· 

【世界のシリアルキラー】ヴェラ・レンチ「病的な嫉妬心と猜疑心の連続毒殺魔」

ヴェラ・レンチ / Vera Renczi

病的な嫉妬心と猜疑心の連続毒殺魔


概要


生年月日 1850s〜1870s
活動国 モロッコ
確定犠牲者 36
推定犠牲死者 36人以上
活動期間 1985-2005

ヴェラ・レンチはルーマニアの連続殺人犯。「黒い未亡人」または「ベルケレクルのシャトレーヌ」と呼ばれている。1920年代に2人の夫、複数の愛人、息子を含む35人をヒ素で毒殺したと自供しているが、架空の物語の可能性があるという。

 

オットー・トリーシャスが米国で発表した最古の報告書は1925年5月のものである。この記事は、参考文献に名前を挙げることなく、読者からの手紙を基にしている。レンチの話は何度も上がっているが、彼女の出生、結婚、逮捕、有罪判決、投獄、死亡などの具体的な日付など、詳細は生い立ちや殺人プロセスが明らかにされていない。

 

ほとんどの情報源では、殺人事件はユーゴスラビア(現在のセルビア)のベルケレクール、または1946年にズレンジャニンと名前を変えたベチケレクで起こったとされているが、ベルケレクール(Berkerekul)という綴りはこの都市についてはよくわかっていない。

 

1972年、ギネスブックには、20世紀初頭のオーストリア・ハンガリー帝国でレンチによって35人が殺害されたという主張を裏付ける明確な証拠が見つからなかったという。

幼少期


いくつかの証言によると、レンチは1903年にブカレストで生まれたことになっている、彼女の主張している犯罪の日付を考えると、19世紀後半がより適切であろう。

 

彼女の生い立ちに関する検証可能な証拠書類は少ない。13歳の時に母親を亡くした彼女は、父親と一緒に北ユーゴスラビアのヴォイヴォディナにあるベシケレキュラーマーレ(現在のズレンジャニン)に移り住み、全寮制の学校に通っていた。

 

15歳になるまでに、彼女は手に負えなくなり、自分よりもかなり年上の彼氏と頻繁に家出をしていた。幼少期の友人によれば、彼女はいつも一定の男性と病的な交友欲があり、さらに嫉妬心と猜疑心の強い性格だったという。

 

20歳になる少し前に、彼女の最初の結婚相手はオーストリアの裕福な銀行家、カール・シックは、彼女の何年も年上の人だった。二人の間にはロレンツォと呼ばれる子供が生まれた。

 

夫が働いている間、毎日のように家に置き去りにされていたレンツィは、夫が浮気をしているのではないかと疑うようになった。ある晩、レンツィは嫉妬に駆られて夕食のワインにヒ素を入れ殺した。家族や友人、近所の人たちに、彼が彼女と息子を捨てて駆け落ちして蒸発したことを話し始めた。

 

約1年の夫の失踪を経て、その後、疎遠になっていたはずの夫が交通事故で亡くなったという知らせを聞いたと話した。

殺人事件


最初の夫の "自動車事故 "のニュースを聞いた直後、レンツィは自分の年齢に近い男性と再婚した。しかし、この関係は波乱に満ちたものであり、レンツィは新しい夫が不倫関係にあったという疑惑に再び悩まされることになる。

 

結婚のわずか数ヶ月後に男が消えて、レンツィはその後、以前と同じく夫は自分を捨て失踪したことを友人や家族に語った。1年が経過した後、彼女は夫から永遠に彼女と別れるつもりであることを宣言する手紙を受け取ったという。これが最後の結婚だった。

 

レンツィはその後再婚しなかったが、既婚男性との密かな浮気や公然とした浮気を繰り返していた。男性は様々な経歴や社会的地位の人たちであった。すべての男性は、彼女と恋愛関係になった後、数ヶ月、数週間、場合によっては数日で姿を消した。

 

自身と浮気を公然としている男性と関わると、自身が誘っているにも関わらず彼女は必ず「浮気している」「彼女を見捨てた」という話を頭で膨らませ殺意を抱いてしまう

 

ある晩、レンツィの愛人の妻が彼を尾行してレンツィの家に行き、その後その男が家に帰らなくなった後、警察に失踪を調査を依頼する。レンチのワインセラーを捜索したところ、32個の埋葬されていない亜鉛の裏地付きの棺が発見された。

 

レンチは逮捕され、警察に連行され、彼女は32人の男性が彼女に浮気をしていると疑ったときや、彼女への関心が薄れていると信じたときにヒ素で毒を盛ったことを告白した。彼女はまた、時折、棺桶に囲まれた肘掛け椅子に座るのが好きだったことを警察に告白した。

 

レンチはまた、2人の夫と息子のロレンツォを殺害したことも告白した。ある日、息子が彼女に会いに来たとき、彼は偶然にも彼女のワインセラーで棺を発見してしまう。彼女を脅迫して、その後、息子に毒を盛って殺したと警察に話している。

 

彼女は35人の殺人罪で有罪判決を受け、無期懲役を言い渡され、その後死亡した。レンツィの話がジョセフ・ケッセルリングの戯曲『ヒ素と古いレース』に影響を与えたのではないかと推測する人もいるが、これは誤りである。劇作家がモデルとしたのはエイミー・アーチャー・ギリガン事件だった。

 

2005年、ディスカバリーチャンネルの3部構成のシリーズ「Deadly Women」で、FBI捜査官や犯罪プロファイラーのキャンディス・デロング、法医学病理学者による再演や解説を通して、レンチの歴史が再構成された。

 

レンチは、"強迫観念 "と題されたシリーズの最初のエピソードで紹介され、彼女は "1930年代にルーマニアのブカレストで "犠牲者を殺したと説明された。彼女の動機については、「現代の分析によると、彼女は単に愛を探していただけだと思われる」との声がある。

 

2012年3月17日、デイリーミラー紙にレンツィの描写が掲載されたが、2004年の間違った写真であることが判明し、謝罪文が掲載された。

 

注目すべきは、レンチ事件に関するすべての報道は、当時発行されていた米国の雑誌に掲載されていた単一の情報源にまで遡ることができ、事件が起こったとされる地域では広範な調査にもかかわらず、現在までに現地によるオリジナルの情報源は発見されていないということである。

 

そのような記録は、その間の地域の政治的混乱の中で失われたか、あるいはフィクションの作品であった可能性がある。


■参考文献

・https://en.wikipedia.org/wiki/Vera_Renczi、2020年7月9日アクセス