· 

【見世物】リック・ジェネスト「「ゾンビボーイ」で知られる全身刺青男」

リック・ジェネスト / Rick Genest

「ゾンビボーイ」で知られる全身刺青男


概要


生年月日 1985年8月7日
死没月日 2018年8月1日
国籍 カナダ
職業 見世物芸人、俳優、ファッションモデル
活動期間 2009年-2018年
関連サイト rickgenest.com

リック・ジェネスト(1985年8月7日-2018年8月1日)はカナダの芸術家、俳優、ファッションモデル。「ゾンビボーイ」というニックネームで知られている。

 

タトゥーは全身の9割に及び、ギネス世界記録では、最も多くの骨のタトゥーを体に入れた人、最も多くの昆虫のタトゥーを体に入れた人という2件の記録保持者に認定されている。

 

2000年代まで、カナダのアンダーグラウンドシーンで活動していたが、2011年、レディ・ガガのミュージックビデオに出演して、世界で知られるようになる。2013年にはキアヌ・リーブス主演の映画『47RONIN(47 Ronin)』にも出演した。

 

2018年8月1日、死去。

 

アンダーグラウンド時代


リック・ジェネストは、カナダ、ケベック州モントリオールのラザルで生まれた。タトゥーを入れる以前、彼は15歳で脳腫瘍を患った。合併症の手術を受ける前の待機中の6ヶ月間で、自身の生や近づいてくる死について、ひたすら熟考したという。

 

手術成功後、初めてのタトゥーを入れて「ゾンビ」を名乗りはじめ、ほぼ廃墟となった建物で暮らしながら、モントリオールのアンダーグラウンド・パンクの世界に入る。全身に骸骨のタトゥーを入れはじめ、カナダ全国のさまざまなフリークショーやサイドショー(見世物小屋のこと)で、「刺青の男」として活動していた。

 

顔面にタトゥーを入れてから間もなく、2006年11月13日にカナダの著作家シャノン・ララットが、オンラインマガジン『BME's ModBlog』上で、ジェネストに関するブログ記事を投稿し、一般公衆に紹介する。

 

続いて2008年、同ブログが彼に初インタビューを行なっている。このころまでに彼の全身タトゥーはほぼ完成していた。なお、このインタビューの際に、ジェネストはあだなは「スカルボーイ」より「ゾンビ」の方が好みであることを明らかにした。

 

次いで、RzyMのチャンネルの紹介でマスコミへ露出する機会が増え、2008年6月にイギリスの大手オルタナティブ雑誌『Bizarre』で特集されることになった。

 

2009年にルー・ダイアモンド・フィリップスが主演のテレビ映画『Carny』で、ジェネストはカーニバルのシーンでタトゥー男として出演している。その後、2010年夏、ケベック州ブロモンの「カーニバル・ブルー・ムーン」のフリークショー「Alive on the Inside」で、ジェネストが働いているところを現代美術家のマーク・クインが発見した。(続く)