· 

【インタビュー】蛭子能収インタビュー2「三種の神器「富士山」「円盤」「火事」」

蛭子能収インタビュー2

三種の神器「富士山」「円盤」「火事」

根本敬「電氣菩薩」(径書房)より。一目でわかる図解エビス宇宙。
根本敬「電氣菩薩」(径書房)より。一目でわかる図解エビス宇宙。

(出典元:ガロ1993年 4月号)

 

編集部:そういえば、去年ひとつ事件があったね。蛭子さんの『社会の境界線』が、文春漫画賞の最終選考に残ったでしょ。その話聞いたときなんかちょっと恥ずかしくなってしまいましたよ(笑)。もっといい作品がいっぱいあったのにねぇ。ずっと昔に描いたやつ(笑)。

 

蛭子:あれさ、俺わかったよ、残ったワケがさ。あれって各出版社に推薦用紙が来るんでしょ。だから青林堂の社長が「蛭子さんがいい」って、それで書いたんでしょ、ねっ。

 

編集部:違うね。あの推薦用紙には編集部がか書き入れて出したの。去年は蛭子さんの作品は書かなかったんですけど。

 

蛭子:あっ、そうなの(大爆笑)。じゃ、なんで俺の作品が上がったんだろう?

 

編集部:分からない(笑)。誰かが押したんでしょ、なんかボケたやつが(笑)。

 

蛭子:ヘッへへへへ。まいいじゃないですか。

 

編集部:もうホントに賞取ったらどうしようって思った(笑)。素直に「おめでとう」っていえないよなぁ、やっぱり、ってさ(笑)

 

蛭子:だからさ、分かったんだよね、俺も。ああいうのってわりといい加減なんかもしれませんね、なつってやら(笑)まっ、どっちにしても賞とかもらえれば嬉しいけど、それほど気にしてはいませんよ。

 

編集部:でも賞金がはいるよ。

 

蛭子:あっ、それはいいですねぇ(笑)。そういえばさ、丸尾さんが前に何かで賞を取ったとき、賞状をゴミ箱に捨てたことがあったでしょ。それを聞いたとき『丸尾さんてなかなかいい人だなあ』って思いましたよ、へへへ。でもさ、みんな俺の漫画見てないで「面白くない」っていうんだもの。見てないくせに言うから俺、ちょっと腹立つんだよ(笑)。ストーリー漫画なんか毎月四本描いているのに、見てないでいうんだもの。

 

編集部:なにぃ、ストーリー漫画ってどういう意味だか知ってるの?(笑)。でも四コマ漫画もいっぱい描いてるね。

 

蛭子:あっ、四コマはどうでもいいんだけれど(笑)。でも見てないんだぞ、本当に。

 

編集部:まぁ、そうやっていっぱい怒るのもいいかもね。昔に戻ったみたいで(笑)でも、今回の漫画は頑張りましたねぇ。とりあえずバックがいつもより描き込んである(笑)。

 

蛭子:円盤もかいたよ、ヘヘッ。コマもいつもより多いよ、ヘヘッ。

 

編集部:子どもみたい(笑)。

 

蛭子:でも俺がさっきカレーばちょこっと褒めたから、しかたなく褒めたんでしょう、ねっ(笑)。

 

編集部:そんなこと考えてるの?わかりました。じゃこれで交換条件はおしまいだね(大爆笑)。でも、どうして蛭子さんは、バックに円盤や富士山や燃えるビルを描くけれど、何か意味があるの?

 

蛭子:まっ、それは好きなものですから。だから描くわけですね。簡単やし(笑)。

 

編集部:ちゃんと描けば簡単じゃないと思うけどな(笑)。でもそれだけ?

 

蛭子:富士山はいいじゃないですか。俺、新幹線で通るたびに絶対に見るもの。

 

編集部:じゃあ、曇ってたらガックリ。

 

蛭子:うん、ガックリ。あと円盤て俺、見たことないですよ。一回でいいから見たいんだよ。でも最近信じられなくなってきたの。「見た見た」っていう人いるけど、ホントに見たのかどうかちょっと疑わしくなってきたんだよ。

 

編集部:じゃ、絶対見られないかもね(笑)で、燃えるビルは?

 

蛭子:火事がすきなんだよ(大爆笑)。コンクリートの町って好きだからね。コンクリートが燃えているのがいいの。でもやっぱり富士山が1番ですね。あれは美しい山だと思いますよ。新幹線に乗るときはいつも富士山見てからついでに浜名湖競艇場が見れるんだよねぇ(笑)。

 

編集部:やっぱり目的はそっちか(笑)富士山はただの目印なんでしょ。

 

蛭子:ヘッ、へへへへ。

 

編集部:あの3つは、蛭子さんがバックを簡単に埋めるために発明した、三種の神器なのね、やっぱし。いいもの発明したねぇ。

 

蛭子:うん、なんつってやら、へへ。