· 

ゼフ・ゼレンコ博士インタビュー「2020年8月4日:ヒドロキシクロロキンが緊急使用許可を取れない理由」書き起こし(前半)


-ゼフ・ゼレンコ医師、今日はお越しいただきありがとうございます。

 

ゼレンコ:およびいただきありがとうございます。とても光栄です。

 

-ゼフ医師、今日一番大きなニュースはCOVID-19のワクチンの緊急使用許可にFDAが許可を出す際の検討事項が公開されたことだと思います。これはFDAの内部文書です。あなたは今朝このことについてツイートしました。とても気になるのは、どうやらお金が稼げるワクチンに対しては「ゲームチェンジャー」になるかもしれない、特許の切れた70年間使われている薬とは別の基準があるようだということです。このことにつていお話いただけたらと思います。なぜなら、大統領は自分の政権内のFDAに遊ばれていると気づく必要があると思うからです。

 

ゼレンコ:まず最初にアメリカ国民全員を安心させたいと思います。パニックになる理由はありません。私たちは効果がある治療法があります。安全で効果がある治療法です。予防する良い方法もあります。国全体に適用されれば私たちは今すぐ経済を再開させることができます。パンデミックはもうCOVID-19のせいではありません。パンデミックは国民の信頼に背いている特定の人々の嘘によって作り出されています

 

さて、明るみに出てきた内部文書に関してですが、これはFDAの文書です。後で投稿します。そこには、治療法の緊急使用許可を得るための基準が書いてあります。説明したいポイントが2つあります。1つは基準を得る前ににその薬はどのような効果があるのか、もう1つは緊急使用許可を得るためには、他に使用できる薬がないこと、つまり緊急使用許可を得られない場合は、FDAの通常のプロセスに合格しなければなりません。これは一方しか許可されません。

 

もし、ヒドロキシクロロキンにいくらか効果があれば、ファウチ博士によると、それは基準を満たしているのです。彼はアメリカ国民に最大の嘘をついています。FDAの許可を得るためには、ランダム化比較試験が必要だという嘘をついています。それは事実ではありません。そのような前例は過去に一度もありません。今までその基準を満たした治療法はほぼありません。これは状況を完全に混乱させるための人為的な妨害です。

 

事実はこうです。とてもシンプルです。突き詰めると真実は1つで、今起きていることはとてもシンプルです。ヒドロキシクロロキンと亜鉛の組み合わせは、亜鉛はとても重要です。覚えておいてください。この組み合わせは非常によく効きます。私は自分のデータを公表しました。誰でも見ることができます。信じられないほどの結果です。入院する確率は84%減少します。死亡率の減少は原則的に90%です。これを世界に当てはめてみると、もしくは少なくとも国内で当てはめた場合、COVID-19を他の効果的な治療ができる感染症に換算すると経済活動を止める理由はありません。15万人以上の死亡者が出る理由はありません。

 

これが起きている理由の唯一は、ファウチ博士や彼が代表している組織は、ヒドロキシクロロキンに緊急使用許可を得てほしくないのです。FDAの基準を読むと、適切で承認された使用可能な代替手段がないことと書いてあります。つまり、ヒドロキシクロロキンが使用可能になると、レムデシビルやワクチンのような薬は、FDA自身の内部の基準によると緊急使用許可を得られなくなってしまうのです。15万人のアメリカ国民が死亡しました。なぜなら、ファウチ博士のような人々が、レムデシビルやワクチンのような薬を押し通そうとしてきたからです。これらの薬はお金を稼いでくれる薬であり、1錠50セントの薬ではないからです。

 

-恐ろしい話ですね、ドクター。大手製薬会社とFDAやCDCは協力して使用可能になったときに新たな特許を取れる治療薬を押し進めているという事実があるように見えます。アモキシシリンと同じですよね。リッシュ博士が完璧な例を示してくれました。アモキシシリンはランダム化比較試験をしたことがないけれども連鎖球菌性喉頭炎を治療するため毎日使用していると、特許を取れる治療薬でもありません。彼らは間違いなく新しい高価なバージョンのアモキシシリンを探しているでしょう。

 

すみません、ゼレンコ医師、少しコメントしたいと思います。この緊急使用許可とあなたが言及した2つのポイントについてもう一度説明していただけますか?私にはこれはかなり大きな爆弾ニュースに見えます。あなたが話している文書、あなたが話している緊急使用許可について、1つ目はその薬にはどのような効果があるのか、2つ目はこの環境の中で他に効果があるワクチンとなる薬がないこと。

 

ゼレンコ:そうです。どのような効果があるのかという基準はFDA内部の基準によると、「効く可能性がある」です。ランダム化比較試験が必要とは言っていません。その試験が必要な薬はありません。これはファウチ博士と彼の基準による巧妙な嘘キャンペーンです。アメリカ国民を混乱させ、ヒドロキシクロロキンは治療と安全性と有効性の基準に満たないと思わせるためのものです。ヒドロキシクロロキンはその基準を上回っています。かなり上回っています。もう一度繰り返しますが、どちらか一方しか許可されないのです。もし効果的な治療法があれば、実際はありますが、ヒドロキシクロロキン・亜鉛・アジスロマイシンなどの抗生物質です。つまり、これは使用可能な代替薬なのです。そしてFDA内部の基準によると他の薬は緊急使用許可を得られないのです。レムデシビルとワクチンは要件を満たしていないのです。

 

-ドクター、これは巨大なニュースです。補足で質問したいと思います。あなたはすでに言及してくれましたが、明確にするためにお伺いします。すべてにおいてファウチ博士が役割を果たしています。私たちや視聴者に明確にするためにお伺いします。あなたはこの人物がどこからこの争点を持ってきたと思いますか?彼はアメリカ国民に故意に嘘をついていると思いますか?

 

ゼレンコ:はい、彼はアメリカ国民に故意に嘘をついています。彼の役割は、彼は公衆に仕える、公衆の利益を最優先して行動するという誓いを持っています。しかし、彼はそうしていません。彼は彼の後ろにいる人、彼に出資している人、彼を支持している人の利益を最優先して行動しています。彼のしてきたことは、アメリカ国民を売り渡してきたのです。もし、ファウチ博士が道徳的に正しいことをしていたら。

 

-ドクター、質問したいことがあります。これはとても重要だと思います。私たちはヒドロキシクロロキンを使ってきた世界中の医師と話をしてきました。ファウチ博士とFDAが出てきてヒドロキシクロロキンはとても危険だといったとき、プロとして25年間の経験があり、マラリア治療のために多くの患者にこの薬を与えてきたアフリカの医師でさえ、COVID-19で苦しんでいる人々にヒドロキシクロロキンを処方するのをためらっています。

ラテンアメリカでも同じことが起きています。具体的にはブラジルでも起きています。ブラジルのヒドロキシクロロキン反対派はブラジル国内でより広く流通させるのを反対する根拠としてファウチ博士を利用しています。FDAのハン長官も利用しています。文字通り、世界中の何十億人の人は彼らが正しいことをするのを待っています。恐ろしいのは、私たちがいるここアメリカ合衆国は、科学においてリーダーであるはずなのに、この状況の問題の一部になっているということです。これはアメリカだけでなく世界にとってどれだけ重要なことかお話しただけたらと思います。

 

ゼレンコ:WHOはランセットに公表され、後にその研究は詐欺だったとして撤回された研究をもとにヒドロキシクロロキンの支持を取り消しました。つまり、ランセットが精査し査読したはずのその研究は詐欺だったのです。しかし、WHOはヒドロキシクロロキンの支持を取り消す根拠としてその研究を使ったのです。私は7カ国の政府に助言してきました。彼らはどのようにCOVID-19に対応したらいいのか私に助言を求めてきました。ブラジルも含まれています。WHOの取り消しは基本的に国が正しいことをするための政治のサポートと政治の意志を取り除きました。悲劇的です。わかりませんが、私の意見では100万人以上の人は死ぬ必要はなかったと思います。他の事を言わせてください。とても興味深いことです。FDAはヒドロキシクロロキンの緊急使用許可を取り消しました。彼らが取り消した根拠の詳細を見ると、詐欺のランセットの研究であり、取り消しはその研究が撤回された「後に」行われました。