· 

【新型コロナの真相】ニコラス・ウェイド「COVIDの起源:手がかりを探る」1

COVIDの由来:手がかりを探る

武漢でパンドラの箱を開けたのは、人なのか、自然なのか?


※オリジナル記事「Origin of Covid — Following the Clues」

●ニコラス・ウェイド

イギリスのサイエンスライター。「Nature」や「Science」、そして長年にわたり「New York Times」のスタッフとして勤める。NYタイムズの彼の記事一覧

 


 

Covid-19のパンデミックは、1年以上にわたって世界中の人々の生活を混乱させている。死者の数はまもなく300万人に達すると言われている。しかし、パンデミックの起源はいまだに不明である。政府や科学者の政治的な思惑で曖昧な雲が厚く立ち込めており、マスコミはそれを払拭することができないようだ。

 

以下では、何が起きたのかか多くの手がかりが明らかになっている科学的事実を整理し、読者が自ら判断できるような証拠を提供していく。その上で、中国政府に始まるものの、中国政府をはるかに超えて複雑な責任問題を吟味してみたいと思う。

 

この記事を読み終える頃には、ウイルスの分子生物学について多くのことを学んだと感じるのではないだろうか。私は、この経緯をできるだけ簡易に解説したいと思っている。しかし、このウイルス分子生物学を避けることはできない。なぜなら、今のところ、そしておそらくこれからもずっと、この科学は迷路を抜ける唯一の確かな糸を提供してくれるからだ。

自然由来、実験室由来の2つの由来説


今回のパンデミックの原因となったウイルスは、公式には「SARS-CoV-2」と呼ばれているが、略して「SARS2」と呼ぶこともある。多くの人が知っているように、その起源については2つの主要な説がある。1つは野生動物から人への自然由来。もう1つはウイルスが研究室で研究されていて、そこから漏洩したことだ。2度とこのような事件が起きないようにするためには、この2つの起源説を理解することが非常に重要である。

 

ここでは、2つの起源説について解説し、それぞれの説がなぜ正しいそうなのかを説明した上で、明らかになっている事実に対してどちらの説がより納得できるものかを読者に問いかけます今のところ、どちらの説にも直接的な証拠はないことに注意してください。

 

いずれも合理的な推測に基づいてるが、今のところ証拠はない。そのため、私が結論を出すことはできず、真実を解く手がかりしか与えません。しかし、その手がかりは特定の方向を向いています。そして、その方向性を推測した上で、この絡み合った災いの糸をいくつか整理していきたいと思います。

自然由来派たちの行動

初期:科学者グループの声高な自然由支持


2019年12月に初めてパンデミックが発生した後、中国当局は武漢海鮮市場(食肉用の野生動物を売る場所)で多くの症例が発生したと報告した。

 

このとき2002年に発生したSARS1では、コウモリのウイルスが生鮮市場で売られている動物であるハクビシンに感染し、ハクビシンから人に感染したことを思い起こさせました。同様のコウモリのウイルスは、2012年にMERSと呼ばれる2回目の流行も引き起こしいていた。このときの中間宿主はラクダであった。

 

ウイルスのゲノムが解読された結果、SARS1やMERSウイルスも属するβ-コロナウイルスの仲間であることがわかった。この関係は、SARS1やMERSと同様、コウモリから別の動物宿主を経由して人間に感染した自然由来のウイルスであるという仮説を裏付けるものだった。

 

しかし、一部の中国の研究者たちは生鮮市場とは無関係の初期の症例を武漢で発見していた。ただ、自然発生を裏付ける多くの証拠が出てくることを考えると、そのような主張を唱えるものはいなくなった。

ダザックの自己防御のための陰謀論のでっちあげ


 武漢には、しかしながら、コロナウイルス研究の世界的な中心地である武漢ウイルス研究所がある。そのため、SARS2ウイルスが研究所から逃げ出した可能性も否定はできなかった。由来については、後者のほうが妥当なシナリオだと考えられた。

 

パンデミック初期には、2つの科学者グループの強力な声明により、一般の人々やメディアの認識は自然由来シナリオを支持するよう形成された。これらの発言は、当初、批判的に検討されるべきものではなかった。

 

「私たちは、COVID-19が自然発生したものではないという陰謀論を強く非難するために団結します」と、ウイルス学者らのグループが2020年2月19日付のランセット誌に書簡を送り、声明を発表した。

 

なお、ほかの科学者が指摘するウイルスが研究室から漏洩した可能性というのは、陰謀論ではなくアクシデントを指しているアクシデントがあったかは否定するのではなく、検討する必要があるべきだ。優れた科学者の特徴は、自分が知っていることと知らないことを区別するために多大な努力を払うことである。この基準に照らし合わせると、ランセット誌への書簡の署名者たちの科学者態度は劣悪である。

 

このランセットの書簡は、ニューヨークのEcoHealth Allianceの会長であるピーター・ダザック企画・立案したものであることが後に判明している。

 

ダザック博士の組織は、武漢ウイルス学研究所のコロナウイルス研究に資金を提供している。もし、自分が資金提供した研究所から本当にSARS2ウイルスが流出したとしたら、ダザック博士にも責任がある。この深刻なダザックの利益相反は、ランセット誌の読者には公表されず、わからないようになっていた。それどころか、書簡は 「競合する利害関係はありません」と結んでいる。

EcoHealth Allianceの会長であるピーター・ダザック
EcoHealth Allianceの会長であるピーター・ダザック

アクシデントでもウイルス学者にとっては都合が悪い


ダザック博士のようなウイルス学者がパンデミックの責任の所在を明らかにことに大きな意味があった。彼らは20年間、ほとんど世間から注目されることなく、危険なゲームを続けてきた。研究室では、自然界に存在するものよりも危険なウイルスを日常的に作っていた。

 

また、自然由来であることを先に主張し、自然の「スピルオーバー」(動物を宿主とするウイルスが人間に移ること)を予測し、防ぐことができると主張した。もし、SARS2が実験室から漏洩したことになると、自身たちへの猛烈な反撃が予想され、世間の憤りの嵐は中国だけでなく、あらゆるウイルス学者に影響を与えるだろう。"MIT Technology Reviewの編集者であるアントニオ・レガラードは、2020年3月に「科学的構造を根底から崩すことになる」と述べている。

ウイルス漏洩否定説を推進させたアンドルセン書簡


国民の意識形成に多大な影響を与えた2つ目の声明は、2020年3月17日に雑誌『Nature Medicine』に掲載された書簡(科学論文ではなくオピニオン)である。

 

著者は、スクリプス研究所のクリスチャン・G・アンドルセン率いるウイルス学者のグループである。「SARS-CoV-2は実験室で作られたものでもなければ、意図的に操作されたウイルスでもないことを、我々の分析は明確に示している」と、5人のウイルス学者は書簡の第2段落で宣言している。

スクリプス研究所のクリスチャン・G・アンドルセン
スクリプス研究所のクリスチャン・G・アンドルセン

 

 残念ながら、これも上記で定義した意味での「貧弱な科学」の一例である。

 

確かに、ウイルスのゲノムを切り貼りする古い方法は、ウイルス操作の痕跡が残る。しかし、「ノーシーム」や「シームレス」と呼ばれる新しいウイルス操作は痕跡が残らない。また、ある培養細胞から別の培養細胞にウイルスを繰り返し移す「連続継代」のようなウイルス操作の方法も同様である。

 

シームレスな方法であれ、連続継代であれ、ウイルスが操作されていれば、その痕跡は知ることはできない。アンデルセン博士らは、痕跡を知ることができないのに読者に人工操作はないと保証していたのである。

 

「SARS-CoV-2が、SARS-CoVのようなコロナウイルスと関連する実験室で操作して出現したとは考えられない」というのが、彼らの手紙の要旨である。しかし待ってほしい、筆頭著者は、ウイルスが「操作されていないことは明らかだ」と言っていなかったか? 

 

ウイルス操作に関して「操作されていないのは明らか」という著者の確信度は、その理由を説明する際に数段落ちるようだ。

 

その理由は、専門用語を読み解けば一目瞭然である。「操作ができない」と仮定した理由として著者が挙げた2つの理由は、決定的なものではない

 

1つは、SARS2のスパイクタンパク質は、標的であるヒトのACE2受容体と非常によく結合するが、その結合方法が物理的な計算が示す最適な結合方法とは異なるという。したがって、このウイルスは操作ではなく、自然淘汰によって生まれたと考えられる。

 

この議論が理解しにくいと思われるのは、それが非常に難解だからである。著者の基本的な前提は、コウモリのウイルスを人間の細胞に結合させようとする場合、その方法は1つしかないというものである。

 

まず、ヒトのACE2受容体と、ウイルスが取り付くスパイクタンパク質との間の最も強い適合性を計算する。そして、それに合わせてスパイクタンパク質を設計する(スパイクタンパク質を構成するアミノ酸単位の適切な文字列を選択する)。しかし、SARS2のスパイクタンパク質は、このように計算されたベストデザインではないので、操作されたものではないとアンダーセン論文は述べている。

 

しかしこれは、ウイルス学者が実際にスパイクタンパク質を選択した標的に結合させる方法を無視している。計算ではなく、他のウイルスからスパイクタンパク質の遺伝子をスプライシングしたり、連続継代させたりすることで実現している。

 

連続継代では、ウイルスの子孫を新しい細胞培養や動物に移すたびに、より成功率の高いものが選ばれていき、ヒトの細胞にしっかりと結合するものが現れる。自然選択がすべての力を発揮する。ウイルスのスパイクタンパク質を計算で設計したというアンダーセン論文の推測は、ウイルスが他の2つの方法のいずれかで操作されたかどうかとは関係はない。

 

操作に反対する著者の2つ目の主張は、さらに作為的なものである。ほとんどの生物は遺伝物質としてDNAを使用しているが、多くのウイルスはDNAの化学的な親戚であるRNAを使用している。

 

しかし、RNAは操作が難しいため、RNAをベースとするコロナウイルスの研究者は、まずRNAゲノムをDNAに変換する。そして、遺伝子を追加したり変更したりしてDNAを操作し、操作したDNAゲノムを再び感染性のあるRNAに変換する。

 

これらのDNAバックボーンは、科学文献に記載されている数が限られている。SARS2ウイルスを操作したなら、おそらくこれらの既知のバックボーンのいずれかを使用したはずであるしかし、SARS2はこれらのいずれにも由来していないので、操作されたものではない、とアンダーセングループは主張している。

 

しかし、この議論は目に見えて結論が出ていない。DNAバックボーンは非常に簡単に作ることができるので、未発表のDNAバックボーンを使ってSARS2を操作した可能性は当然ある

 

以上である。SARS2のウイルスは明らかに操作されたものではないという宣言を裏付けるために、アンダーセン・グループが行った2つの論拠である。そして、この結論は、2つの結論のない推測に基づいており、世界中の報道機関に、SARS2が実験室から逃げ出すことはできないと確信させた。アンデルセン書簡の技術的な批判は、より厳しい言葉でそれを取り上げる。

 

科学というのは、専門家が常にお互いの仕事を精査して自己修正する共同体であるはずだ。では、なぜ他のウイルス学者は、アンダーセングループの主張が無茶苦茶大きな穴だらけであることを指摘しなかったのでしょうか?

 

おそらく、現在の大学では講義は非常に給料が高いからであろう。一線を越えるとキャリアが失うこともあるのです。コミュニティが宣言した見解に異議を唱えるウイルス学者は、政府の助成金配布機関に助言を与えるウイルス学者仲間のパネルから、次の助成金申請を却下される危険性があるからだろう。

 

ダザックとアンダーセンの手紙は、科学的な見解ではなく、政治的なものだったが、驚くほどの効果があった。主要なマスコミの記事では、専門家のコンセンサスにより、実験室からの漏洩は論外であるか、極めて低い可能性であると繰り返し述べられた。

 

こうしたマスコミ記事の記者は、ダザックとアンダーセンの書簡をほとんど鵜呑みにしており、他の学者との間に大きな隔たりがあることを理解していなかった。

 

主要な新聞社には科学ジャーナリストがいますし、主要なネットワーカーにもいます。そして本来であれば、これらの科学ジャーナリストは鵜呑みにせず、ほかの科学者に質問したり、その主張を確認します。しかし、ダザックとアンダーセンの主張に関してははほとんど疑われることがなかった。