· 

【解説・まとめ】2019-2020年香港抗議デモの戦術と方法

2019-2020年香港抗議デモの戦術と方法

Tactics and methods surrounding the 2019–20 Hong Kong protests

2019-2020年香港抗議デモ中に抗議者たちが使用した戦術と方法の解説です。

デモ活動


リーダー不在


2014年香港抗議デモと異なり、2019年の民主主義運動はデモ隊たちは意識的に「分散的な方法」で活動を展開している。民間人權陣線(CHRF)は、社会運動を組織した長い歴史があり、6月9日と16日の2つの大規模な抗議デモの主催者だった。黃之鋒をリーダーとする香港眾志(デモシスト)は運動開始時に投獄されられた人物で、サポーターたちに抗議デモに参加するよう呼びかけた。

 

しかしながら、2014年香港抗議デモと異なり、これらのグループはいずれも運動に対してリーダーシップを主張していない。多くの民主化を支持する立法者が抗議デモで見られたが、おもに補助的な役割のみ担っていた。集権性を排除して分散性を持つことで、デモ抗議者の流動性が高まり、当局が交渉や起訴の代表者を探し当てるのが困難になった。

 

7月1日、デモ隊が立法評議会を占拠すると、黃は「立法評議会が国民の声を全く表していないことを示す」ために行動したと述べた。また、立法評議会が民主的に選出された場合、集会や抗議はなかっただろうと述べた。しかし、占拠で明らかになったように、デモ抗議者のなかには分散化が、緻密な計画なしにただ抗議をエスカレートすると考えるものもいた。

 

香港中文大学のフランシス・リー教授は、この新しいタイプの分散化された指導者のいない運動を「オープンソース」抗議モデルと名付けた。デジタル民主主義活動家たちが参加型プロセスを通じて、さまざまな戦術に投票し、平等な方法で自由に多くの意見を出しあうことで、誰もが平等に意見を述べ協力することができるという。

 

Telegramアプリのチャットグループや集団的決定を行う投票機能を備えた掲示板の連登(LIHKG)は、このタイプの活動の円滑な連絡を容易にする役割を果たした。

柔軟で多様な戦術


デモ抗議者たちは、ブルース・リーの哲学「formless [and] shapeless, like water(水のような形のないはっきりしないものに)」を採用し、それを「be water(水になれ)」に短縮して抗議者たちの間の共通モットーとした。

 

6月21日のデモ中にモバイルおよび機敏な方法でさまざまな政府機関を移動することにより、政府に強い圧力をかけた。警察が前身しはじめると、デモ抗議者たちは撤退するが、後日同じ地区に再び現れたり、短期間で他の場所に移動したりする。

 

このメタファーは警察と対峙しているときは「氷のように強くなれ」という意味まで拡大解釈され、抗議者たちが即興的に「フラッシュモブ」抗議を組織化したときは「霧のように集まる」と言われ、警察による一斉撤去が始まる前には退路を確保するため「霧のように散る」という解釈がされた。

 

他の戦略として地理的分散がある。2014年の香港の抗議運動は3箇所に集中していたが、2019年の抗議運動では、香港警察とデモ隊との衝突は、香港島、九龍、新界など20以上の異なる地域に分散して行われた

 

10月からMTR地下鉄の政治的問題の結果、フラッシュモブ戦略がより一般的になった。デモ抗議者の小さなフラッシュモブが自宅近郊の地域で行われた。これは「遍地開花」(至る所での開花)と銘打った戦略ともいわれ少数グループに分かれて市内の各地に分散し、最大限の混乱を引き起こすとともに警察を分散させる狙いがある。

関連記事