· 

【世界のシリアルキラー】ペトロ・ロペス「300人以上の少女を殺害した「アンデスの怪物」」

ペトロ・ロペス / Pedro López

300人以上の少女を殺害した「アンデスの怪物」


概要


生年月日 1948年10月8日
愛称 アンデスの怪物
活動国 コロンビア、ペルー、エクアドル
確定犠牲者 110
推定犠牲者 300以上

ペドロ・アロンソ・ロペス(1948年10月8日生まれ)は、コロンビアの連続殺人鬼。110人の少女を殺害した罪で判決を受けているが、本人によればコロンビア、ペルー、エクアドルの各地で300人以上の少女を強姦して殺害したと主張している。

 

ロペスは1980年にエクアドルで警察に殺害した53人の埋葬場所を教え、「アンデスの怪物」として知られるようになった。犠牲者はすべて12歳の少女だった。1983年には、エクアドルで110人の少女を殺害した罪で有罪判決を受けた。さらにペルーとコロンビアでの240人の殺人事件を告白している。

 

地元の未発表の話とは別に、ロペスの大量殺人は、1980年にアンバト刑務所の独房でロペスにインタビューをした長年のフリーランスのフォトジャーナリスト、ロン・レイトナー氏のインタビューで初めて国際的に注目されはじめた。

 

レイトナーのインタビューは、1980年7月13日(日)のシカゴ・トリビューン紙、1980年7月21日のトロント・サン紙、サクラメント・ビー紙、そして何年にもわたって他の多くの北米紙やナショナル・エンキラーを含む海外の出版物にも広く掲載された。

 

レイトナーの証言と2つの簡単なAP通信の報告書以外にも、この事件は『The World's Most Infamous Murders by Boar and Blundell』に掲載されており、出版物とオンラインの両方の多くの連続殺人関係のアンソロジーに掲載されている。

 

ギネスブックの2006年版では、ロペスは 「最も殺害した連続殺人犯」であるとクレジットされている。

幼少期


ロペスの母親はベニルダ・ロペス・デ・カステネダという売春婦だった。コロンビア内戦中のコロンビア保守党員であったペドロ・ロペスの父ミダード・レイエスはベニンダ・ロペス・デ・カステネダという売春婦を雇い、彼女と一夜を過ごした。

 

彼女はすぐにレイエスの子供を妊娠していることを知った。レイエスが反抗的な暴徒に殺害されたとき、彼女はわずか3ヶ月しか経っていなかった。半年後にペドロ・ロペスが生まれた。ロペスはベニンダ・ロペスの13人の子供の7人目となった。

 

ロペスによると、幼少期に母親の売春行為を目撃したことが、彼の精神に不穏な影響を与えたという。その後、1957年、ロペスが8歳のとき妹に性的いたずらをしているところを母親に発見され、実家から追い出された。

 

追い出されたロペスはコロンビアの首都ボゴタに移る。そこで男に拾われ、さびれた家に連れて行かれ、何度も性的虐待を受けたという。12歳のとき、アメリカ人家庭に引き取られ、孤児院に入学した。

 

しかし、男性教師に痴漢されたとの疑惑があり2年後に脱走。別の証言では、ロペスは教師と一緒に脱走したといわれている。18歳で車を盗んで、地元の中古ショップに売って生計をたてはじめた。

殺人


車の窃盗で投獄されている間、ロペスは残忍な暴力団にレイプされたと主張し、服役中にレイプ犯を追い詰め、最も残忍な殺し方をしたと主張している。

 

服役を終え出所後、ロペスによればペルーで若い少女を殺害するようになったという。ペドロ・ロペスの変態的で致命的な活動がペルーの部族の部族長によって発見されると、部族の長老たちはロペスの即刻処刑を命じた。1978年までに100人以上の少女を殺害したという。

 

部族に住んでいて牧師をしていたアメリカ人のキリスト教宣教師は、部族の長老にロペスの命を助けるように懇願した。宣教師は、部族が自警団的な正義のアプローチを取るのではなく、ペルーの警察当局にロペスを引き渡し、国の法律に従うべきだと強調した。

 

彼らは譲歩した。ロペスは宣教師と共に部族を離れ、宣教師は彼を州警察に引き渡した。一旦宣教師が出て行くと、警察はロペスを自由にした。しかし、アメリカのキリスト教宣教師が介入して州警察に引き渡すように説得したという。

 

その後、ロペスはコロンビアに移り、そこで罪のない少女を狩り続け、性的暴行と殺害を行った。その後、彼はエクアドルに移り、そこで彼の不吉な活動が活発化しました。週に3人ほどの少女を殺害したという。「私はエクアドルの女の子が好きです。もっと無邪気だからです」とロペスは語っている。

ロペスの犠牲者となった少女たち
ロペスの犠牲者となった少女たち

逮捕


ロペスは、誘拐未遂に失敗し、地元の市場の商人に捕まり逮捕された。AP通信によると、彼は1980年3月に逮捕され、遺体が発見された53人を含む103人の少女を殺害したことを自供したという。

 

1981年1月、彼は3つの殺人事件で有罪判決を受け、300人の性的暴行と絞殺を自供した。 警察が彼の自白を信じていなかったが、洪水で多くの犠牲者を含む大量の墓が流され遺骨が流れ出たのをきっかけに真実が明るみとなった。

 

その後、ロペスは警察を案内して、さらに多くの犠牲者の53の墓を発見したが、そのすべてが9歳から12歳の少女であった。当時の報道では、ロペスに「アンデスの怪物」というあだ名をつけたのは、彼の犯罪の恐ろしさと広まった性質からである。

洪水がきっかけで見つかった遺骨
洪水がきっかけで見つかった遺骨

釈放


8月31日にエクアドルの刑務所から釈放された後、不法移民として再逮捕され、コロンビア当局に引き渡され、20年前の殺人罪で起訴されたことを報じている。

 

彼は心神喪失と宣告され、ボゴタの病院の精神病棟に収容された。1998年、彼は正気であると宣言され、一定の条件のもと、50ドルの保釈金で釈放された。

 

それ以来彼はどこへ行ったかわかっていない。同じドキュメンタリーによると、2002年に起きた殺人事件を巡って国際刑事警察機構がコロンビア当局から彼の再逮捕勧告を出しており、現在は警察に指名手配されている。

 

ロペスに関する情報は現在不足している。2020年現在、彼の行方は不明である。歴史上最も堕落した危険な連続殺人犯の一人が、今日も生きていて、世界の他の場所で殺人の大暴れを続けている可能性がある。

ニヤニヤしながらもいまだ逃走中
ニヤニヤしながらもいまだ逃走中

■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Pedro_L%C3%B3pez_(serial_killer)、2020年6月12日アクセス