· 

シャリ・マークマソン「コロナウイルスの兵器化を議論した中国の文書には「ゾットする」情報が含まれていた」

コロナウイルスの兵器化を議論した中国の文書のゾッとする内容

2021年5月9日 Sky News:シャリ・マークソン


2021年5月上旬、SkyNewsの司会者シャリー・マークソンが、中国の軍事科学者が作成した文書から「ゾッとする」内容を紹介し、現在世界中で話題になっている。COVID-19パンデミックが発生する5年前にSARSコロナウイルスの兵器化について議論している文書を発見したというのだ。マークソン女史によれば、この本は2015年に人民解放軍の科学者と中国の上級公衆衛生当局によって書かれたもので、書籍名は「SARSの不自然な起源と遺伝的生物兵器としての人工ウイルスの新種」と呼ばれている。オリジナル記事と動画

SARSコロナウイルスの生物兵器として利用できる


今夜最初のニュースは、人民解放軍の科学者が作成した文書からの新しい情報です。

 

その文書では、パンデミックが起こる5年前にSARSコロナウイルスを生物兵器に利用することに関して論じています。 この本は、2015年に人民解放軍の科学者と中国の公衆衛生部の高官によって書かれました。

 

SARSコロナウイルスは遺伝子兵器の新時代の到来を告げるもので、それを人為的に操作することで新しい人間の病気となるウイルスを武器化し、解き放つ方法が書かれています。

 

この本の著者の一人は、中国防疫局の元副局長であり、同紙の編集長でもある李鵬氏です。もう1人の徐徳宏は、中国衛生部のSARS流行分析専門家グループのリーダーで、彼は中国の軍事委員会や厚生省のトップリーダーにSARSの内容を報告していました。2003年のSARS危機の際には、24回も報告を行ってます。また、共産党中央委員会総局、国務院総局向けに3つの報告書を作成しています。 中国国営テレビで2回の大きなインタビューを受け、6つのニュース記事に登場し、16の国家・軍司令部のトピックを担当しています。

 

この文書から得られた新しい情報を紹介する前にはっきりさせておきたいのですが、諜報機関は疑いを持っており、昨年初めからこれを調査してきましたが、COVID-19は、武漢の研究所から偶発的に流出した可能性がありますが、意図的に流出させたとは考えていません。

 

しかし、この論文の意義は、より高いレベルの防衛研究が行われているPLAで最も著名な軍事大学の一つで、上級科学者が生物学的研究についてどのように考えているかについて、貴重な洞察を提供している点にあります。

生物兵器の使用条件と使用効果が説明されている


この中国語の論文は「SARSの非自然な起源、遺伝子兵器としての人工ウイルスの新種」というタイトルです。そして、他の科学分野の発展に続き、生物学で大きな進歩があったと書かれています。例えば、微生物を凍結保存できるようになったことで、生物学的製剤を保存し、攻撃時にそれをエアロゾル化することが可能になったと書かれています

 

この文書の中には、信じられないことに、生物学的攻撃を行うのに最適な条件についての項目があります。この生物兵器による攻撃は、強烈な太陽光が病原体にダメージを与えるため、明け方の夕暮れ時や曇りの日に行うのが最適だというのです。

 

生物製剤は、雨や雪でエアロゾル粒子が沈殿する可能性があるため、乾燥した天気の時に放出するべきだと書かれています。雨や雪が降るとエアロゾル粒子が沈殿してしまうからです。また、ターゲットエリアに浮遊させるために、安定した風向きが望ましいと書かれています。

 

また、この本では、バイオ兵器の攻撃時に入院を必要とする患者が急増した場合、敵の医療システムが崩壊する可能性があることを指摘しています。大規模な生物兵器による攻撃は、多くの間接的な影響をもたらします。人的被害に加えて、主な影響としては、医療システムへの多大な負担が挙げられます。生物兵器による攻撃は、爆発のような通常の攻撃よりもはるかに長期にわたる影響を及ぼすことがわかっています。また、様々な手段で感染する可能性のある高い伝染病を持っている場合もあります。

 

この文書では、生物兵器が引き起こす心理的な恐怖についても触れられていて、ゾッとします。それによると、生物兵器は広範な罹患率や大量の死傷者を出すだけでなく、戦闘力に影響を与えるような手ごわい心理的圧力を含んでおり、他の災害と同様に、人々はかなりの期間、攻撃の恐怖にさらされて生活し、短期的または長期的な心理的障害を引き起こします。つまり、生物兵器を使用した攻撃は、急性ストレス反応のような急性および慢性の、心理的および精神的な病気を引き起こす可能性があるということです。

上級科学者がSARS1は生物兵器という陰謀論を展開


さて、この文書の中で最も奇妙な主張は、著者による理論であり、18人の著者がいて、そのほとんどが軍事大学出身です。そして彼らは2003年に発生した最初のSARSは、テロリストが意図的に中国に放った生物兵器による人為的なものであるという陰謀論を展開しています。

 

もちろん、科学的なコンセンサスによれば、SARSは自然由来のものであり、おそらく海鮮市場で野生動物を販売することによって、ハクビシンから人間へと感染しました。

 

2003年のSARSパンデミックについて、中国軍の上級科学者が推すのは非常に奇妙な陰謀論であり、COVID-19パンデミックが冷凍食品や米軍によって武漢に持ち込まれたと中国が主張しているのとよく似ています。これらの陰謀論は、世界保健機関(WHO)が無責任にも最近の調査を白紙に戻したことで信憑性を帯びてきました。

 

しかし、これは上級軍事科学者が語るただの適当な陰謀論ではありません。これは、上級科学者が次世代の軍事科学者の卵たちに何を教えているかを示しています。徐徳宏は、中国衛生部に報告するだけでなく、空軍医大の軍事疫学部で教授や博士課程の指導者を務めていました。100人以上の博士課程の学生などを指導しました。

 

2003年に発生したSARSは外国のテロリストが自分たちに与えた生物兵器であるという考えを若い科学者に植え付けたのです。この学生の一人は「SARSは自然由来である」という、まさに陰謀論の論文を書き上げました。その論文は、今日、インターネットの研究探偵によって発見されました。中国の学生に生物兵器を発射するための最適な条件を教えるという、戦争精神に溢れたものです。これは非常に危険なことです。

 

しかし、この本紙編集長は、陸軍の優秀な教師として次々と評価されていきました。陸軍士官学校教育賞で金メダルを授与されています。彼は、国家科学予防管理作業の上級者として認められ、参謀本部の優秀な党員にランクされ、現在も政府の特別手当を享受している。

 

ニュージーランドのデータサイエンティスト、ジオ・デミン・ウーフ氏。彼は今日、私にこう言いました。「SARS1の陰謀論から、徐徳宏はアウトサイドの科学者ではないかと思われるだろう。しかし、彼はそうではない。彼は第四軍医大学の著名な疫学教授なのである」

 

彼はPLAのトップレベルの優秀な党員とみなされ、学者のように政府から特別手当を受けている。彼のトレーディングは確かに優れていましたが、1981年のGLにはこのように書かれています。 彼はアメリカの超一流のベイラー医科大学やアメリカのCDCでポスドク研究をしました。最近では、博士課程やポスドクの学生(少なくとも53人、これまでに100人)に彼の特殊な理論を教えています。生物兵器の攻撃方法を大学で教えるのは異常としか言いようがありません。

 

この263ページの論文は、中国政府が所有する出版社である中国軍医科学出版社から発行されたもので、PLAの総兵站部が管理しています。

 

私はこの記事を調査する中で、国務省の上級情報筋がこの本を入手し、分析したことを確認しました。2020年5月に行われたコロナウイルスの起源に関する調査では、マイク・ポンペオ元国務長官と彼のチーフトレーナー・アドバイザーであるマイルズが、2月に執筆したウォール・ストリート・ジャーナルの素晴らしい寄稿文の中で、この記事に言及しています。彼らによると、2015年のPLAの研究では、2003年のSARSコロナウイルスの発生を、外国軍が打ち出した現代の遺伝子兵器と認識しています(※2年後に石正麗が陰謀論を打ち砕いた)。

 

中国の反体制派コミュニティの間でネット配信されたこの論文は、ルーク・デ・プロフィット氏のデスクで紹介されました。彼はInter parliamentary Alliance on China(中国に関する議会同盟)のコーディネーターで、中国の人権侵害に対する認識を高めるために昨年設立されたグローバルなグループです。彼は私に、「もしこの文書が、中国共産党のトップリーダーに助言を与える人々の科学的思考を代表するものであるならば、非常に深刻な問題であり、早急に答えを出す必要がある」と言った。

 

この文書をはじめ、中国の生物兵器研究プログラムに関する多くの情報は、私が執筆した『武漢で本当に起こったこと』という本の中で紹介されています。今年の9月にハーパーコリンズ社から出版されます。現在、ブックトピアで予約注文が可能です。買いたい方は、もちろん買った方がいいと思いますが、私のツイッターのページの一番上にリンクがあります。そして、「What really happened in Wu Han and booktopia」をググってみてください。


■翻訳:山田

■オリジナル記事

https://www.skynews.com.au/details/_6253329329001、2021年5月14日アクセス