mRNAワクチンの副反応の正体

mRNAワクチンの副反応の正体

ヒト細胞と結合したHIV-1GP120の免疫攻撃


概要


パンデミックが世界的に流行しはじめた2020年初頭の1月31日、インド・ニューデリーの人の科学者たちが、プレプリントサーバbioRxivにSARS2(2019-nCoV)のスパイクタンパク質にHIVウイルスと同一、または類似した独特な挿入部があるという論文を発表した。

 

彼らは新型コロナウイルスとSARS1のとげとげのスパイクタンパク質の配列を比較したところ、SARS2のスパイクタンパク質にはSARS1には存在しない4つの新しい挿入配列があることを発見したのだ。

 

その後、彼らはこの4つの挿入配列をデータベース中の配列と比較した結果、4つの挿入配列がともにエイズウイルスのタンパク質配列と同じ、またはよく似たものであることを指摘した。

 

この論文は科学者たちから猛烈な批判を受け、2日の2月2日に取り下げられた。あまりに短く、より具体的な根拠を示すこともない論文だったため、取り下げられたのは仕方ない。そこで、インド人科学者やモンタニエ博士が指摘した内容を具体的に解説していく。

 

結論として、nRNAワクチンの副反応がエイズウイルスの攻撃であることが見えてくるはずだ。

 

「コロナウイルスを使って、エイズワクチンをつくろうとしていたと考えるのが合理的な仮説だ(リュック・モンタニエ)」。

 

SARS-CoV-2mRNAワクチンはHIV2.0。

ロイターがワクチンの原料は中国当局と明言


信憑性の高いメディア知られるロイターの「ファクトチェックチーム」によれば、すべてのコロナワクチンは中国当局が決定した遺伝物質(RNA)の塩基配列が使われているという。

 

この配列には、ファイザー・バイオンテック社、オックスフォード・アストラゼネカ社、モデナ社のワクチンの基礎となる、ウイルスのタンパク質を作るための指示が含まれている。つまり、中国当局が世界各国の製薬会社にコロナワクチンの原料を提供している。

 

このメッセンジャーRNAワクチンは、細胞にSARS-CoV-2の外表面を模倣したタンパク質を作るように指示し、実際のウイルスのように複製することなく、免疫系を活性化させるという。

 

2020年末、オーストラリアの著名な科学者が、コロナワクチンを注射された人々が突然HIV陽性になったと主張し、製薬業界に衝撃を与えた。

 

このオーストラリアのワクチンは、スパイクタンパク質にコロナウイルスのHIVコードの正確なコピーが入っているという。ワクチンにはHIVタンパク質の小さな断片が含まれており、ワクチンの安定化に役立ったが、これらの抗体はいくつかのHIV検査で偽陽性の結果を引き起こしたという(ここ)。

 

ファイザーなどが製造しているmRNAワクチンは、筋肉細胞にこのHIV-1コードを生成するように指示しているという。

 

偽陽性であるが、もし自国産のワクチンが全国的に展開された場合、偽陽性のHIV検査の波を引き起こし、オーストラリアの公衆衛生を損なう可能性があるのでワクチンの製造を中止する決定をくだした。(ここ

 

しかし、この事実は、ロイターが報じた「コロナワクチンの原料は中国当局が提供」と、中国がウイルスを「分離」した直後に、「インド人科学者が発表したHIV論文」とつなげる重要なものだった。

 

なお、ロイターが紹介しているRNAの塩基配列のWHOのページは現在削除されている。

 

ワクチン接種に対する専門家たちの共同警告


急性な血栓による死亡は「氷山の一角」


2021年5月19日、マイケル・イードンによって共同設立された数十人の医療専門家「COVID-19倫理医師会」が、COVID-19ワクチンについての共同警告を発した。

 

ワクチンは「不必要、効果がなく、安全ではない」であると非難し、「予見可能な大量死」につながる可能性があるという内容だった。

 

「COVID-19倫理医師会」は、160人以上の専門家が含まれており、他の創設メンバーとして、ドイツのマインツのヨハネス・グーテンベルク大学の医療微生物学および衛生研究所の元議長であるSucharit Bhakdi博士、およびヨーロッパ評議会の議会の健康委員会の元責任者であるWolfgang Wodarg医師の名前もある。

 

COVID-19倫理医師会によれば、ワクチンは「出血性疾患、脳内血栓症、脳卒中、心筋梗塞などの致死的および非致死的な血液凝固障害」、「抗体依存性疾患の増強」、「自己免疫反応」、そして「急ごしらえの製造や規制されていない製造基準によるワクチンの不純物」の影響の可能性を指摘している。

 

現在、メディアで注目されがちな血栓症と関わる因果関係不明の死亡ニュースは、「巨大な氷山の一角」に過ぎない可能性が高いという。

大多数が発する一般的な副作用こそワクチンの異常性


COVID-19倫理医師会は、一般的なワクチンの副作用(頭痛、吐き気、嘔吐、体中の血腫のような「発疹」)が、その他の重篤なワクチンの異常を示している可能性があると述べている。

 

また、COVID-19倫理担当医師は、「免疫学的なプライミングにより、血栓症や出血などの有害事象のリスクは、ワクチンを再接種するたびに、またコロナウイルスに再感染するたびに増加することが予想される」と付け加えた。

 

数ヶ月、数年と時間が経つにつれ、ワクチン接種とコロナウイルスの両方が、若くて健康な年齢層にとって危険なものになっていくという。

 

イスラエルやシンガポールなどワクチン接種率が高い国の多くの地域でCOVID-19の発生率が上昇している。さらに、COVID-19による一連の死亡例が、高齢者施設でのワクチン接種開始直後に複数発生していると医師らは述べている。

 

これらのケースは、抗体依存性の増強だけでなく、ワクチンの副反応による一般的な免疫抑制効果によるものである可能性がある。特定の患者でワクチン接種後に帯状疱疹の発生が増加していることからも示唆されている。日本でもワクチン接種後に帯状疱疹の報告が見られるようになってきた。

スパイクタンパク質の構造


スパイク糖タンパク質(S)に4つの挿入部分が見つかった。これらのタンパク質は2019-nCoVに固有のものであり、他のコロナウイルスには存在しない。

 

重要なことは、挿入されたの4つのアミノ酸残基すべてがHIV-1GP120またはHIV-1Gagのアミノ酸残基と同一性または類似性があることである。

 

下の画像は、2019-nCoVのホモ三量体スパイク糖タンパク質をモデル化したものである。HIVエンベロープタンパク質の挿入部は色付きのビーズで示しており、タンパク質の結合部位に存在している

 

こちらの画像のほうがわかりやすいかもしれない。このタンパク質構造図は、ウイルス膜(グレー)から突き出たHIVスパイク(緑)上の融合ペプチドエピトープ(赤)の位置を示しており、融合ペプチドに結合する広域中和抗体(黄)の様子も示している。

HIV-1GP120はスパイクタンパク質に含まれている。ゆえにコロナワクチンが身体で生成するスパイクタンパク質にもHIV-1GP120のmRNA配列は糖として設計されている可能性がある。

 

つまり、スパイクタンパク質が体内で感染や炎症を引き起こすと、その外膜にあるHIV-1GP120がヒト細胞のタンパク質(Alpha4 Beta7インテグリン)に結合し、これにより免疫系が健康な細胞を攻撃する

 

血栓による心筋梗塞や脳梗塞とは別に、私たちがワクチンを打ったときに起こる一般的に副反応(熱、倦怠感など)はHIVによる免疫細胞の攻撃かもしれない。

 

ファイザーとモデルナの超誇大宣伝されたmRNAワクチンは「トロイの木馬」である。彼らは同じHIV / AIDS Sタンパク質の「抗原」を大量生産している可能性がある。