· 

【War Room】歴史的事件!ランド・ポールに嘘をついた後「ファウチは死んだ」

歴史的事件!ランド・ポールに嘘をついた後「ファウチは死んだ」

ファウチの中国の機能獲得研究支援を問いただすランド・ポール上議員

5月11日火曜日の議会公聴会で共和党のランド・ポール上議員がファウチ博士とCOVID-19の起源や機能獲得研究に関する激しい言葉の応酬を交わした。7分間の映像だが、これは歴史に残る出来事だ。ファウチは今日、大きな白い嘘をついて終わった。彼は7分間の映像の中で、「武漢研究室での機能獲得研究に資金を提供したことはない」と嘘を言った。


バノン:今日の国会議事堂では、2020年1月の第3週にこの番組で話したことを投げかけている。

 

2020年26日と27日とピーター・ナヴァロがファウチ博士が機能獲得研究を行っている事を話した。5月11日火曜日の議会公聴会で共和党のランド・ポール上議員がファウチ博士とCOVID-19の起源や機能獲得研究に関する激しい言葉の応酬を交わした。

 

ナヴァロ:さて、ここではみんなに見てもらいたい映像を全部流すことにします。はい、7分間の映像です。これは歴史に残る出来事だ。ファウチは今日、大きな白い嘘をついた。彼は7分間の映像の中で、スティーブが言う大きな白い嘘、「武漢研究室での機能獲得研究に資金を提供したことはない」というものです。大嘘です。なぜならば、彼は資金提供した2人にお金を渡していたからです。ラルフ・バリックはノースカロライナ州の教授です。そしてピーター・ダザック

 

バノン:待て、待て、待て。それは白い嘘ではない。彼らが何度も質問した石コロで、ジャガイモ、ジャガイモのように石コロなんだ。

ナヴァロ:さて、それではクリップの最初の1分ちょうどのところで、ポールが機能獲得研究でバリックとコウモリ女が協力していることを問い詰める。そして、1分50秒頃、ここでファウチは嘘をつき、バリックが機能獲得研究をしていることを否定するような嘘をついている。それではクリップを再生します。

ファウチを攻め立てるポール上議員


ポール:パンデミックが武漢研究室で始まったのか、それとも自然に進化したのかはわかりませんが、このパンデミックで300万人が亡くなった。そのためには、あらゆる可能性を探ってみるべきだと思います。

 

機能獲得研究に対してずっと関心のある政府当局が、そこでは研究はないと言います。機能獲得研究とは、ご存知のように、自然に発生した動物のウイルスを改造にして人間に感染させる研究です。真実を知るためには、アメリカ政府は、武漢ウイルス研究所がこのコロナウイルスを強化する機能獲得研究を行っていたことを認めるべきである。

 

スーパーウイルスを作って人間に感染させる能力を高めることはほとんど人は知らない。しかし、アメリカの科学者たちは、動物のウイルスを変異させて人間に感染させる方法を昔から知っていました。米国のウイルス学者であるラルフ・バリック博士は、武漢ウイルス研究所の石博士と共同研究を行っています

 

また、スーパーウイルスの作成方法についての発見を共有し、この機能獲得のための研究はNIHから資金提供を受けています。米国と武漢ウイルス研究所の協力関係は続いている。バリック博士と彼女は共同で、致命的なSARSウイルスを骨組みにコウモリウイルスのスパイクタンパク質を挿入しました。そして、この人工的に作られたスーパーウイルスを使って、人間の気道細胞に感染させた。

 

ちょっと考えてみてください。SARSウイルスの死亡率は15%でしたが 私たちは死亡率1%程度のパンデミックと戦っています。想像してみてください。SARSウイルスを改造して、スパイクタンパクにウイルスタンパクを加えたものがあります。それが誤って放出されたとしたら。ファウチ博士、あなたはまだNIHの研究室への資金提供を支援していますか?

 

ファウチ:ポール上院議員、お言葉ですが、あなたは完全に、完全に、完全に間違っています。NIHがこれまでも、そして現在も、武漢研究所の機能獲得研究に資金を提供していないのです

 

ポール:バリック博士は?

 

ファウチ:バリック博士は、機能獲得研究をしているわけではありませんし、もしそうであっても、それはガイドラインに沿ったものでノースカロライナ州で進められていますが、中国ではしていません

 

ポール:バリック博士は武漢研究所から入手したウイルスのスパイクタンパク質を、SARSウイルスの機能獲得のために使用した。

 

ファウチ:違います。

 

ポール:少なくとも200人の科学者が、ケンブリッジのワーキンググループからの声明に署名し、「機能の獲得」を表明しています。

 

ファウチ:そうではなく、助成金を見ても、進捗報告を見ても、事実にもかかわらず機能獲得研究はしていないのです。

 

ポール:報告では武漢研究所にお金を送っています。

 

ファウチ:私たちは武漢に資金を送っていません。

 

ポール:報告書ではあなたの指導の下、私たちが行ったお金の送金は、エコヘルス・アライアンスを介して行われていましたが、これは代理機関であり補助金でした。武漢研究所に投入されていたNIHからの資金を支援していますか?

 

ファウチ:なぜそうなったのか、説明しましょう。SARS COVID19は中国のコウモリから発生しました。コウモリのウイルスや海鮮市場を調査しなかったのは、私たちにとって無責任なことでした。

 

ポール:中国政府からの情報を信頼することはできないかもしれません、この信じられないほど危険なウイルスについて、あなたのような政府の科学者は機能獲得研究を支持しています

 

ファウチ:私は中国の機能獲得研究を支持していません。それは間違いです。

 

ポール:あなたのような機能獲得の擁護科学者が、COVID-19の突然変異はランダムであり、人工ウイルスではないと言います。しかし、興味深いことに、バリック博士が開発した技術では、細胞培養を連続して行うことで、自然に近い形で突然変異を起こさせることができます。実際にバリック博士は「no-see-um」技術と呼んでいます。

 

ニューヨーク・マガジンのニコラス・バッカー氏は、ウイルスが実験室で作られたものなのか、自然の中で育ったものなのか、誰にもわからないと述べています。

 

あなたを含むアメリカの当事者は、COVID-19が実験室から脱走した可能性を明確に否定していますが、石博士と武漢研究所はそうは思っていませんでした。ニコラス・ベーカー氏によると、石博士は、この新種のウイルスが自分の研究所から流出したものではないかと考え、石博士は必死に記録を調べたが、一致するものはなかったというので、私の心の重荷が下りたと話しています。彼女によると、私は何日も寝ていない。武漢研究所の院長が、私たちの研究室に原因があるかもしれないと思うと怖くて眠れなかったといってるんですよ。

 

機能獲得研究の提唱者であるバリック博士は、武漢研究所が抱えている最大の問題は、発生場所が近接していることだと認めていますが、バリック博士はこれに答えました。研究所からの流出を排除できるか......この場合の答えは、おそらくないでしょう。この科学者グループの前で、COVID-19は実験室での連続継代では発生し得なかったと断言できますか。

 

ファウチ:中国人が何をしたのか、私は一切把握していませんし、中国で起こったことをさらに調査することには全面的に賛成です。しかし、繰り返しますが、NIH、そしてNIHDは、武漢研究所で行われる機能獲得研究をするための資金提供は断じて行っていません

 

ポール:アメリカでは11の研究所がこれを行っていますが、あなた方はこれを許可しています。私たちは委員会を設置していますが、委員会はすべての免除を許可しています。死亡率15%のスーパーウイルスを作ることを許しているのか? これは非常に危険なことであり、これを中国と共有したのは大きな間違いであり、また、これを米国内で継続させるのは大きな間違いです。

 

ファウチ:ウイルスがどこから来たのかを調査することには全面的に賛成です。しかし、繰り返しになりますが、私たちは武漢ウイルス研究所でのこのウイルスに関する機能の研究に資金を提供していません

 

ポール:石博士とバリック博士が共同で行った機能獲得研究の記録があります。SARSウイルスを強化してヒト気道細胞に感染させ、そこに新しいスパイクタンパク質を結合させて機能させるというもので、これは武漢研究所とバレット博士の共同研究でした。あなたはこれを否定できない。

バノン:さて、そこのところ。言葉を解析してみよう。それは白い嘘ではない。白い嘘とは、意味のない言葉のことです。これは嘘だ。ファウチを追い詰めました。経歴はないですがランド・ポールは議会で最も賢く容赦のない男です。


■翻訳:山田