· 

【世界のシリアルキラー】ペドロ・ロドリゲス・フィーリョ「確信犯的正義のもと70人以上殺害した連続殺人犯」

ペドロ・ロドリゲス・フィーリョ / Pedro Rodrigues Filho

確信犯正義のもと70人以上殺害したシリアルキラー


概要


生年月日 1954年7月17日
活動国 ブラジル
確定犠牲者 71
推定犠牲者 71-100
活動期間 1967–2003

ペドロ・ロドリゲス・フィーリョ(1954年7月17日生まれ)は、ペドリニョ・マタドール(キラー・ピーティ)としても知られるブラジルの連続殺人鬼。

 

14歳で初めて人を殺し、その後少なくとも70人以上の殺害をしている。ロドリゲスは確信犯的正義のもと殺害するのが大半で、この点はほかの連続殺人犯と動機が異なる。

 

たとえば、初めの殺害は、父親に窃盗の疑いをかけた人物への怒りが動機で、2番目の殺しは本物の窃盗犯と疑われていた人物の殺害である。そのあとも、母親や恋人の敵討ち、自分の気に入らない罪(強姦など)で入所している同じ犯罪者を勝手な正義感のもで殺害を繰り返している。

 

しかし、「いびきがうるさい」という理由だけで同房者を殺したり、「顔が好きではない」という単純な理由だけで殺すこともよくあったので、当局に殺意を疑われないように左腕にわざと「快楽殺人」というタトゥーを入れてもいる。

 

精神科医たちは最終的に彼の殺害動機は「暴力的な自己肯定である」とし、彼を「被害妄想的で反社会的」な性格であると診断した。

 

重要ポイント

  • 確信犯的正義のもと殺人を犯す
  • 19歳で入所したあと人生の大半を刑務所で過ごす
  • 同房内の受刑者の殺人が大半である

逮捕前の連続殺人


ロドリゲスはミナス・ジェライスの南にあるサンタ・リタ・ド・サプーカイの農場で生まれた。父親が喧嘩中に妊娠中の母親のお腹を蹴っため、生まれつき頭蓋骨にアザができていたという。

 

彼は13歳の時に初めて殺意を覚えたという。年上のいとことの喧嘩で、サトウキビの搾り機に押し込み死なせかけた。

 

14歳の時、サンタ・リタ・ド・サプーカイ市の副市長を、学校の厨房から食べ物を盗んだとして告発された父親(学校の警備員)をクビにしたことを理由に、市役所の前で射殺した。

 

さらに、ロドリゲスは実際の泥棒であると疑われていた警備員も殺害し、その後、大サンパウロ都市圏のモジ・ダス・クルーゼスへ逃亡、そこでドラッグハウスで強盗をしたり、密売人の殺害を始めた。

 

ロドリゲスはすぐにマリア・アパレシダ・オリンピア(愛称:ボティーニャ)と出会い、一緒に暮らし始めた。 ロドリゲスは故人の職務を引き受けると、すぐに "強制的に "何人かのライバルを排除し、3人の元取り巻きを殺害した。ボティーニャがライバルのギャング組長に処刑されるまで、彼は一緒に住んでいた。

 

ロドリゲスは仲間のギャングを再編成して自分のビジネスを立ち上げる。その後、妊娠中の同伴者と胎児を殺害した相手の復讐で、何人もの人間を拷問して殺害し、犯人を突き止めようとしていた。

元妻に裏切られたライバルのギャングの組長は、結婚パーティーの最中にロドリゲスと4人の友人の訪問を受け、7人を殺害し16人の負傷者を残す。当時、ロドリゲスはまだ18歳にもなっていなかった。

 

その後、ロドリゲスは母親を21本のナタで殺した罪で、市の刑務所に投獄されていた父親を殺害する。ジャーナリストのマルセロ・レゼンデ氏のテレビインタビューによると、彼の復讐は残酷なもので22の刺し傷に加え、父親の心臓を切り裂き、一部を噛み砕き、吐き捨てたという。

逮捕後の刑務所内で殺人


ロドリゲスは1973年5月24日、19歳のときに初めて逮捕され、成人してからのほとんどの期間を刑務所で過ごした。以後、彼の連続殺人は刑務所内で行われる。

 

警察の記録によると、彼は一度、手錠をかけられたほかの囚人と搬送されたことがあり、警察が後部座席を開けるともう一人の囚人はすでに死んでいたという。ロドリゲスは、相手が強姦魔だったので、殺したという。

 

2003年、彼は126年の懲役を言い渡されたが、ブラジルの法律では30年以上の禁固刑が禁じられていた。しかし、精神病患者とみなされた場合は治療のために精神科施設で無期限に勾留することを許可されていた。

 

この規則は1990年11月8日の政令第99,678号によって廃止されたが、刑務所内で犯した犯罪のために彼の刑期をほぼ400年増え、実際の勾留は2017年まで延長された。

 

ロドリゲスは、手紙のやりとりで知り合った匿名の元囚人の恋人と人生をやり直す自由を得る。その女性は窃盗罪で12年服役した後、釈放され、タウバテ刑務所にいるロドリゲスを訪ねて面会していたという。

 

仲間の囚人たちによると、ロドリゲスがいた刑務所は囚人たち同士が殺し合う最も過酷なサバイバル刑務所で、多くが長く生き延びれないバトルロワイヤル生活のなかで奇跡的に生き延びたというロドリゲスは生き延びるために、何十人もの人を殺し、また負傷させたという。一度は5人の囚人に襲われたときがあった、そのうち3人を殺し、残りの2人を追い払ったという。

 

しかし、「いびきがうるさい」という理由だけで同房者を殺したり、「顔が好きではない」という理由だけで別の同房者を殺していた。

 

殺意を疑われないように、彼は左腕に「快楽殺人」というタトゥーを入れていたが、最近では別のタトゥーで上書きされている。

 

ロドリゲスは、精神科医によると他人への反省や思いやりのないためサイコパスと診断されたことがあるが、この診断には疑問がもたれている。サイコパスには思いやりの感情を芽生えることがないが、彼は母親や元ガールフレンドへ愛情を育み、彼女たちを殺した男(父やギャングのボス)を復讐のため殺している。

 

1982年に彼を分析した精神科医たちは、ロドリゲスの殺害動機は「暴力的な自己肯定である」と報告書を出し、彼を「被害妄想的で反社会的」な人格障害であると診断した。

 

出所と現在


 34年間服役した後、2007年4月24日に釈放された。国家安全保障軍からの情報によると、ロドリゲスは北東部、より正確にはセアラのフォルタレザに移ったという。

 

ロドリゲスは2011年9月14日、サンタ・カタリーナ州北部の海岸沿いにあるバルネアリオ・カンボリウの観光地で再逮捕された。2011年9月15日、ロドリゲスはサンタ・カタリーナ州沿岸のバルネアリオ・カンボリウで管理人として働いていた田舎の自宅で逮捕されたと地元メディアが報じている。

 

居場所を突き止めた民事警察官は「ペドリニョ・マタドールがカンボリウ市のある場所に潜伏しているという匿名の情報が入ってきました。この情報は、ペドリーニョがどこにいるのか、本当にそうなのか、より正確に場所を特定するために、情報を確認し、現地に移動して逮捕しました」と話している。

 

ロドリゲスは殺人事件の刑期を終えているが、犯罪捜査課のルアナ・バケス代議士によると、6つの暴動に参加したことと自由を奪ったことで2018年8月に再び刑を言い渡された。2018年に釈放された彼は、YouTubeチャンネルを持っていて、それらについて語っている。

 

 

ロドリゲスは長い年月を刑務所で過ごした後、現在は自由の身となっている。彼はこれまでと全く違う生活をしており、若者を犯罪から遠ざけることに生涯を費やしている


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Pedro_Rodrigues_Filho、2020年6月15日アクセス