· 

【社会運動】「ブラック・ライブズ・マターとアメリカの政党」

BLMを支持する民主党とBLMを批判する共和党


民主党


2015年7月に開催されたネットルーツ・ネーション会議で、マーティン・オマリー氏とバーニー・サンダース氏が登壇した。その際、数十人のBLM活動家が壇上に立った。

 

BLMの共同創設者であるパトリッセ・カラーズを含む活動家たちは、両候補者に対し、警察の拘束中に起きる死亡に対処するための具体的な政策提案を求めた。

 

抗議者たちは、「もし私が警察に拘束されて死んだら、すべてを燃やせ」「このくだらないことをシャットダウンしろ」など、いくつかのスローガンを唱えた。この「Shut it down」という表現は、BLMの抗議行動やソーシャルメディア上で人気のフレーズとなった。

 

会議の主催者が抗議者に数分間話し合った後、オマリーは刑事司法改革のための広範な計画を発表することを約束した。抗議者たちはその後、彼が「黒人の命は問題、白人の命は問題、すべての命は重要だ」と発言すると、抗議者はブーイングを起こした

 

オマリーは後に発言を謝罪し、黒人社会を軽視するつもりはなかったと述べた。

 

2015年8月8日、民主党の大統領候補者で公民権運動家のバーニー・サンダースの演説が、シアトル支部の共同創設者マリッサ・ジョンソンを含むBLM支部の設立にいたるグループによって妨害され、「差別主義者」や「白人至上主義者」と言ってマイクを奪い取られた。サンダースはこれを受けてプラットフォームを発表した。

 

Facebookページ「Black Lives Matter.Seattle」を運営するニッキー・スティーブンスは、サンダースの支持者に対して謝罪を発表し、これらの行動はBLMに対する彼女の理解を代表するものではないと主張した。その後、彼女はシアトル支部のメンバーから脅迫的なメッセージを送られ、グループの名前を 「Black in Seattle」に変更することを余儀なくされた。

 

2015年8月、民主党全国委員会はBLMを支持する決議を可決した。

 

第一回民主党第一次討論会では、大統領候補者は「黒人の命が問題なのか、それともすべての命が問題なのか」と質問された。それに対してバーニー・サンダースは 「ブラック・ライブズ・マター」と答えた。マーティン・オマリーも「ブラック・ライブズ・マター」と述べ、「運動が行っていることは、常に正当で深刻な指摘であり、国家として、黒人の命、有色人種の命を過小評価してきたということだ」と述べた。

 

これに対し、ヒラリー・クリントンは刑事司法改革を推し進め、「有色人種のコミュニティのための新しいニューディールが必要だ」と述べた。

 

一方、ジム・ウェッブはこう答えた。「米国の大統領として、この国のすべての命が重要なのです」。ヒラリー・クリントンは直接同じ質問をされたのではなく、代わりに次のような質問をされた。

 

「あなたはこの国のアフリカ系アメリカ人のために、オバマ大統領ができなかったことをどうしますか?」と聞かれた。

 

クリントンはすでにBLMの代表者と会談しており、変化を実現するためのより現実的なアプローチを強調し、「期待して!人の心は変えられない。私はあなたたちが法律を変えると信じています。政策を変えなければ、10年後にはまた同じ会話をすることになるだろう」と述べた。

 

2015年6月、クリントンは有色人種の若者の機会についての演説で 「オール・ライブズ・マター」というフレーズを使ったため、ヒラリー「ブラック・ライブズ・マター」のメッセージを誤解しているのではないかとの反発を促した。

 

最初の民主党第一次討論会がラスベガスで開催された一週間後、BLMはDNCとその議長であるデビー・ワッサーマン・シュルツを標的とした嘆願書を発行し、特に「#BlackLivesMatter」をテーマにした大統領討論会をより多くの討論会を要求した。 嘆願書は、開始から24時間以内に1万人以上の署名を集め、2015年10月27日時点で3万3000人以上の署名を集めていた。

 

DNCは、BLM活動家が主催する大統領タウンホールへの大統領候補者の出席を許可するが、公式スケジュールに別の討論会を追加することはないと述べた。

 

これを受けて、BLMはフェイスブックのページで「私たちの支部、地域社会、同盟者、支援者との協議の中で、私たちはDNCの支援を受けた大統領タウンホールが私たちの会員が提起した懸念に十分に対応していない」との声明を発表し、完全な追加討論を要求した。

 

第1回討論会後の2015年10月、アトランタ大学センターで行われたヒラリー・クリントンの刑事司法改革と人種に関する演説は、BLM活動家によって中断された。

 

2016年2月、2人のBLM活動家が、1996年にクリントン氏が若者を「スーパー・プレデター」と呼んだ発言について、クリントン氏の私的な資金集めの場で抗議した。

 

活動家の一人は、夫であるビル・クリントン大統領(当時)が、1994年の犯罪改革法を支持したことに関して、クリントンに「大量収容」について謝罪を求めた。

バイデンが大統領を宣言した後、ワシントンDCの群衆がブラック・ライブズ・マタープラザに集まる。

共和党


共和党の候補者はほとんどがBLMを批判してきた。2015年8月には、共和党の大統領候補として唯一のアフリカ系アメリカ人が大統領選を争っているベン・カーソンが、この運動を「くだらない」と切って捨てた。カーソンはまた、BLMは少数の黒人の命だけでなく、すべての黒人の命を大切にすべきだとも述べた。

 

クリーブランドで行われた第1回共和党大統領討論会では、BLMに言及した質問があった。この質問に対して、スコット・ウォーカーは法執行機関の適切な指導を提唱し、反警察感情の高まりを運動のせいにした。一方、マルコ・ルビオは運動の視点から公に共感した最初の候補者だった。

 

2015年8月、共和党大統領候補ジェブ・ブッシュのラスベガスでの集会に、「ブラック・ライブズ・マター」と叫ぶ活動家が乱入した。ブッシュが早々に退場すると、彼の支持者の一部は「ホワイト・ライブズ・マター」や「オール・ライブズ・マター」と叫んで抗議者に反論した。

 

保守的な評論家には、BLM運動を「ヘイト・グループ」とレッテルを貼るものもいる。

 

ニュージャージー州知事候補のクリス・クリスティは、オバマ大統領がBLMを支持していることを批判し、BLM運動は警察官の殺害を要求していると述べた。クリスティの発言は、ニュージャージー州のNAACPとACLUの支部によって非難された。

 

BLM活動家たちはまた、共和党全国委員会に人種的正義の問題に焦点を当てた大統領討論会を開くように呼びかけた。しかし、RNCは討論会の日程を変更することを辞退し、代わりにタウンホールやフォーラムの開催を支持した。

 

2015年11月、アラバマ州バーミンガムで行われたドナルド・トランプの集会で、BLMの抗議者が身体的暴行を受けた。

 

これに対し、トランプは 「彼がやっていたことは絶対に嫌なことだったから、暴行されたのだろう」と発言した。トランプは以前、BLMの抗議者が自分のイベントで発言しようとした場合、戦うと脅していた

 

2016年3月、BLMは2016年のドナルド・トランプ・シカゴ集会抗議デモの開催に協力し、トランプはイベントを中止せざるを得なくなった。この事件では4人が逮捕され、起訴された。

 

2020年、ポートランドでトランプの支持者と衝突するBLMプロテスター。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Black_Lives_Matter、2020年12月10日アクセス