カテゴリ:人民解放軍



COVID-19 · 25日 5月 2021
閻麗夢インタビュー「COVID-19の機能獲得研究は「殺人玩具」作り」
今日、皆さんにさらに説明すると、このCOVID-19ウイルスの機能獲得研究は、基本的には何の役にも立ちません。機能獲得研究で悪いのは、中国共産党は弾丸を込めた銃を作らせ、そして、鋭利なナイフやミサイルまでつけてしまいます。そして、子供たちに「おもちゃだよ」と言って渡していたことです。ということは、機能獲得実験の後は、非常に危険な状態になるのが目に見えている
COVID-19 · 20日 5月 2021
【経歴・Wiki】ローレンス・セリン「中国の生物兵器は人民解放軍の完全な指揮統制下で製造された」
COVID-19ウイルスは武漢で放出されたものかもしれないが、現代の軍事兵器と同様、共同で開発・製造されたものである。まだまだ不明な点が多いが、現在わかっていることは以下の通りである。 COVID-19ウイルスの作成は、中国の生物兵器プログラムの責任者とされるWei Chen少将が率いる人民解放軍(PLA)が、軍事医学科学アカデミーの主要メンバーの日常的な監督の下で、完全に指揮・管理していた。 また、プロジェクトを推進するために関わった科学者や関連施設には、中国と米国の大学や研究機関が含まれていた。
COVID-19 · 15日 5月 2021
閻麗夢インタビュー「中国は2015年から生物兵器をばらまく計画を立てていた!」
シーナ・ガンビル:今朝のニュースでは、センセーショナルな事実が明らかになりました。アメリカの報告書によると、COVID-19は中国が2015年に計画したのではないかということです。コロナウイルスの兵器化については、このニュースの冒頭でも取り上げています。中国のウイルス学者である閻麗夢博士は、COVID-19は自然のものではなく、おそらく実験室で作られたものであると最初に指摘した人物の一人です。
COVID-19 · 14日 5月 2021
シャリ・マークマソン「コロナウイルスの兵器化を議論した中国の文書には「ゾットする」情報が含まれていた」
今夜最初のニュースは、人民解放軍の科学者が作成した文書からの新しい情報です。 その文書では、パンデミックが起こる5年前にSARSコロナウイルスを生物兵器に利用することに関して論じています。 この本は、2015年に人民解放軍の科学者と中国の公衆衛生部の高官によって書かれました。 SARSコロナウイルスは遺伝子兵器の新時代の到来を告げるもので、それを人為的に操作することで新しい人間の病気となるウイルスを武器化し、解き放つ方法が書かれています。
COVID-19 · 07日 5月 2021
【新型コロナの真相】ローレンス・セリン博士の声明(2021年5月4日)
私はローレン・セロン博士です。これは、政府関係者、メディア、そして特に科学界のメンバーに向けたメッセージです。彼らは、個人的な政治的・経済的な理由から、COVID-19は自然界から生まれたものではないという誤った物語を推進し続けています。