· 

【解説・まとめ】2019年抗議デモ「2019年グローバル・プロテスト・ウェーブ」

2019年抗議デモ / Protests of 2019

2019年グローバル・プロテスト・ウェーブ


2019年のグローバルプロテストマップ
2019年のグローバルプロテストマップ

概要


日付 2019年から現在も継続
場所

フランス、香港、イタリア、インド、モンテネグロ、エジプト、アルジェリア

イラク、レバノン、イラン、インドネシア、チリ、ボリビア、ハイチ

カタルーニャ、シリア、ロシア、スーダン、マルタ、ジョージア

原因

・政治的抑圧からの政治的自由への要求

・経済的不平等の解消

・政治腐敗への批判

・気候変動対策

「2019年抗議デモ」は、2019年に世界中で巨大な街頭抗議デモが継続して行われた現象のこと。「2019年グローバル・プロテスト・ウェーブ」とも言う。

 

米ワシントン・ポストのジャクソン・ディールは2019年を「ストリート・プロテストの年」と定義し、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのジュリー・ノーマンは2019年を「動員の級」として歴史的に注目すべき年だと述べた。

 

英ガーディアン紙のミファエル・サフィは、2019年10月下旬の抗議デモを「今日、この1ヶ月で世界中の都市のストリートで起きている抗議デモは、どれも似たようなさまざまな引き金や燃料を宿している」と説明している。

 

仏ル・モンド紙は、2019年プロテストを「世界を揺るがす大衆的抗議の波」と定義付け、フランステレビジョンのエリーザ・ランバートは、2019年抗議デモを「数ヶ月にわたる蜂起の爆発が地球を飲み込んだ」と説明している。

 

パリ・エスト・マルヌ・ラ・ヴァレ大学の歴史学者マチルド・ラレールは、「抗議デモはすべて相いに参照している」と主張し、2019年10月時点において、抗議デモは「暴動ムード」を作り出していると話した。また、ラレールは2019年抗議デモは1820年、1848年、1989年の革命的な波、1968年カウンターカルチャー、2011年のアラブの春のといった歴史的抗議デモの系統にあると解説している。

 

2019年抗議デモは、大きくアラブ世界、香港、フランス、カタルーニャ、ラテンアメリカ地域に分類され、共通した多くの要因を持ち、互いに影響しあい、特殊要因において多くの異なりがある。

 

2019年抗議デモの共有要因として、政治的抑圧からの政治的自由への要求、経済的不平等の解消、政治腐敗への批判、気候変動対策が挙げられている。

2019年抗議デモのおもな要因

  • 経済的不平等
  • 汚職
  • 政治的自由
  • 気候変動

経済的不平等


世界の各地で行動に出る人の数が増えている。現代の抗議デモで重要と思われるおもな要因は3つある。

 

1つは「経済的不平等」だ。経済停滞によって公的サービスが低下すると、とりわけ貧困層が最も打撃を受ける。最近の抗議デモに参加する人たちは、うまく機能しなかった民主国家に抗議している。

 

選挙で選ばれた政治家たちの仕事ぶり、特に経済分野において不満を表明している。国際通貨基金(IMF)は世界経済が同時減速していると見ている。2008年の国際金融危機以来最悪の状態で、2019年の世界経済全体の成長率は3.0%である。

 

経済的不平等が原因で発生する抗議デモの震源地はおもに南アメリカだ。エクアドルでは緊縮財政措置に反発した市民が市街地で抗議した。チリでは地下鉄運賃の4%の小幅な値上げを発端に全国的な情勢不安に陥っている。

政治汚職


2つ目は「汚職」だ。これはおもに中東アジア圏で発生している抗議デモの要因である。抗議デモに参加する人たちは公金を乱用する政治家たちに苛立ちを感じている。イラクでは汚職があまりにひどく数十万人の人が往来を埋め尽くした。

 

近隣レバノンでは政治システム全体の刷新も要求対象となっている。全政党の幹部の退任を求め、盗まれた公的資金の返還を求め、愛する国を再建するため専門家からなる新政府を求めている。

政治的自由


3つ目は「政治的自由」だ。抗議デモに参加する人たちは国の政治システムに閉じ込められていると感じている。

 

この問題で最も世界が注目しているのは香港だ。逃亡犯を中国に引き渡す条例案を機に抗議デモが発生し、2020年の現在も大規模な抗議デモと暴動を継続している。また、逃亡犯の引き渡し条例からその他の政治要求に発展している。

 

特に香港警察の市民に対する暴力行為に対して抗議デモ参加者たちは怒りの声をあげている。香港警察に対して独立調査を要求するほか、警察が個々のデモで参加者にどう対処したかについて、さらには民主主義の拡大要求にまで発展した。

 

スペインではカタルーニャ地方の分離独立派が闘争を続けている。

 

一連の抗議デモが次の発展へどう進むかは未知数だ。

おもな抗議デモ



■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Protests_of_2019、2019年12月30日アクセス

https://www.voanews.com/americas/global-protests-2019-demonstrators-around-world-demand-reform、2019年12月30日アクセス

https://www.bbc.com/japanese/video-50555107、2019年12月30日アクセス