· 

【怪奇幻想】江戸川乱歩「日本の怪奇幻想小説の開拓者」

江戸川乱歩/ Edogawa Ranpo

日本の怪奇幻想小説の開拓者


概要


生年月日 1894年10月21日
死没月日 1965年7月28日
国籍 日本
職業 作家、批評家

平井太郎(1894年10月21日-1965年7月28日)は日本の作家。一般的には"江戸川乱歩"のペンネームで知られている。批評家でもあり、日本の推理小説、怪奇幻想小説の発展に多大な役割を果たしている。

 

乱歩作品の多くには探偵・明智小五郎が登場する。明智はのちに「少年探偵団」として知られる少年探偵グループの後見人でもある。

 

乱歩はもともと西洋ミステリー小説の好きで、なかでもエドガー・アラン・ポーのファンだった。彼のペンネームはポーの名前から由来している。

 

ほかにアーサー・コナン・ドイルから影響をうけており、乱歩は早稲田大学在学中に日本語に翻訳している。


あわせて読みたい

ドール・ファミリー(小人症)

デイジー&ヴァイオレット・ヒルトン(結合双生児)

シュリッツ(小頭症)

ジップ&ピップ(小頭症)

クー・クー(ゼッケル症候群)

ジョセフィーヌ・ジョセフ(半陰陽者)

フランス・オコナー(腕のない少女)

ランディアン王子(四股欠損)

ジョニー・エック(下半身欠損)

アンジェロ(小人症)

オルガ・ロデリック(ヒゲ女)

ピーター・ロビンソン(骨人間)

エリザベス・グリーン(鳥女)