· 

【見世物】有光伸男「元祖人間ポンプ」

有光伸男/Nobuo Arimitsu

元祖人間ポンプ


水を噴射する有光伸男。
水を噴射する有光伸男。

概要


有光伸男(1917〜2005)は「人間ポンプ」芸で知られる見世物芸人。人間ポンプを行う芸人は複数いるが、元祖とされるのが有光である。

 

「人間ポンプ」とは碁盤を飲み込み色分けして吐き出したり、金魚を飲み込み釣り針で釣って出すなど、飲み込んだものをそのまま、あるいはいささか加工して吐き出す芸のこと。

 

公演の最後に、バケツ二杯(四、五升ともいう)の水を飲み、台にのぼって水を吹き出し、燃えさかる火を消した芸が「人間ポンプ」の由来となった。

 

昭和15年(1940年)から数年間、芸能界を席巻する人気をほこり、戦後はアメリカ、ブラジルなど海外でも公演しいる。九州帝国大学医学部の医師の診察を受けて撮影した胃のレントゲン写真を売り物にもしていた。 学名は胃神経過敏症。

有光伸夫の胃のレントゲン写真。
有光伸夫の胃のレントゲン写真。
有光の胃の運動写真
有光の胃の運動写真

■参考文献・画像引用

・「見世物大博覧会」図録

あわせて読みたい

可坊(馬鹿)

缶児(四股欠損)

ダルマ男(四股欠損)

熊女(多毛症)

花咲男(屁芸)

逆さ首(脳性麻痺)

鬼娘(口裂け)

目出小僧(目出男)

眼力太郎(目出男)

猩猩兄弟(アルビノ)

岩本梅吉(足芸)

蛇小僧(魚鱗癬)

熊童子(多毛症)

有光伸男(人間ポンプ)

小雪太夫(蛇食い)