· 

【新型コロナの真相】ローレンス・セリン博士の声明(2021年5月4日)

ローレンス・セリン博士の声明(2021年5月4日)

トラフィック分析によるCCP生物兵器計画の解読


私はローレン・セロン博士です。これは、政府関係者、メディア、そして特に科学界のメンバーに向けたメッセージです。彼らは、個人的な政治的・経済的な理由から、COVID-19は自然界から生まれたものではないという誤った物語を推進し続けています。

 

COVID-19は、中国共産党の科学者が進めた機能獲得研究における幅広いプログラムの産物で、たとえば米軍の商業プログラムとの二重構造になっており、通常の進化過程では説明できないいくつかの異常な特徴がある。

 

コロナウイルスには通常現れないフーリン切断部位があり、それは感染力や病原性を高めることが知られており、CCPの科学者は人為的にフーリン切断部位を挿入する方法を知っている。

 

残された問題は、COVID-19がどこでどのように作られたのか、そしてそれが偶発的なものなのか、意図的なものなのかということと、軍事用と民間用のウイルス研究が意図的に組み合わされてできた産物であることは間違いない。

 

それは、CCPの2016年の35年計画で掲げられた目標でした。

 

昨年末じゃら、中国共産党や欧米の政府、メディア、科学者の検閲により、COVID-19に関する新しい科学的情報の流れが追いづらくなってきた。そこで、私は自分の分析戦略を変えることにした。

 

第二次世界大戦中のドイツの暗号機、ナイグマとイギリスのブレッチリーパークでの暗号解読の取り組みについて、ご存知の方も多いと思います。アラン・チューリングは、暗号解読で最も有名な人物の一人です。しかし、あまり知られていない別の天才がいた。暗号が解読される前に、ゴードン・ウェルチマンは「トラフィック分析」と呼ばれる技術を用いて、例えばドイツ軍の動きやドイツの戦闘順序などを調べていた。そのプログラムは「six」と呼ばれていた。

 

さて、私をはじめとするCOVID-19探偵団は、トラフィック分析の手法を修正して、CCPの生物兵器戦争プログラムにおけるウイルス研究ネットワーク分析を行いました

 

以下は我々の調査結果です。CCPの生物兵器プログラムはは3つのレベルに分かれている。秘密の軍事レベルの上には民間研究と大学があり層を形成しているこの層が国際的なウイルス研究プロジェクトとの交流を可能にしており、結果海外から知識や技術、資金を得ることができ、それらはすべてCCPの計画にフィードバックされてしまう。

 

中国共産党の生物兵器プログラムの起源であり、伝統的な核心は、医学ではなく獣医学である。ある程度は農学も関わっており、1949年に人民解放軍が設立時にプログラムは始まっている。中国共産党は日本軍(731部隊)の生物兵器のアプローチを採用し、獣医学研究の中に生物兵器を組み込んだのです。

 

北京、成都、広州、南京、雲南などの地域の軍司令部とほぼ同じ場所に、軍馬健康研究所などの研究センターを設立した。

 

1953年、PLAの5つの獣医学系大学は、かつての731部隊の所在地からわずか140マイル南の長春にある1つの大きな機関に統合された。

 

一方、パンデミックの震源地として最も注目されているのは武漢ウイルス研究所だが、COVID-19の研究は、複数の軍の管理施設で行われ、病原体の開発とワクチンの製造を組み合わせたプログラムで行われた。

 

長春軍事獣医研究所が中心となってCCPは中国及び世界中で大規模なウイルス収集作業を行ってきた。

 

ウイルス再収集プログラムで、私たちはコウモリのコロナウイルスのバックボーンを提供しました。COVID-19の作成のために、私たちのRaTG-13のような中間的な人工ウイルスの構築物が作成され、COVID-19の自然発生的な祖先として誤って広く引用されています。

 

解放軍の北京軍事医学研究院の管理下で最も関心を引くウイルスが収集され、複数の研究所に配布されました。武漢大学の武漢研究所の神経学研究室や武漢の軍病院なども参加していました。

 

次のビデオでは、中国共産党が国際的な状況を利用して、特にアメリカのウイルス研究プログラムに大規模に侵入して、生物兵器プログラムを拡大したことについて説明します。