· 

米軍陸軍大佐:COVID-19パンデミックは中国の研究所起源の可能性

米軍陸軍大佐:COVID-19パンデミックは中国の研究所起源の可能性

ローレンス・セリン 2020年4月6日(月)投稿


COVID-19は、高親和性のヒトアンジオテンシン変換酵素-2(ACE2)受容体結合フーリン(多塩基性)切断部位特定の「オープンリーディングフレーム」由来のタンパク質など、いくつかの独特な特徴を備えており、これらすべてが単一の生物に集まって、非常に感染力が強く、しばしば致命的なウイルス構造になっている。

 

COVID-19は、ヒトに感染するコロナウイルス系列の7番目の種類である。

 

2002年から2003年にかけてパンデミックを引き起こしたSARS-CoVコロナウイルスもヒトのACE2受容体に結合するが、これまでに確認されているヒトに感染するコロナウイルス株の中には、COVID-19の直系、親類と呼ぶには十分な類似性を持つ動物は見つかっていない。

 

COVID-19と、主要メディアで多く引用されている論文で特定されたものを含む他のすべての祖先の候補とを比較したところ、フーリン切断部位を持つものはなかった。フーリン切断部位は、COVID-19の起源を探す際の目印になる可能性がある。

 

気候変動の議論とよく似ているが、COVID-19は動物から人間へと飛び移って自然に発生したものであり、武漢の海鮮市場で発生したものであることを証明しようとする主張は、政治的動機に基づくキャンペーンが行われているように思える。

 

中国政府を中心とした並々ならぬ努力と膨大な数の論文にもかかわらず、この自然由来説を直接、裏付ける証拠はまだほとんどない。

 

別の解釈としては、COVID-19が武漢の研究所から「漏れた」というものがある。

 

それは、例えばコウモリのコロナウイルスBtCoV/4991(GenBank KP876546)のような、未記載または完全には配列されていない天然のコロナウイルスの単離物として、あるいは、複数のウイルスの特性を組み合わせて製造された組換え体を、生きた動物の宿主に順次通過させたものである。

 

なお、中国のウイルス研究所から致命的なウイルスが「流出」したことは、過去に2つの事件がある。

 

2004年に中国で発生した重症急性呼吸器症候群(SARS-CoV)は、北京の研究所でウイルスの研究をしていた2人の研究者が関与していたと、世界保健機関(WHO)が2004年4月26日に発表し、米国疾病対策センターが確認した。

 

当時、北京にいたWHOのスポークスマン、ボブ・ディーツ氏は、「26歳の女性大学院生と31歳の男性ポスドクの2人が、明らかに2つの別々の出来事で感染したと思われる」と述べている。

 

合成生物学(synthetic biology)とは、生物学を工学的に利用して、自然界には存在しない生物学的なシステムを作り出すことであり、現在、世界中の研究室で広く利用されている。合成生物学は、新興の病気の治療法を提供するための迅速な対応プラットフォームとしてなど、多くの利点がある。

 

しかし、このような生物工学が規制されていない場合、治療法やワクチンを回避することが可能な複合型または「キメラ型」の新規ヒト病原性微生物が生成される可能性があり、それらが自然界に放出された場合、新しいウイルス体の自然発生的な突然変異によって種間の疾病伝播に劇的かつ永続的な影響を与える可能性がある。

 

コロナウイルスのキメラを作る技術が実証されている。2015年に米国国立衛生研究所が資金提供した武漢ウイルス研究所と米国の科学者との共同研究では、SHC014-CoVコロナウイルスと、2002年のパンデミックの原因となったコロナウイルスであるSARS-CoVをマウスに適応させた2つの異なるウイルスの特性がキメラとして結合させた。

 

このウイルスは、SHC014-MA15という新しいウイルス体で、著者らによると、「構造ベースのモデリングとシュードタイピング実験の両方からの予測にもかかわらず」予想外に、細胞培養(Vero細胞)で「生存し、高力価に複製され」、ヒト気道上皮(HAE)培養物(ヒト肺表面細胞)に感染することができ、「流行しているSARS-CoV Urbani株」に匹敵する「強固な複製を示した」という。

 

つまり、適切な出発コロナウイルス株があれば、理論的にはCOVID-19のようなキメラを製造することが可能である。

 

COVID-19によって引き起こされた病気、死亡、経済的破壊を考えると、中国のCOVID-19コロナウイルスの真の起源を確認するために、数百のコロナウイルス分離株に関する情報を含め、研究ファイルとデータベースを国際的な検査に完全に公開することは、中国政府の責任である。(オリジナル記事:ZeroHedge

山田Note

●COVID-19の特徴:ACE2フーリン切断部位オープンリーディングフレーム

●特にフーリン切断部位の存在は人工ウイルスの強力な根拠

●過去に2度中国のウイルス研究所からウイルスが流出したことがある

●合成生物学のメリット:新興の病気の治療法

●合成生物学のデメリット:生物兵器の開発

●2015年に米中共同でコロナウイルスのキメラを作っている→「ニコラス・ウェイドの記事参照