· 

【新型コロナの真相】ニコラス・ウェイド「COVIDの起源:手がかりを探る」5

COVIDの由来:手がかりを探る

武漢でパンドラの箱を開けたのは、人なのか、自然なのか?


●ニコラス・ウェイド

イギリスのサイエンスライター。「Nature」や「Science」、そして長年にわたり「New York Times」のスタッフとして勤める。NYタイムズの彼の記事一覧

結論


研究所流出説がタブーなのは中国だけの問題ではないから

SARS2が実験室で発生したという事実がそれほど重要であるならば、なぜこのことがもっと広く知られていないのだろうか?今さらながらだが、この件について話したくない人がたくさんいるのだろう。

 

もちろん、その筆頭は中国当局である。しかし、アメリカやヨーロッパのウイルス学者たちは、自分たちのコミュニティが何年もかけて行ってきた機能獲得実験に大して、世間の議論に火をつけることに大きな関心を持っていない

 

また、ほかの科学者がこの問題を提起することもなかった。政府の研究費は、大学から選ばれた科学専門家の委員会の助言に基づいて配分されている。厄介な政治的問題を提起して船を揺らしてしまうと、助成金が更新されず、研究キャリアが終わってしまうリスクがともなう。

 

もしかしたら、良い行動を取れば、流通システムに散らばる多くの特典で報われるのかもしれません。また、研究室流出シナリオに対する党派的な攻撃の後、アンダーセン博士とダサック博士が科学的客観性の評判を汚したかもしれないと思った人は、2020年8月に国立アレルギー・感染症研究所が発表した8200万ドルの助成金を受けるこのリストの2番目と3番目の名前を見てください。

 

米国政府と中国政府は、石博士のコロナウイルス研究が米国国立衛生研究所から資金提供を受けていたという事実に注目したがらないという奇妙な共通点がある。

 

中国政府は「そんなに危険な研究なら、なぜ我々の領土でも研究費を出したのか」と言う裏話が想像できます。アメリカ側は「流出させたのはあなた側だ。しかし、公の場でこのような議論をする必要があるのだろうか?」と。

 

ファウチ博士は、トランプ大統領の下で誠実に仕え、バイデン政権ではCOVIDの流行への対応でリーダーシップを再開した、長年の公僕である。議会は当然のことながら、武漢での機能獲得研究への資金提供における明らかな判断ミスについて、彼を炭火の上に引きずり出そうという気はないだろう。

 

これらの沈黙の壁に加えて、主流メディアの壁がある。私の知る限り、主要な新聞社やテレビ局では、あなたが今読んだような実験室流出のシナリオに関する詳細なニュースを読者に提供したことはないが、一部の新聞社は短い社説や意見を掲載している。

トランプ嫌いのマスコミが真実を歪め陰謀論化した


300万人もの死者を出したウイルスの起源について、もっともらしい説があれば、真剣に調査する価値があると考えるかもしれない。あるいは、ウイルスの起源にかかわらず、機能獲得型の研究を続けることの賢明さについても、検討する価値があるだろう。

 

また、NIHやNIAIDが機能獲得型研究への資金提供をモラトリアム期間中に行っていることについても、調査が必要である。メディアが明らかに好奇心を失っているのはなぜだろうか。

 

その理由の一つは、ウイルス学者たちの沈黙の掟である。科学記者は、政治記者とは異なり、情報源の動機に懐疑的になることはほとんどなく、自分の役割は科学者の知恵を一般大衆に伝えることだと考えている。そのため、情報源が協力してくれないと、彼らは途方に暮れてしまうのだ。

 

もうひとつの理由は、メディアの多くが政治的に左に移動していることだろう。トランプ大統領が「ウイルスは武漢の研究所から流出した」と言ったため、編集者はその考えをほとんど信用しなかった。

 

彼らはウイルス学者と一緒になって、ラボ・エスケープを否定可能な陰謀論とみなした。トランプ政権下では、「実験室流出の可能性は否定できない」という情報機関の見解を否定することに苦労しなかった。しかし、バイデン大統領の国家情報長官であるアブリル・ヘインズが同じことを言っても、彼女もほとんど無視された。

 

これは、編集者が実験室流出のシナリオを支持すべきだったということではなく、その可能性を十分かつ公正に検討すべきだったということです。

 

この1年間、家に閉じこもっていた世界中の人々は、メディアが提供する以上の答えを求めているかもしれない。おそらく、そのうちに一つは出てくるだろう。何しろ、自然発生説が一片の裏付けも得られないまま月日が経てば経つほど、その信憑性は薄れていくのだから。

 

もしかしたら、国際的なウイルス学者のコミュニティは、偽りで利己的なガイドと見られるようになるかもしれない。

 

武漢でパンデミックが発生したのは、武漢の研究室が安全でない環境で危険度MAXの新型ウイルスを作っていたことと関係があるのではないかという常識的な認識は、トランプが何を言っても真実であるはずがないというイデオロギー的な主張を最終的には覆すことができる。

 

そして、試練の始まりです。

ニコラス・ウェイド

2021年4月30日

謝辞


SARS2ウイルスの起源について最初に本格的な考察を行ったのは、ロシアとカナダのバイオテック企業家であるユーリ・デギンである。彼は、SARS2ウイルスの分子生物学的特徴を分析し、ウイルスが操作されている可能性を指摘したのである。

 

2020年4月22日に発表されたこのエッセイは、ウイルスの起源を理解しようとする人たちに道しるべを与えた。あまりにも多くの情報や分析を詰め込んだため、一人の人間が書いたものとは思えず、どこかの情報機関が書いたのではないかとも言われている。

 

しかし、このエッセイは、CIAやKGBの報告書には見られないような軽妙さとユーモアをもって書かれており、デギン氏が有能な単独の著者であることを疑う理由はないだろう。

 

デギンの後を受けて、ウイルス学者の正統性に懐疑的な人たちが何人か現れた。ニコライ・ペトロフスキー(Nikolai Petrovsky)は、SARS2ウイルスがさまざまな種のACE2受容体にどれだけ強く結合するかを計算し、驚いたことにヒトの受容体に最適化されていることを発見し、ウイルスは実験室で作られたのではないかと推測した。アリナ・チャンは、SARS2が最初に出現したときから、ヒトの細胞に非常によく適応していたことを示す論文を発表した。

 

研究室流出を絶対的に否定するウイルス学者たちに疑問を呈した数少ない一般科学者の一人が、機能獲得型研究の危険性を長年にわたって警告してきたリチャード・エブライトである。もう一人は、スタンフォード大学のデビッド・A・レルマンである。「賛否両論あるものの、現在入手可能な事実からは、どのシナリオも確信を持って断定することはできません」と彼は書いている。

 

疾病管理予防センターの元所長であるロバート・レッドフィールドにも称賛を送ります。2021年3月26日にCNNに語ったところによると、流行の「最も可能性の高い」原因は「実験室から」でした。 なぜなら彼は、実験室ならSARS2の場合のように、コウモリウイルスが進化するのに時間をかけずに一晩で極端な人間の病原体になるのではないかと疑っていたからです。

 

医師であり研究者でもあるスティーブン・クエイは、統計学やバイオインフォマティクスの手法を用いて、ウイルスの起源を独創的に探っている。

 

例えば、初期の患者を受け入れる病院が、ウイルス研究所と国際空港を結ぶ地下鉄2号線沿いに集中していることを示し、研究室から世界に向けてウイルスを流通させるための完璧なベルトコンベアーとなっている。

 

2020年6月、ミルトン・ライテンバーグは、武漢ウイルス研究所での機能獲得研究からの研究室流出を支持する証拠の初期調査を発表した。

 

他にも多くの人がパズルの重要なピースを提供している。"フランシス・ベーコンは、「真実は、権威ではなく、時間の娘である」と言いました。上記のような人々の努力があってこそのものです。