· 

マイケル・イードン最新レポート2021年8月「妊婦は絶対にワクチンを打つな」

妊婦は絶対にワクチンを打つな

「緊急使用許可」の闇


政府のデマは時間の経過とともに明らかになる


聞いてくれている皆様、ありがとうございました。私が選んだわけではないですが、世界中のオルタナティブメディアから注目を集められて非常にうれしかったです。テレビやラジオ、新聞などの主要メディアでは、支配的なストーリー以外の意見は完全に弾圧されていました。

 

私がこのような話をしているのは、2020年4月の時点で、私たちが嘘をつかれていたことが明らかになったからです。私は陰謀論者だと思うかもしれませんが、これは国際的な計画なのです。机上の空論ではありません。

 

たとえば、各国はそれぞれパンデミック対策計画を持っていましたが、それは当然のことです。しかし、それらはすべて微妙に異なっています。しかし、みんな同じ時期に計画を捨ててしまいました。

 

そして、私が「COVIDの嘘」と呼ぶものをすべての国が採用したのです。私のインタビューをご覧になったことのある方は、知っていると思います。私の話していることは生物学の学士でも取得する必要はない。一般的な感覚があればいい。あなたの政府は15〜18ヶ月もあなたに嘘をついていたのです。

 

さて、なぜ私がわざわざ声を上げるのかというと、私は退職して間もない頃、仕事がうまくいっていたので何百万ポンドも稼いだことがあり、楽しくリラックスした生活を送っていました。しかし、去年は友達もできず、人生の多くを失ってしまいました。

 

私がこのような話をするのは、先ほど私が言ったように、皆さんは騙されていて、それには非常に悪い理由があるということをお伝えするためです。何にせよ、今日、そして残念ながらワクチンはこの最悪の計画の一部なのです。

絶対に妊娠中の女性にワクチンを打たないで


コロナワクチンが、安全性の特徴を示すような研究は一切行われていません。通常のワクチンとは異なるため、妊娠中に安全であるかどうかを仮定することはできません。妊娠中や妊娠直前の安全性については、まったくわかりません。

 

私も、これは皆さんもご存知の通り、複雑な新規実験薬のようなものには、絶対に妊娠中の女性には絶対に投与してはいけません。絶対にです。今していることは60年前のサリドマイド事件以来です。60年前のサリドマイド以来、一度もやったことがないのは、規制があったからです。規制に不注意な失敗があっただけだ。

 

60年前、私たちは、赤ちゃんが母親の傷の中にいても安全ではなく、実際には、急速に変化する正常な発達を妨げるあらゆる生物学的干渉にさらされていたことを知りませんでした。そして、私たちは、1万人の子供が障害を持って生まれ、しばしば手足を失ったり、さらに悪い状態になることを学びました。

 

不幸にも母親が20日目に1回目の投与を受けた場合、卵子が受精した後、重度の脳障害を持った赤ちゃんが生まれてくるということを知りました。卵子が受精した後、赤ちゃんは重度の脳障害を持って生まれてきます。受精後22日目に最初の投与を受けた場合は、心血管奇形だったと思いますが、24日目であれば、手足の虫や手足の欠損が見られます。

 

実際にそれを研究して、このワクチンが発生中の胚に何をするかを知っていなければ、誰も私を非難しないでください。わからないだろう 無謀なバカどもめ。妊婦さんに投与している医師の皆さん。あなた方は絶対に無謀な馬鹿者です。そして、このワクチンを打とうと思っている女性で、同じ時期に妊娠するかもしれない人は、すでに妊娠している人も含めて、絶対に打たないでください。

 

「大丈夫かもしれない」と言われても、それを保証してほしいとは思わない。私はとても心配です。私はこの件について今後も追求していくつもりです。

 

そこでなぜこのワクチンが使われたのかというポイントになるのが「緊急使用許可」です。基本的に、これらのワクチンは通常の承認プロセスを経ていないため、もちろん通常の開発プロセスを経ていないので、安全かどうか評価することができません。それは推測に過ぎません。

 

部分的にしかワクチンの臨床開発を行っておらず、当時は第3フェーズの1/3程度しか行っていませんでした。そして、よく嘘をつく人がいますが、承認されていません。中間解析と呼ばれる、結果を見るもので、約3分の1を終えています。

 

そのため、投与後約2ヶ月半の安全性データはほとんどなく、服用後約2ヶ月半の非常に狭い範囲の人に何が起こるかはよくわかっています。もし、半年後に何か悪いことが起こったとしても、試験に出ていない別のグループに保存されているわけではないのです。

 

私たちにはわからないのです。でも、「大丈夫だと信じましょう、それが彼らのやっていることですから」という風潮になっています。彼らは毎晩のように、何億人、いや何十億人もの人々に、「大丈夫だろう」という希望を持って薬を与えているのです。

 

私は、この業界や私がかつて働いていた業界の人々ほど恥ずかしいと思ったことはありません。もし私がこの製品を作っている企業の社員だったら、抗議して辞職していたでしょう。だから、そこにいる研究科学者の皆さんはね。バカじゃないの。なぜ辞職しないのか、今年の残りと来年に入ってからの自分の目を見なければならないのに。

 

あなたは歴史の流れを変えることができたかもしれないし、もしかしたらまだできるかもしれません。 もし十分にあなたが大量に辞職したのであれば、それは新しいことだと思いますので、辞めないようにしましょう。