· 

【漫画】山田花子「自殺した幻の女性漫画家」

山田花子 / Hanako Yamada

自殺した幻のガロ系女性漫画家


概要


生年月日 1967年6月10日
死没月日 1992年5月24日(24歳)
出身 東京都
活動媒体 漫画
ムーブメント ガロ系

 

山田花子(1967年6月10日-1992年5月24日)は、日本の漫画家。ガロ系。自身のいじめ体験をもとにしたブラックユーモアの作風で知られる。

 

中学2年のときに、いじめに遭い、自殺未遂。人間不信に陥る。漫画家を目指し、講談社『なかよし』に投稿して入選する。短期間『なかよしデラックス』に「裏町かもめ」というペンネームで連載。

 

10代なかばに「ガロ」に出会い、根本敬、蛭子能収、丸尾末広花輪和一、鈴木翁二、鴨沢祐仁、井口慎吾等の作品を愛読。とくに根本敬に強く影響を受ける。1989年に「ガロ」に入選し、以降、毎月「ガロ」に発表する。

 

1992年、24歳のとき精神分裂病を発症し、入院。2ヵ月半の入院生活を経て5月23日に退院。翌24日夕刻、団地11階から投身自殺。24歳没。

年譜表


■1967年(0歳)

6月10日、御茶ノ水・三楽病院で高市俊皓、裕子の長女として生まれる。大人しく、よく眠る赤ん坊であった。

 

■1970年(3歳)

世田谷区経堂から、多摩市の公団住宅へ転居。車のセールスマン(後に著述業に転身)の父、小学校教師の母、一歳下の妹、祖母、叔母との6人家族。

 

■1971年(4歳)

桜ヶ丘第一保育園入園。昆虫図鑑と動物図鑑、絵本(佐々木マキ著『やっぱりオオカミ』)を眺めて暮らす。画用紙を束ねホチキスで綴じ、リスを主人公にした絵本を何作も創る。一人で玩具で遊ぶ時も、物語を作りながら遊んでいた。

 

■1973年(6歳)〜

多摩市立竜ヶ峰小学校入学。水木しげる、赤塚不二夫、楳図かずお、日野日出志、ジョージ秋山等を愛読する漫画好きの子ども。友人と合奏や劇の創作、漫画本創り、イタズラ等をして遊ぶ。

 

■1979年(12歳)〜

多摩市立和田中学校入学。中2の時、いじめに遭い、自殺未遂。人間不信に陥る。漫画家を目指し、講談社『なかよし』に投稿、入選。短期間『なかよしデラックス』に「裏町かもめ」というペンネームで連載。

 

■1982年(15歳)〜

私立立川女子高校入学。ほとんど学校へは行かず、家で寝込む日々が続く。一年で中退。

 

この頃、ガロを知る。根本敬、蛭子能収、丸尾末広、花輪和一、鈴木翁二、鴨沢祐仁、井口慎吾等の作品を愛読。とくに根本敬に強く影響を受ける。

ガロに何度も投稿、落選。漫画家を諦めようかと思ってい時、高杉弾の影響で編集を志す。編集デザインの専門学校への入学資格を得るため、バイトをしながら通信教育を受け、18歳で大検に合格する。

 

長谷川集平の絵本学校へ通う。級友と同人誌『天国』を創る。

 

■1985年(18歳)〜

日本デザイン専門学校グラフィックデザイン科に入学。

筋肉少女帯、原マスミ、あがた森魚、戸川純、とうじ魔とうじ、根本敬の名盤解放同盟のライブに通う。

 

■1987年(20歳)〜

妹とバンド『グラジオラス』結成。自作の歌のキーボードを弾きながら唄う。ライブハウスに2回程度出演。個人誌『グラジオラス』を創る。

専門学校卒業間際に、講談社『ヤングマガジン』のちばてつや賞に入選。同誌に『神の悪フザケ』を連載。(蓮蕾終了後にはコラムを連載)

 

■1989年(22歳)〜

『男心』でガロ8月号に登場。(以来92年2・3月号まで、毎月作品を発表)講談社から初の単行本『神の悪フザケ』を出版。90年には青林堂から2作目『嘆きの天使』を出版。

 

石丸元章のラジオ番組に出演、自作の漫画を朗読する。91年劇団『健康』から脚本の依頼。映画『無能の人』に出演。TVK『ファンキートマト91』根本敬の『世紀末特殊漫画教室』、日本テレビ『元気が出るTV』に出演。白夜書房のパーティで一人コントを演じる。

 

91年秋頃、「漫画描く気力がない」と妹に漏らす。

頻繁にメモを付ける、話している途中突然立ち去る等の奇行が目立つ。日記に「友人も恋人も親も兄弟もいらない。自分は天涯孤独でいい」とある。

 

■1992年(24歳)

3月4日、精神分裂病の為入院。軽いので3ヶ月程の入院で治るとの医師の診断。

 

5月23日退院。実家へ戻る。「漫画は当分描かない」と仕事の道具をアパートへ置きに行く。翌24日夕刻、高層団地の11階から投身、死去。