· 

【新型コロナの真相】ニコラス・ウェイド「COVIDの起源:手がかりを探る」4

COVIDの由来:手がかりを探る

武漢でパンドラの箱を開けたのは、人なのか、自然なのか?


●ニコラス・ウェイド

イギリスのサイエンスライター。「Nature」や「Science」、そして長年にわたり「New York Times」のスタッフとして勤める。NYタイムズの彼の記事一覧

4:コドンの疑問


フーリン切断部位には、自然由来であることをさらに狭める別の側面がある。

 

誰もが知っているように(少なくとも高校時代の記憶があるかもしれない)、遺伝暗号は3つのDNAを使ってタンパク質鎖の各アミノ酸単位を指定する。3のグループで読むと、4種類のDNAは4×4×4、つまり64種類のトリプレット(コドン)を生成することができる。

 

アミノ酸は20種類しかないので、コドンの数は十分すぎるほどあり、また複数のコドンで生成できるアミノ酸もある。

 

例えば、アミノ酸のアルギニンは、CGU、CGC、CGA、CGG、AGA、AGGの6つのコドンのいずれかで指定することができる。ここで、A、U、G、Cは、RNAの4種類の単位を表している。

 

ここからが面白いところだ。生物によってコドンの好みは異なります。人間の細胞は、アルギニンをCGT、CGC、CGGというコドンを指定したがる。

 

しかし、CGGはコロナウイルスがアルギニンを指定する際に最も苦手とするコドンである。SARS2のゲノムの中で、フーリン切断部位のアミノ酸がどのようにコードされているかを見るときには、このことを覚えておいてください。

 

SARS2にはフーリン切断部位があり、同種のウイルスにはないという機能的な理由は、SARS2のゲノムに含まれる約3万個のヌクレオチドを、同種のコロナウイルスのものと(コンピューター上で)並べてみることでわかる。

 

RaTG13と比較して、SARS2にはS1/S2接合部に12塩基の挿入部がある。挿入された塩基は、T-CCT-CGG-CGG-GCという配列である。CCTはプロリンを、2つのCGGは2つのアルギニンを、GCはアラニンをコードするGCAコドンの始まりである。

 

この挿入部にはいくつかの不思議な特徴があるが、最も奇妙なのは、2つのCGGコドンが並んでいることである。

 

SARS2のアルギニンコドンのうちCGGはわずか5%であり、CGG-CGGの二重コドンは他のβ-コロナウイルスでは見つかっていない。では、SARS2はどのようにして、コロナウイルスにはなく、ヒト細胞には好まれるアルギニンコドンのペアを獲得したのだろうか?

自然発生説の支持者は、SARS2のフーリン切断部位の特徴をすべて説明するのは困難である。自然発生説の支持者は、ウイルスのゲノム上の組み換えがまれな部位で組み換えが起こり、ウイルスの感染力を大幅に拡大させるゲノム上の唯一の部位に、β-コロナウイルスのレパートリーでは知られていない二重アルギニンコドンを持つ12塩基の配列が挿入されたと仮定しなければならない。

 

「そうです、しかし、あなたの言い方では、ありえないことのように聞こえます。ウイルスは異常な出来事の専門家ですから」と、グラスゴー大学のウイルス学者であるデビッド・L・ロバートソン氏は、実験室流出を陰謀論とみなしている。

 

「組換えはこれらのウイルスではもともと非常に頻繁に行われており、スパイクタンパク質には組換えのブレークポイントがあり、これらのコドンが異常に見えるのは、まさにサンプル数が足りなかったからです」と述べている。

 

ロバートソン博士の言うとおり、進化は、一見ありえないようでいて、実際にはそうではない結果を常に生み出している。ウイルスは膨大な数の変異体を生み出すことができるが、私たちが目にするのは自然淘汰されて生き残った10億分の1の変異体だけである。

 

しかし、この議論は行き過ぎかもしれない。例えば、機能獲得実験の結果はすべて、進化が時間をかけて到達したものとして説明することができる

 

また数当てゲームはほかの方法でもできる。SARS2でフーリン切断部位が自然に生じるためには、一連の出来事が起こらなければならないが、それぞれの出来事は上述の理由からかなりあり得ないものである。いくつかのありえない段階を経た長い連鎖は、完成することはまずないだろう。

 

研究室からの流出というシナリオでは、2つのCGGコドンがあっても不思議ではない。人間が好むコドンは、研究室で日常的に使われている。つまり、ウイルスのゲノムにフーリン切断部位を挿入したい人は、研究室でPRRAを作る配列を合成するだろうし、その際にCGGコドンを使う可能性が高いのだ。

 

高名なウイルス学者で、カリフォルニア工科大学の元学長であるデビッド・ボルティモア氏は、「ウイルスの配列の中で、アルギニンコドンを含むフーリン切断部位を初めて見たとき、私は妻に、これはウイルスの起源を示す決定的な証拠だと言いました」と語っている。「これらの特徴は、SARS2が自然由来であるという考えに強力な異議を唱えるものである」と彼は言う。

第3の原点となるシナリオ


中間宿主を経由せずコウモリから直接ヒトへ感染


自然発生のシナリオには、ほかに検討に値する仮説がある。これは、SARS1やMERSのように中間宿主を経由せず、SARS2がコウモリから人間に直接感染したという仮説だ。

 

代表的な提唱者はウイルス学者のデビッド・ロバートソン氏で、彼はSARS2が人間以外のいくつかの種を攻撃できることを指摘している。彼は、SARS2がコウモリの群れの中にいる間に、ウイルスが汎用的な能力を進化させたと考えている。

 

感染したコウモリは中国の南部と中部に広く分布しているため、ウイルスが人に飛び移る機会は十分にあったが、実際には1回しかなかったようだ。

 

ロバートソン博士の論文は、中間宿主や2019年12月以前に調査されたヒト集団から、これまで誰もSARS2の痕跡を発見できなかった理由を説明している。

 

また、SARS2が人間に初めて出現して以来、変化していないという不可解な事実も説明できる。これは、SARS2がすでに人間の細胞を効率的に攻撃できるようになっていたため、変化する必要がなかったということだ。

 

しかし、この考えの問題点として、もしSARS2がコウモリから人間へと一挙に飛び移って以来、あまり変化していないのであれば、コウモリへの感染力は変わらないはずだ。しかし、そうではないようだ。

 

自然発生に懐疑的な科学者グループは、「テストされたコウモリの種は、SARS-CoV-2への感染力が弱く、したがって、ヒトへの感染の直接の原因にはなりそうにない」と書いている

 

まだ、ロバートソン博士は何かを掴んでいるかもしれない。雲南省の洞窟に生息するコウモリのコロナウイルスは、人に直接感染する可能性がある。2012年4月、Mojiang鉱山でコウモリの排泄物を除去していた6人の鉱夫がCovid-19のような症状を伴う重度の肺炎にかかり、最終的に3人が死亡する事件が起きた。

 

Mojiang鉱山から分離されたRaTG13と呼ばれるウイルスは、いまだにSARS2の最も近い親戚として知られている。RaTG13の起源、報告、コウモリの細胞に対する親和性の低さ、また、石博士が同時期に採取したと報告している8種類の類似したウイルスの性質については多くの謎があるが、SARS2の祖先との関連性が高いにもかかわらず、まだ発表されていない。

 

この話はまた別の機会にしよう。ここでのポイントは、コウモリのウイルスは特殊な条件ではあるが、人に直接感染することができるということだ。

 

では、コウモリのコロナウイルスと特に密接に接触するのは、コウモリの排泄物を処理する鉱山労働者以外に誰がいるのだろうか?それは、コロナウイルスの研究者である。 石博士のグループは、2012年から2015年にかけてMojiang洞窟を8回ほど訪れ、1,300以上のコウモリのサンプルを採取したという。

 

研究者が武漢と雲南を頻繁に往復し、暗い洞窟や鉱山でコウモリの糞をかき集めていたことを想像してみると、2つの場所を結ぶミッシングリンクの可能性が見えてくる。

 

研究者たちは、採集の際に感染したか、あるいは武漢ウイルス学研究所で新種のウイルスの研究をしている間に感染したのかもしれない。研究室から逃げ出したウイルスは、機能獲得のために作られたものではなく、天然のウイルスだったはずだ。

 

直接コウモリから感染するという仮説は、自然発生的なシナリオと実験室流出シナリオの間のキメラである。否定できない可能性である。

 

しかし、1)SARS2もRaTG13もコウモリの細胞に対する親和性は低いようで、どちらもコウモリの体内に入ったことがあるとは断言できないこと、2)SARS2がどのようにしてフーリン切断部位を獲得したのか、あるいはフーリン切断部位がコウモリの好むコドンではなくヒトの好むアルギニンコドンが設定されるかを説明するには、自然発生説と大して変わらない理論であることなどの事実がある。

これまでの歩み


自然発生説も実験室流出説も、まだ否定できない。どちらも直接の証拠はまだない。ですから、決定的な結論は出ていない。

 

とはいえ、入手可能な証拠はどちらか一方の方向に強く傾いている。読者はそれぞれの意見を持つだろう。しかし、実験室流出を支持する人は、自然発生を支持する人よりも、SARS2に関するすべての明らかな事実をかなり簡単に説明できるように思われるのだ。

 

武漢ウイルス研究所の研究者は、コロナウイルスをヒトの細胞やヒト化マウスに感染させるための機能獲得実験を行っていたことが記録されている。

 

これはまさに、SARS2に似たウイルスが出現する可能性のある実験である。研究者たちは、研究対象のウイルスに対するワクチンを接種しておらず、BSL2実験室という最低限の安全条件の中で作業を行っていた。そのため、ウイルスが逃げ出してもまったく不思議ではない。

 

中国全土では、武漢の研究所のすぐ側でパンデミックが発生した。このウイルスは、ヒト化マウスで育てられたウイルスとしては予想通り、すでにヒトによく適応していた。

 

SARS2は、他のSARS関連βコロナウイルスにはないフーリン切断部位という珍しい機能を持ち、この部位にはβコロナウイルスにはない二重アルギニンコドンが含まれていたのである。SARS2が作られたことを示す実験室での記録は今のところ入手できないが、これ以上の証拠はないだろう。

 

自然発生を支持する人たちは、実験流出派よりももっと複雑な説明をしなければならない。彼らの主張は、SARS2とSARS1、MERSの出現との間に予想されるパラレルな関係という、たった一つの推測に基づいている。

 

しかし、このようなパラレル・ヒストリーを裏付けると期待される証拠は、まだ何も出てきていない。SARS2がコウモリに感染していたとしても、その感染源となったコウモリの集団は見つかっていない。

 

中国当局が8万匹の動物を使って徹底的に調査したにもかかわらず、中間宿主は見つからなかった。また、SARS1やMERSウイルスのように、中間宿主から人へとウイルスが複数回独立して飛び移った形跡もない。

 

ウイルスが進化したときの集団におけるエピデミック収集の強さに関する病院の監視記録からの証拠はない。 自然による流行がなぜ武漢だけで発生する理由のかという説明もない。

 

SARS関連の他のβコロナウイルスにはないフーリン切断部位を、どのようにしてウイルスが獲得したのか、また、その部位がなぜヒトに好まれるコドンで構成されているのかについては、十分な説明がなされていない。自然発生説は、様々な矛盾をはらんでいる。

 

武漢ウイルス研究所の記録は、確かに多くの関連情報を含んでいる。しかし、中国当局は、パンデミックの発生に関して政権を有罪にする可能性が高いと判断して、この記録を公開しないようだ。

 

勇気ある中国の内部告発者が現れない限り、私たちはすでに、しばらくの間に得られるであろう関連情報のほぼすべてを手にしているかもしれない。

 

このように、パンデミックの責任を少なくとも暫定的に評価することは価値があることであり、最も重要な目標は再発防止である。

 

SARS2ウイルスの発生源は実験室からの逃亡である可能性が高いと確信していない人でも、機能獲得型の研究を規制する現状には懸念を抱くだろう。責任のレベルは明らかに2つあある。

 

1つ目は、最小限の利益と莫大なリスクを伴う機能追加実験をウイルス学者に許可したこと。もう1つは、もし本当にSARS2が実験室で作られたとしたら、ウイルスを逃がして世界的なパンデミックを引き起こしてしまったことである。その責任を問われる可能性が最も高いと思われる人物は以下の通りである。

1:中国のウイルス学者


何よりもまず、中国のウイルス学者たちが、SARS2のような予想外の感染力を持つウイルスを封じ込めるにはあまりにも緩いBSL2レベルの安全条件で機能獲得実験を行ったことに責任がある。もし、ウイルスが研究室から流出したのであれば、すでに300万人の死者を出した予測可能な事故として、世界から非難されても仕方がない。

 

確かに、石博士はフランスのウイルス学者からトレーニングを受け、アメリカのウイルス学者と密接に協力し、コロナウイルスの封じ込めに関する国際的なルールに従っていた。しかし、彼女は、自分がおかしているリスクについて、自分自身で評価することができたし、そうすべきだった。彼女と彼女の同僚たちは、自分たちの行動の責任を負っている。

 

私は、武漢におけるすべてのウイルス学的活動の略語として、Wuhan Institute of Virologyを使用してきた。SARS2は武漢の他の研究所で作られた可能性がある。おそらく、すべてのコロナウイルスに効くワクチンを作ろうとしたのではないだろうか。

 

しかし、他の中国のウイルス学者の役割が明らかになるまでは石博士はコロナウイルスに関する中国の研究の顔であり、暫定的に彼女と彼女の同僚は非難の対象として真っ先に立ちはだかるだろう。

2:中国当局


中国の中央当局はSARS2を発生させたわけではないが、この悲劇の本質と中国の責任を隠すために最大限の努力をした。武漢ウイルス研究所の記録をすべて隠蔽し、ウイルスのデータベースも閉鎖した。

 

彼らは次々と情報を発表したが、その多くは全くの虚偽であったり、誤解を招くように作られたものであったりした。彼らは、WHOのウイルスの起源に関する調査を操作するために最善を尽くし、委員会のメンバーを無益な方向に誘導した。これまでのところ、彼らは第2のパンデミックを防ぐために必要な措置を講じることよりも、責任逃れをすることに関心があるようだ。

3:世界的なウイルス学者のコミュニティ


世界中のウイルス学者は、ゆるやかなプロフェッショナル・コミュニティである。彼らは同じジャーナルに記事を書き、同じカンファレンスに参加する。同じ学会に参加している。政府に資金を求めたり、安全規制に過重な負担をかけないことにも共通の関心を持っている。

 

ウイルス学者たちは、機能獲得研究の危険性を誰よりもよく知っていた。しかし、新種のウイルスを作ったときの権威力と、それによって得られる研究費は、あまりにも魅力的だった。

 

彼らは機能獲得研究を推し進めた。彼らは2014年にオバマ政権によって機能獲得研究への連邦政府の資金提供に課されたモラトリアムに反対するよう働きかけ、2017年に引き上げられた。

 

将来の流行を防ぐための研究のメリットは、これまでのところゼロであり、リスクは膨大である。SARS1やMERSウイルスの研究がBSL3の安全レベルでしかできないのであれば、それ以下のレベルであるBSL2で新型コロナウイルスの研究を許可するのは確かに非論理的であった。SARS2が研究室から流出したどうかにかかわらず、世界中のウイルス学者は火遊びをしているのだ。

 

彼らの行動は、長い間、他の生物学者を悩ませてきた。2014年、ケンブリッジ・ワーキング・グループを名乗る科学者たちは、新しいウイルスの作成に注意を促した。先見の明のある言葉で、彼らはSARS2のようなウイルスを作るリスクを明記したのだ。

 

彼らは「新たに作られた『パンデミックを起こす可能性のある病原体』による事故のリスクは、新たな重大な懸念を引き起こす」と書いている。

 

「特にインフルエンザに限らず、伝達性の高い新型の危険なウイルスを実験室で作ることは、リスクを大幅に増大させる。このような環境下で偶発的に感染した場合、制御が困難または不可能な大流行を引き起こす可能性がある」と述べている。

 

1975年、分子生物学者が生物間で遺伝子を移動させる技術を発見したとき、彼らはアシロマーで公開会議を開き、起こりうるリスクについて議論した。社内の反対にもかかわらず、彼らは厳しい安全対策のリストを作成し、将来、起こりうる危険性をよりよく評価した上で、それを緩和することができた。

 

遺伝子を編集する技術CRISPRが発明されたとき、生物学者たちは、米国、英国、中国の国立科学アカデミーによる共同報告書を招集し、ヒトゲノムに遺伝性の変化を加えることを自制するよう求めた。また、遺伝子組み換え技術を開発した生物学者たちは、自分たちの研究の危険性を率直に語り、一般の人々を巻き込もうとしてきた。

 

SARS2のパンデミックをきっかけに、ウイルス学者たちは機能獲得型研究の利点を再評価し、さらには一般市民を巻き込んで検討するようになったと思うかもしれない。

 

しかし、そうではない。多くのウイルス学者は実験室流出を陰謀論と揶揄し、他の学者は何も言わない。彼らは中国式の「沈黙の壁」で身を固め、ジャーナリストの好奇心や世間の怒りを和らげるか、少なくとも先延ばしにしている。自分で規制できない職業は、他人に規制されるのが当然であり、これはウイルス学者が自ら選択している未来であるように思われる。

4:武漢ウイルス研究所の資金調達における米国の役割


2014年6月から2019年5月まで、ダザック博士のEcoHealth Allianceは、米国国立衛生研究所の一部である国立アレルギー感染症研究所(NIAID)から助成を受け、武漢ウイルス研究所でコロナウイルスを用いた機能獲得研究を行っていた

 

SARS2がその研究の成果であるかどうかは別にして、リスクの高い研究を、安全性の低い外国の研究所に、最小限の安全対策で委託することには疑問が残ります。

 

そして、もしSARS2のウイルスが本当に武漢の研究所から流出したとしたら、NIHは、50万人以上の自国民を含む全世界で300万人以上の死者を出した悲惨な実験に資金を提供したという、恐ろしい立場に立たされることになる。

 

NIAIDとNIHの責任はさらに重い。というのも、EcoHealth Allianceへの助成金の最初の3年間は、機能獲得型研究への助成がモラトリアムされていたからだ。なぜこの2つの機関は、法律で定められているように、連邦政府からの資金提供を停止しなかったのか。誰かがモラトリアムに抜け道を書いたからだ。

 

このモラトリアムでは、インフルエンザ、MERS、SARSウイルスの病原性を高める機能獲得型の研究への資金提供が特に禁止されている。

 

しかしその後、モラトリアム文書のP.2の脚注には、「米国政府の資金提供機関の長が、公衆衛生や国家安全保障を守るために緊急に必要な研究であると判断した場合には、研究休止の例外を得ることができる」と書かれている。

 

つまり、NIAID所長のアンソニー・ファウチ博士かNIH所長のフランシス・コリンズ博士のどちらか、あるいは両方が、石博士の機能獲得研究に資金を流し続けるために脚注を発動したのではないかと考えられる。

 

残念ながら、NIAID長官とNIH長官は、この抜け穴を利用して、一時停止の対象となるプロジェクトに免除措置を適用し、免除された研究が「公衆衛生や国家安全保障を守るために緊急に必要である」というとんでもない主張をして、一時停止を無効にしてた」と、リチャード・エブライト博士はIndependent Science Newsのインタビューに答えている。

 

2017年にモラトリアムが終了したとき、それは単に消滅したのではなく、「潜在的なパンデミック病原体の管理と監督(P3CO)フレームワーク」という報告システムに取って代わられ、各機関が資金提供を希望する危険な機能獲得作業を審査のために報告することが求められた。

 

エブライト博士によると、コリンズ博士とファウチ博士は、「リスク・ベネフィット・レビューのための提案にフラグを立てて進めることを拒否し、それによってP3COフレームワークを無効にした」という。

 

彼の見解では、二人の政府関係者は、モラトリアムとそれに続く報告システムに対処することで、「ホワイトハウス、議会、科学者、科学政策の専門家が懸念されるGoF(gain-of-function)研究を規制しようとする努力を組織的に妨害した」という。

 

もしかしたら、国家の安全保障上の問題など、公的な記録に現れない事柄を考慮しなければならなかったかもしれない。

 

中国軍のウイルス学者と関係があるとされる武漢ウイルス学研究所に資金を提供することで、中国の生物兵器研究を知ることができたのかもしれない。

 

しかし、他にどのような配慮があったにせよ、結局のところ、米国国立衛生研究所は、BSL2バイオセーフティー条件で研究を行っていた監督されていない外国の研究室で、SARS2ウイルスを発生させる可能性のある機能獲得研究を支援していたことになる。

 

SARS2と300万人の死がその結果であるかどうかにかかわらず、この決定の賢明さは疑問視される。