· 

【見世物】ランディアン王子「タバコを吸う芋虫男」

ランディアン王子 / Prince Randian

タバコを吸う芋虫男


概要


生年月日 1871年10月12日
死没月日 1934年12月29日
国籍 ガイアナ系アメリカ人
病名 テトラアメリア症候群
職業 見世物芸人

ランディアン王子(1871年10月12日-1934年12月19日)は「蛇男」「彫像男」「芋虫男」のニックネームで知られるガイアナ生まれのアメリカの見世物芸人。テトラアメリア症候群のため四股が欠損している。

 

ランディアン王子のパフォーマンスでよく知られているのは、口にくわえたマッチに火を起こし、タバコに点火するパフォーマンスである。1932年のトッド・ブラウニングの映画『フリークス』にも登場しており、パフォーマンスを披露している。

 

伝え話によれば、ランディアン王子は見世物興行師で有名なP・T・バーナムが1889年にアメリカへ連れてきて、18才のときにコニーアイランド・カーニバルやサーカスのサイドショーなどで、45年間パフォーマンスを行ったという。

個人情報


ランディアンはイギリス領ガイアナ時代のデメララで四股欠損状態で生まれた。ランディアンはヒンドゥー教徒で、ヒンドゥー語、英語、フランス語、ドイツ語を話すことができた。1917年4月14日からSSパリマ船の乗客名簿によれば、彼は以前カリブ海ヴァージン諸島にのセント・トーマス島の首都シャーロット・アマリーに住んでいたとされている。

 

サラ王女として知られる彼の妻(1872年生まれのヒンドゥー教の女性)との間に、3人の娘と1人の男の子をもうけている。子どもたちの名前は、長女メアリー・ランディアン(1893年生まれ)、長男リチャード・ランディアン(1901年生まれ)、次女エリザベス・ランディアン(1904年生まれ)、三女ウィルヘルミーナ・ライディアン(1904年生まれ)である。

 

1920年代、ランディアンはクラウス・アミューズメント・カンパニーで働いており、ニュージャージー州プレーンフィールドに住んでいた。王子と王女は死ぬまで、ニュージャージー州パターソン、ウォーター・ストリート174番地に住んでいた。

仕事に関すること


パフォーマンスを行う際、ランディアンはいつも自分の身体がすっぽり収まるワンピースのウール服を身に着け、芋虫や蛇、ジャガイモの姿を観客に連想させ、腰と肩を振りながら舞台のまわりを動いた。

 

彼の最もよく知られているパフォーマンスは口だけを使ってタバコを点火したり、回転させたりすることだが、筆やスタイラスを使って筆記や絵を描いたり、木製ブロックに固定したひげそりでヒゲをそるパフォーマンスも行なった。口だけでタバコに点火するパフォーマンスは映画『フリークス』で見ることができる。

 

パフォーマンス時に利用する小道具や材料は日頃は木箱に保管しており、その木箱は伝えによると彼自身で制作し、色を付け、さらに鍵をかけるようにされていたという。

晩年


ランディアンは1934年12月19日午前7時死去。63歳だった。ニュヨークのサム・ワグナー14番街での公園直後に心臓発作を起こしたという。