· 

雨傘運動「2014年香港民主主義デモ」

雨傘運動 / Umbrella Movement

2014年香港民主主義デモ


Umbrella banner, Admiralty, Hong Kong, 29 September 2014
Umbrella banner, Admiralty, Hong Kong, 29 September 2014

概要


日付 2014年9月28日-2014年12月15日(79日間)
場所 香港の銅鑼湾、旺角、金鐘
原因 香港での普通選挙制度を変更する中国本土の決議
おもな参加団体

・学民思潮

・香港学生連盟

・愛と平和による中環占領(OCLP) 

雨傘運動の共通シンボル
雨傘運動の共通シンボル

雨傘運動は2014年の香港民主主義デモ時から現れた政治運動。

 

「雨傘運動」という名称は、2014年の香港における79日間にわたるデモの際に、香港警察がデモ隊向け放っていた催涙スプレーから身を守る手段として傘を使用したことを由来としている。

 

デモは2014年8月31日の2017年香港特別行政区行政長官選挙における選挙制度変更の決議がきっかけで発生した。

 

「一国二制度」のもと、高度な自治が認められている香港では、次回2017年香港特別行政区行政長官選挙から1人1票の「普通選挙」が導入される予定であった。

 

ところが中国の全国人民代表大会常務委員会(NPCSC)は2014年8月31日、行政長官候補は指名委員会の過半数の支持が必要であり、候補は2-3人に限定すると決定した。

 

雨傘運動は、2014年9月26日から始まった抗議に参加した数万人の個人で構成されたもので、学民思潮、香港学生連盟、愛と平和による中環占領(OCLP) などの団体が、おもにNPCSCの決議撤回の要求を推進した。

 

 

2014年の抗議活動の開始以来運動活動家たちは、中国本土における活動家とその家族たちが長い間受けてきた嫌がらせとよく似たことが起きていると訴えたが、活動家たちは抗議行為への参加で起訴され、投獄された。