· 

【インタビュー】蛭子能収インタビュー5「サラリーマンだけは嫌!」

蛭子能収インタビュー5

サラリーマンだけは嫌!


(出典元:ガロ1993年 4月号)

 

蛭子:でも俺ね、テレビの仕事は自然に消滅しても悲しくないんだよね。収入が途絶えるのは悲しいから、そうなったらまた必死で「仕事ください」って言いにくいじゃないですか。でも今はそういうこといわんでも、仕事が山ほど来てますから、なんつってやら(笑)。

 

編集部:ホーント、よかったですねぇ。ダスキンやらなくてもいいんだもんね。

 

蛭子:それはいいよねぇ、タラリーマンよりは(笑)

 

蛭子:そうだよっ、サラリーマンは大変だよ。もうね、俺絶対にサラリーマンには戻りたくないからね。タラリーマン、

 

編集部:あん、タラリーマン!?

 

蛭子:いや、ハハハ、タラリーマンやったらすごいね(笑)。それやったらスーパージョッキーで鼻にネギ突っ込まれていたほうがいいや(笑)。それほどサラリーマンの仕事は大変だ、ってこと。

 

編集部:でも。あの番組は一回でいくらになるの。

 

蛭子:10万やったかな。

 

編集部:それはいいよねぇ、タラリーマンよりは(笑)。

 

蛭子:でもね、私はガロからデビューしましたから、ガロにはちゃんと描きますよ。ねっ、締め切り与えてくれればね。

 

編集部:ちょっと考えさせていただきます。テレビでもお忙しそうだし(笑)。

 

 

蛭子:いや、ねっ、テレビにでている私も好きになってくださいよ、なんつってやら(大爆笑)