人気者となった。

マジックショーやカリグラフィなど多様な才能をもちあわせ18世紀の小人マティアス・ブヒンガー。
マジックショーやカリグラフィなど多様な才能をもちあわせ18世紀の小人マティアス・ブヒンガー。

フリークショーの黄金時代


19世紀になると、特にイギリスとアメリカでフリークショーは人気を呼び、最終的には商業的な成功を収める娯楽産業のひとつにまで発展した。

 

1840年から1940年までフリークショーの黄金時代で、この時期に多くの肉的的、精神的に欠陥を持つ人たちや奇妙なパフォーマンスを行う人たちがフリークショーに招集されるようになった。多くはサーカスやダイム美術館(ハイブロウと異なるワーキングクラスを対象にしたロウブロウな美術館)や寄席などで開かれた。

 

週末に余暇を得られるようになったアメリカ中産階級の増加によって娯楽産業が発展するとともにフリークショーも並行して発展した。利益優先が行き過ぎて、ショーではフェイクの畸形も多く見られるようになりはじめた。しかし、このフェイクショーは結果として、その後、アメリカ大衆文化の要素(プロレスなど)として受容されるようになった。学者によれば、フェイクを含むフリークショーはアメリカ文化の発展において重要な要素であるという。

 

未開人や非西欧圏人の展示「人間動物園」の登場


 

畸形の人だけでなく、非西洋圏の異民族・異人種たちの生態的な見世物展示「人間動物園」が、1870年代から行われるようになった。アフリカ系の黒人やネイティブ・アメリカンの展示が代表的なものだった。

 

1906年にはニューヨーク市のブロンクス動物園にコンゴのピグミー族の黒人オタ・ベンガが動物と一緒に展示された。こうした展示は当時各地で開催された博覧会でも行われ、好評を博した。

 

 

1910年の日英博覧会でも、日本文化や伝統工芸の展示と並び、パイワン族、アイヌの展示が行われた。オスロでは1914年、アフリカ系の80人が5カ月間、「コンゴの村」と名付けられた区画に住まわされ、当時のノルウェー人口の3分の2にあたる約140万人が見物に訪れたとされる。

ブロンクス動物園のオタ・ベンガ(1906年)
ブロンクス動物園のオタ・ベンガ(1906年)
1928年にドイツのシュトゥットガルトで行われた人間動物園のポスター
1928年にドイツのシュトゥットガルトで行われた人間動物園のポスター