· 

【新型コロナの真相】ニコラス・ウェイド「COVIDの起源:手がかりを探る」2

COVIDの由来:手がかりを探る

武漢でパンドラの箱を開けたのは、人なのか、自然なのか?


●ニコラス・ウェイド

イギリスのサイエンスライター。「Nature」や「Science」、そして長年にわたり「New York Times」のスタッフとして勤める。NYタイムズの彼の記事一覧

自然由来への疑問


15ヶ月経っても提出できない自然由来根拠


2021年2月頃、世界保健機関(WHO)の委員会が中国を訪問するまでは、自然発生がメディアの有力な説だった。

 

この委員会の構成とアクセスは、中国当局によって厳しく管理されていた。委員会のメンバーにはダザック博士も含まれていたが、訪問前も訪問中も訪問後も、実験室からの脱出の可能性は極めて低いと主張し続けた。

 

しかし、これは中国当局が期待していたようなプロパガンダの勝利にはならなかった。中国側は、自然発生説を裏付ける証拠を委員会に提出することができなかったのである

 

これは、SARS1とMERSの両ウイルスが環境中に大量の痕跡を残していたからである。SARS1の中間宿主種は流行開始から4カ月以内に、MERSの宿主種は9カ月以内に特定された。

 

しかし、SARS2はパンデミックが始まってから約15カ月が経過し、おそらく集中的な捜索が行われたにもかかわらず、中国の研究者たちは、元のコウモリの集団も、SARS2が飛び火した可能性のある中間種も、武漢を含む中国の住民が2019年12月以前にウイルスにさらされたことを示す血清学的な証拠も見つけることができなかった。

研究室由来の仮説が再浮上


 自然由来は、最初はもっともらしく感じたが、1年以上経っても一片の証拠も見当たら雷裏付けのない憶測に過ぎなかった。そうであるなら「SARS2は研究室から逃げ出した」という別の仮説に真剣に注目するのが論理的である。

 

なぜ、パンデミックを引き起こす可能性のある新しいウイルスを作りたいと思うのだろうか?

 

ウイルス学者たちは、ウイルスの遺伝子を編集するツールを手に入れて以来、どの動物のウイルスが人間へ感染する可能性が高いかを探求することにより、将来起こりうるパンデミックの可能性を先取りできると主張してきた。

 

このような根拠に基づいて、彼らは1918年のインフルエンザウイルスを再現し、ほとんど絶滅したポリオウイルスを公表されたDNA配列から合成できることを示し、関連するウイルスに天然痘遺伝子を導入した。

 

このようにウイルスの能力を高めることは「機能獲得実験」と呼ばれている。コロナウイルスでは、特にスパイクタンパク質が注目されている。スパイクタンパク質は、ウイルスの球状の表面のあちこちに突き出ていて、どの種の動物を標的にするかをほぼ決定している。

 

例えば、2000年にオランダの研究者は、マウスのコロナウイルスのスパイクタンパク質を遺伝子操作して、猫だけを襲うようにし、世界中のげっ歯類から感謝された。

コロナウイルスの表面にあるスパイク状のタンパク質が、どの動物に感染するかを決定する。CDC.gov
コロナウイルスの表面にあるスパイク状のタンパク質が、どの動物に感染するかを決定する。CDC.gov

機能獲得実験によるスパイクタンパク質の強化実験


ウイルス学者たちは、SARS1とMERSの両方の流行の原因がコウモリのコロナウイルスであることが判明してから、本格的に研究を開始した。特に、人に感染する前にコウモリウイルスのスパイクタンパク質にどのような変化が必要なのかを解明しようとした

 

中国におけるコウモリウイルス研究の第一人者である「コウモリ女」こと石正麗博士が率いる武漢ウイルス研究所の研究者たちは、中国南部の雲南省にあるコウモリが生息する洞窟に頻繁に出向き、約100種類のコウモリコロナウイルスを収集した。

 

石博士はその後、ノースカロライナ大学の著名なコロナウイルス研究者であるラルフ・バリック博士とチームを組んだ。彼らの研究は、コウモリのウイルスが人間を攻撃する能力を高めることに重点を置き、「流通しているコウモリのCoV(コロナウイルス)の出現可能性(人間に感染する可能性)を調べる」ことを目的としていた。

 

この目的のため、2015年11月、SARS1ウイルスを骨組みとして、スパイクタンパク質の部分ををSHC014-CoVと呼ばれるコウモリウイルスのものに置き換えた新しいウイルスを作成した。このウイルスは、少なくとも実験室で培養したヒトの気道の細胞に感染することができた。

 

SHC014-CoV/SARS1ウイルスは、そのゲノムに2つのウイルス株の遺伝物質が含まれていることから、キメラと呼ばれている。もし、SARS2ウイルスが石博士の研究室で作られたとすれば、その直接の原型はSHC014-CoV/SARS1キメラであり、その危険性は多くの人に懸念され、激しい議論を呼んだ。

 

パリのパスツール研究所のウイルス学者、サイモン・ウェイン=ホブソン氏は、「ウイルスが逃げ出した場合、その軌跡は誰にも予測できません」と話している。

 

バリック博士と石博士は、論文で明らかなリスクに言及しながらも、将来のスピルオーバーを予見することの利点と比較して、そのリスクを考慮すべきだと主張している。

 

科学審査委員会は、「流通している株に基づいてキメラウイルスを作る同様の研究は、リスクが大きすぎると判断するだろう」と述べている。

 

機能獲得型(GOF)研究にさまざまな制限が課せられていることから、彼らは「GOF研究に関する懸念の岐路に立たされている」という見解に到達した。

 

「将来的に発生する可能性のある感染症に備え、それを軽減するためには、より危険な病原体を生み出すリスクとのバランスを考慮する必要がある。今後の方針を決定する際には、これらの研究によって得られたデータの価値を考慮し、これらのタイプのキメラウイルス研究が、内在するリスクと比較して、さらなる調査を必要とするかどうかを検討することが重要です」と述べている。

 

この発言は2015年のことだ。2021年の後から見ると、SARS2の流行を防ぐための機能獲得実験の価値はゼロだったと言える。もしSARS2ウイルスが機能獲得実験で生成された場合、そのリスクは壊滅的なものだろう。

武漢ウイルス研究所の内部


バリック博士は、コウモリのコロナウイルスを他の種を攻撃するように操作する一般的な方法を開発し、石博士に教えていた。

 

具体的な標的は、培養されたヒト細胞とヒト化マウスである。ヒト化マウスとは、安価で倫理的にも問題のない実験用マウスのことで、遺伝子操作により、気道を覆う細胞の表面にあるACE2というタンパク質のヒト版を持つようにしたものである。

 

石博士は、武漢ウイルス研究所の研究室に戻り、コロナウイルスを遺伝子操作してヒトの細胞を攻撃する研究を再開した。

高い安全性(レベルBSL4)のラボに滞在中の石博士。彼女のコロナウイルス研究は、はるかに低い安全レベルのBSL2およびBSL3ラボで行われていた。
高い安全性(レベルBSL4)のラボに滞在中の石博士。彼女のコロナウイルス研究は、はるかに低い安全レベルのBSL2およびBSL3ラボで行われていた。

米国が認知し支援もしていたヒト感染力の強いウイルス作成


なぜ、そう言えるのか?

 

というのも、彼女の研究は、米国国立衛生研究所(NIH)の一部である国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)から資金提供を受けていたからである。彼女の研究の資金源となった提案書には、その資金を使って何をしようとしているのかが明記されている。

 

この助成金は、元請けであるEcoHealth Allianceのダザック博士に割り当てられた後、石博士に下請けされていた。ここでは、2018年度と2019年度の助成金の内容を抜粋して紹介する。"CoV "はコロナウイルスの略で、"Sタンパク質"はウイルスのスパイクタンパク質のことである。

 

「CoVの種間感染の予測を検証する。宿主範囲(すなわち出現可能性)の予測モデルは、逆遺伝学、シュードウイルスと受容体結合アッセイ、異なる種やヒト化マウスの様々な細胞培養におけるウイルス感染実験を用いて実験的に検証される」

 

「わたしたちは、Sタンパク質の配列データ、感染性クローン技術、イン・ビトロおよびイン・ビボ感染実験、受容体結合の分析を用いて、Sタンパク質の配列におけるパーセント分岐しきい値がスピルオーバーの可能性を予測するという仮説を検証する」

 

つまり、専門外の言葉で言えば、石博士はヒトの細胞への感染力が最も高い新規コロナウイルスを作ろうとしていたのである。彼女の計画は、ヒトの細胞に対する親和性が高いものから低いものまで、さまざまな測定値を持つスパイクタンパク質をコード化する遺伝子を見つけることだった。

 

彼女は、これらのスパイクタンパク質の遺伝子を多数のウイルスゲノムの骨組みに1つずつ挿入し(「逆遺伝学」「感染クローン技術」)、一連のキメラウイルスを作り上げようとしたのだろう

 

これらのキメラウイルスは、ヒトの細胞培養物(in vitro)やヒト化マウス(in vivo)を攻撃する能力があるかどうかをテストするためのものだ。そして、これらの情報は、コロナウイルスがコウモリから人間に飛び火する「スピルオーバー」の可能性を予測するのに役立つという。

 

ヒトの細胞に感染させるために、コロナウイルスの骨組みとスパイクタンパク質の最適な組み合わせを見つけるために、方法論的なアプローチが設計された。この方法でSARS2に似たウイルスを作ることができ、ウイルスの骨格とスパイクタンパク質を適切に組み合わせれば、SARS2ウイルスそのものを作ることもできたかもしれない。

 

石博士の研究記録が封印されているため、彼女の研究室でSARS2が生成されたかどうかはまだ断言できない。しかし、彼女がSARS2を生成したことは間違いないと私は思う。

 

ラトガース大学の分子生物学者で、バイオセーフティの第一人者であるリチャード・H・エブライト氏は、「武漢ウイルス研究所が、新規のキメラ型コロナウイルスを系統的に構築し、ヒト細胞やヒトACE2発現マウスへの感染能力を評価していたことは明らかです」と話している。

 

また「解析対象とするゲノムコンテクストによっては、この研究でSARS-CoV-2やSARS-CoV-2の近縁種が作られる可能性があったことも明らかです」と述べている。「ゲノムコンテクスト」とは、スパイクタンパク質の実験台として使用された特定のウイルスの骨組みのことである。

NIADの資金提供と協力


SARS2ウイルスの起源について、研究室からの流出シナリオは、今では明らかなようだが、ただ武漢ウイルス学研究所に向かって手を振っているだけではない。それは、NIAID(アメリカ国立アレルギー・感染症研究所)が同研究所に資金提供している具体的なプロジェクトに基づいた詳細な提案であるからだ。

 

仮に助成金が上記のような作業計画を要求していたとしても、その計画が実際に実行されたことはどうやって確認できるだろうか。それには、この15ヶ月間、研究室流出は中国バッシングの人たちが作ったおかしな陰謀論だと訴え続けてきたダザック博士の言葉に頼るしかないだろう。

 

パンデミックの発生が一般に知られるようになる前の2019年12月9日、ダザック博士はインタビューに応じ、武漢ウイルス研究所の研究者がスパイクタンパク質を再プログラムし、ヒト化マウスに感染できるキメラコロナウイルスを生成していることを熱く語った。

 

インタビューの28分頃、ダザック博士は「6、7年かけて、100種類以上の新しいSARS関連コロナウイルスを発見しました」と語っている。

インタビュアー:これらは多様なコロナウイルスであり、ワクチンもできず、抗ウイルス剤もないということですが、ではどうすればいいのでしょうか?

 

ダスザック:ええと、コロナウイルスは、実験室で簡単に操作することができると思います。スパイクタンパク質は人獣共通感染症のリスクにおいてコロナウイルスで起こる多くを動作させています。私たちは、UNCのRalph Baric氏と協力してこの作業を行っています。他のウイルスの骨組みに挿入して、研究室で作業を行うことができます。そのため、配列を見つけると、より多くの予測が可能になります。このような多様性があるのです。ですからSARSのワクチンを開発する場合、人々はパンデミックSARSを使用するでしょうが、他のものを挿入して、より良いワクチンを手に入れようとするのが論理的な流れです。

 

ダザック言う「挿入部分」とは、おそらく後述する「フーリン切断部位 furin cleavage site」と呼ばれる要素が含まれており、これがヒトの細胞に対するウイルスの感染力を大きく高めている

 

言っていることがバラバラでわかりにくいが、要するにダスザック博士が言いたいのは、人間の細胞を攻撃できる新しいコロナウイルスを生成したら、そのスパイクタンパク質を取り出せば、ワクチン生成の基礎にすることができるということである。

 

その数日後、武漢で伝染病が発生したことを知ったときのダザック博士の反応は想像に難くない。コウモリのコロナウイルスを人に感染させるという武漢研究所の目標と、研究所の研究者の感染に対する防御の弱さを、彼は誰よりもよく知っていたはずだ。

 

しかし、彼は公衆衛生当局に豊富な情報を提供する代わりに、今回の病気が武漢研究所で作成したウイルスによって引き起こされたものではないということを世界に説得するための広報活動を直ちに開始した。

 

「このウイルスが研究室から逃げ出したというのは、まったくのハッタリです」。2020年4月のインタビューで「単純に事実ではない」と彼は断言した。