· 

【見世物】小雪太夫「蛇食い芸で話題を集めた平成の女性見世物芸人」

小雪太夫/ Koyuki Dayu

蛇食い芸で話題を集めた平成の女性見世物芸人


小雪太夫。YouTubeより(https://youtu.be/_rKS11KMJ4A)
小雪太夫。YouTubeより(https://youtu.be/_rKS11KMJ4A)

概要


小雪太夫は日本の見世物芸人。2003年から2013年の間、おもに花園神社で毎年11月に開催される「大酉祭」で、大寅興行社が運営している見世物小屋で蛇を食べる芸をして話題を集めていた女性である。師匠は同興行社のお峰太夫。

 

赤襦袢に黒髪パッツン、白塗りの現代的なアングラ・サブカル女性の容姿で話題を集めていた。蛇食い芸のほかに、鼻から口へ鎖を通したり、火吹き芸、札当て芸などもしている。

 

元はアングラ劇団「ゴキブリコンビナート」でセロトニン瘍子という名前で活動していたが、同劇団とは現在決裂している。

 

セロトニン瘍子(1979年7月1日生まれ)は埼玉県出身の役者。1999年にゴキブリコンビナートに参加。同劇団の作品『ロワゾブル~譫妄篇』、『腑恥屠魔屠紗羅唾記念日』、『報復ファンタジア』に出演している。当初は本名を使っていたが、セリフ上本名ではつまらないので、主宰のDr.エクアドルが彼女が鬱病患者であることからセロトニン瘍子と名付けたという。

 

2013年以後は、彼女は失踪という形で姿を消し、現在は活動していないが、彼女の過去のパフォーマンス映像はYouTubeに多数にアップロードされている。

あわせて読みたい

可坊(馬鹿)

缶児(四股欠損)

ダルマ男(四股欠損)

熊女(多毛症)

花咲男(屁芸)

逆さ首(脳性麻痺)

鬼娘(口裂け)

目出小僧(目出男)

眼力太郎(目出男)

猩猩兄弟(アルビノ)

岩本梅吉(足芸)

蛇小僧(魚鱗癬)

熊童子(多毛症)

有光伸男(人間ポンプ)

小雪太夫(蛇食い)