· 

殺人「ある人間がほかの人間を殺す行為」

殺人 / Homicide

ある人間がほかの人間を殺す行為


アベルを殺したカイン
アベルを殺したカイン

概要


殺人とは、ある人間が他の人間を殺害する行為である。

 

殺人は、他人の意思に基づいた行為でのみ死にいたるため、自身に危害を加える意図がなくても、偶発的、無謀、過失によって殺人が生じることがある。

 

殺人は、死亡の状況に応じて、殺人、過失致死、正当な殺人、戦争中の殺人、安楽死、死刑など、多くの重複する法律上のカテゴリに分類される。

 

カテゴリ分類によって殺人行為は、人間社会においては非常に異なる扱いを受けることが多く、犯罪(murder)とみなされるものもあれば、合法的に許可された殺人、あるいは命令された殺人もある。

犯罪的な殺人


犯罪による殺人には偶発的な殺人や意図した殺人などさまざまな形態があるが、大きくは殺人を犯す人の心の状態や意図に基づいて「殺人(murder)」と「過失致死」に分類される。

 

2019年7月に国連薬物犯罪事務所が発表した報告書によると、2017年には世界中で約46万4000人が殺人事件で殺害されており、同時期に武力紛争で殺害された8万9000人を大幅に上回る数になっていることが報告されている。

殺人(マーダー)


殺人(マーダー)は、殺人において起訴することができる最も重大な犯罪である。多くの管轄区域では、殺人は終身刑、あるいは死刑で処罰されることがある。

 

殺人のカテゴリは管轄区域によって異なることがあるが、殺人罪は2つの大まかなカテゴリに分類されている。

 

第一級殺人:計画的、違法、故意に他人を殺すこと。

第二級殺人:他人を意図的に違法に殺害したが、前もっての計画性はない。

 

いくつかの管轄区域では、危険な犯罪の実行中に発生した殺人行為は、その行為者の殺人の意図にかかわらず、殺人犯の性質と分類される可能性がある。米国では、この殺人ケースは重罪殺人として認識されている。

過失致死


過失致死とは、殺人を犯した者が被害者を殺す意思がなかったか、または理性的な人が感情的または精神的に乱れで、潜在的に自分の行動をコントロールできなくなるような状況の結果として、被害者を殺害した場合の殺人の一形態である。

 

マーダーと過失致死の区別は、紀元前7世紀に古代アテネの法律家ドラコが最初に行ったと言われている。過失致死罪の刑罰は、通常の殺人罪の刑罰よりも軽い。過失致死罪には、大きく分けて2つのカテゴリがある。

 

自発的過失致死:心の乱れた状態や激情の結果として、意図的に無謀に他人を殺害すること。

 

無意識の過失致死:他人の生命と安全に無関心である状態における無謀な行為、または死亡に至ることが合理的に予測される過失の行為によって、意図せずに他人を殺害すること。

連続殺人犯(シリアルキラー)



■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Homicide、2020年6月29日アクセス