· 

【世界のシリアルキラー】チャールズ・マンソン「ヘルタースケルター戦争を起こそうとしたカルト集団」

チャールズ・マンソン / Charles Manson

ヘルタースケルター戦争を起こそうとしたカルト集団


概要


生年月日 1934年11月12日
死没月日 2017年11月19日
国籍 アメリカ
職業 シンガーソングライター

チャールズ・ミルズ・マンソン(1934年11月12日-2017年11月19日)は、アメリカの犯罪者、カルト教団の指導者。

 

1967年半ばにカリフォルニア州を拠点とする準共同体「マンソン・ファミリー」と知られるようなったものを結成した。

 

マンソンの信奉者たちは1969年7月から8月にかけて、4つの場所で9人の連続殺人を犯した。ロサンゼルス郡の地方検事によると、マンソンは人種戦争を企てたが、その動機についてはマンソンらも異議を唱えている。

 

1971年、映画女優シャロン・テイトを含む7人が死亡した事件で、第一級殺人罪と殺人共謀罪で有罪判決を受けた。検察側は、マンソンが本気で殺人を命じたわけではないことは認めたが、彼の思想は明白に共謀行為に等しい主張した。マンソンはゲイリー・ヒンマンとドナルド・シアの死で第一級殺人罪で有罪判決を受けた。

 

マンソンは無職の元囚人で、彼がカルト的な支持者を集め始めた頃にはすでに人生の半分以上を矯正施設で過ごしていたという。

 

殺人事件を起こす前、彼は主にビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソンとの偶然の出会いをきっかけに、ロサンゼルスの音楽業界の片隅でシンガーソングライターとして活動していた。1968年にビーチ・ボーイズはマンソンの曲「Cease to Exist」を作詞・作曲している。 シングルのB面を「Never Learn Not to Love」に改題したが、マンソンはクレジットされていない。

 

ロサンゼルス地方検事は、マンソンはビートルズ、特に1968年のセルフタイトルアルバムに夢中になっていたと話している。彼はビートルズの歌詞の解釈に導かれていると話しており、差し迫った終末的な人種戦争を表現するために「ヘルタースケルター」という言葉を使い始めた

 

裁判で検察側は、マンソンとその信者は、殺人が戦争を促進させると信じていたと主張した。

 

他の現代のインタビューやマンソンの裁判の刑罰段階で証言した人々は、テート・ラ・ビアンカの殺人はマンソンの友人ボビー・ボーソレイユの容疑を晴らすための模倣犯であると主張している。

 

マンソンの悪名が世間に知れ渡るようになると、彼の周りにポップカルチャーが発生し、彼は狂気、暴力、不気味さの象徴として扱われるようになった。『Lie: The Love and Terror Cult』(1970年)を皮切りに、マンソンが作詞・演奏した曲のレコーディングが商業的にリリースされた。様々なミュージシャンが彼の曲のいくつかをカバーしている。

 

マンソンはもともと死刑判決を受けていたが、1972年にカリフォルニア州の最高裁が州の死刑法を無効にした後、終身刑に減刑され、仮釈放の可能性もあった。

 

カリフォルニア州刑務所のコーコランで終身刑を受け、2017年末に83歳で死去した。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Manson_Family、2020年6月12日アクセス