· 

キャリー・マディ博士告発「副反応が起きてもワクチン会社に責任なし」(2020年6月発表)

キャリー・マディ医師告発

副反応が起きてもワクチン会社に責任なし


十分な臨床試験なしに人類史上初めて使われるワクチン


このmRNAワクチンは、これまで一度も人間に使用されたことはありません。

 

もう一度言いますよ。よく聞いてください。これまで、ただの一度も「ヒトには使われたことがない」のです。一度も。今、誰一人として使ったことのないものを私たち全員に注射しようとしているのです。

 

ワクチンの臨床試験は、私が人生で見たことがないどころか、予想すらしていなかったほど加速しています。動物実験をスキップして、直後、臨床試験(ヒトを対象とした試験)に移行しているのです。

 

彼らは正しい科学的方法論にまったく則していません。FDA(米食品医薬局)の承認を受けるため、どんな治療法においてもゴールドスタンダードである、プラセボ対象無作為化試験を、どのワクチンでも行っていません。

 

誰にとっても安全なのか、有効なのかどうかを確認するための科学的なプロトコルにも従わず、それについて知ろうともしないで、私たち全員に注射しようとしているのです。

ワクチン会社は副反応の責任を免除されている


しかも、ワクチンメーカーは大概、製造物責任を免除されています。

 

つまり、もしそれらが発作や麻痺などを引き起こしたとしても、彼らは責任を負わないということです。彼らはまた、無作為比較試験も免除されています。COVID-19ワクチンはすでにそうですが、最近では他のワクチンでも同じやり方をしてるようです。

 

「以前、MMRワクチン(おたくふかぜ、風疹のワクチン)を受けているのだから、わざわざそんな試験は必要ないだろう」

「でも少し手を加えているのでは?」

「まあ同じことだよ」

 

一体、どういう考え方なのでしょう?ちょっとした変化が大きな違いを生んでしまうのに、信じられません。

抗体生成=免疫効果ではない


さらにそれらワクチンについて、彼らが言う通りの効果を証明することさえも免除されているのです。

 

たとえば、「ワクチンが抗体を生産している」ことを証明すれば良いだけなのです。

 

良いですか?抗体をもっているからといって、免疫があることにはなりません。確かな効果はわかりません。

 

集団の中で、本当に免疫効果があるかはわからないのです。真の研究、正しい研究であれば、実際に集団の中で効果があることを示せるはずです。彼らはそれをしていません。時間がないという理由で。

 

なので、全く効果がないのかもしれないのです。だとしたら目的はなんなのでしょうか?