【俳優】アンジェロ・ロシット「映画やTVドラマで活躍した小人症俳優」

アンジェロ・ロシット/ Angelo Rossitto

映画やTVドラマで活躍した小人症俳優


概要


生年月日 1908年2月18日
死没月日 1991年9月21日
国籍 アメリカ
職業 俳優

アンジェロ・サルヴァトーレ・ロシット(1908年2月18日-1991年9月21日)はアメリカの小人症俳優、声優。身長89cm。"リトル・アンジー"や"モエ"の売り文句で活躍。おもに映画やTVドラマで俳優として活躍した。

 

アンジェロはサイレント映画で俳優としてデビューし、以後70本以上の映画に出演し、ドワーフ、小人、モンスター、悪役、宇宙人などさまざまな役柄を演じている。

 

ロシットはネブラスカ州オマハで生まれた。当時の映画スターであるジョン・バリモアの目に留まりスカウトされ、1927年に『愛する悪党』でドワーフ役で映画デビュー。同年にワーナー・ブラザーズの映画『旧サンフランシスコ』にも出演している。1932年には議論を巻き起こしたトッド・ブラウニングの映画『フリークス』に出演する。1940年代になるとルゴシ・ベーラ主演のポヴァティ・ロウ的作品群に多数出演した。

 

ロシットはテレビドラマにもよく現れている。代表作品は警察ドラマ『バレッタ』。最後に出演した有名作品は、メル・ギブスン主演の『マッドマックス』である。


あわせて読みたい

ドール・ファミリー(小人症)

デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン(結合双生児)

シュリッツ(小頭症)

ジップ&ピップ(小頭症)

クー・クー(ゼッケル症候群)

ジョセフィーヌ・ジョセフ(半陰陽者)

フランス・オコナー(腕のない少女)

ランディアン王子(四股欠損)

ジョニー・エック(下半身欠損)

アンジェロ(小人症)

オルガ・ロデリック(ヒゲ女)

ピーター・ロビンソン(骨人間)

エリザベス・グリーン(鳥女)