· 

【経歴・Wiki】ビル・ゲイツ「社会問題を利用して巨万の富を稼ぐ悪魔主義者」

ビル・ゲイツ / Bill Gates

社会問題を利用して巨万の富を稼ぐ悪魔主義者


概要


生年月日 1955年10月28日
国籍 アメリカ 
職業 実業家、投資家、プログラマー
宗教 悪魔主義、無神論
おもな悪徳 大量殺人、小児性愛、優勢思想

ウィリアム(ビル)・ヘンリー・ゲイツ3世(1955年10月28日~)は、アメリカの左派グローバリストの実業家。悪魔主義者殺人プランナー

 

ゲイツが悪魔主義である理由は、宗教を否定することがあり、また、小児性愛者のジェフリー・エプスタインとの関係を公にしていることである。

 

ノーベル賞選考委員と繋がりがあるエプスタインを狙って接近したとの報道があるが、実際は小児性愛関連で接近している可能性も高い。それが原因で、長年連れ添ったメリンダ・ゲイツと破局した。

 

フォーブス誌によれば1995年から2007年にかけて世界で最も裕福な人物とされているが、その富の獲得手段は卑怯である。

 

ゲイツの富は、IBMパーソナルコンピュータ用のオペレーティングシステムの独占権を獲得したこと、その独占権をマイクロソフト社を通じて、ときには反競争的、反革新的な戦術に基づいて拡大していった。

 

政治姿勢はリベラルだが、自身の財産が減少することに関しては非常に神経質である。メリンダ・ゲイツとの離婚で財産が大幅に減ったあとに行われたイベントに現れたゲイツは、かなり取り乱していたという。Wikipediaには「倹約」な性格と記載されているが、本当は金に対する際限のない「執着」である。

 

ゲイツは優生学遺伝子工学ウイルスワクチン監視に対して関心を持っており、アドルフ・ヒトラーと比較される。彼は環境問題や健康問題など社会問題を利用しつつ、実際は大量殺戮を目論んでいる

 

ゲイツは優生学を実践しており、強制的な中絶をしてでも「人口増加を10〜15%抑える」ことを公に呼びかけ、危険な成分を含むゲイツが出資した未検査(または検査不足)のコロナワクチンの副反応により、多数の死亡者や障害者を虐殺した。

 

また、ワクチンパスポートを名目にマイクロチップを大衆の身体に埋め込み、身体的、心理的、精神的に大衆を遠隔操作でコントロールしようとしている。

 

もはや驚くことではなく毎度の茶番となりつつあるが、日本政府や厚生労働省やリベラルメディア(いわゆる「ファクトチェック」リベラルサイトのSnopesやPolitiFactを含む)は、ゲイツと関連のある事業のネガティブな話題、たとえばワクチンとそれによる死亡・傷害との関連性を否定するだけでなく、そのような報道があるとすぐさま「陰謀論」と呼び、ゲイツ関連の事業を常に養護している。

 

ファクトチェックと陰謀論批判が何度も繰り返されるたびに、「ファクトチェックが騒ぎ始めたから真実だろう」と編集者の思惑とまったく逆の事が起きてしまうのである。つまり、ファクトチェックや陰謀論批判者は「寝た子を起こすな」をしているのである。

 

イタリアでは最近、ゲイツを逮捕し、彼のコロナワクチンによる被害のために、人道に対する罪で裁判を受けることを要求している。

 

現在はビル・ゲイツの超限戦計画の1つとして気候変動問題や子どもの性的人身売買を利用し、新たな死のビジネスを計画しているが、リン・ウッドやQアノンなどが彼の野望を告発し、邪魔している。

 

なお、リン・ウッドはビル・ゲイツに関わるものはすべて触らないように注意している。なぜなら、ビル・ゲイツの真の目的は世界人口の削減だからだという。

重要ポイント

  • ゲイツは優生学に基づいた人口削減計画を自身の最大の使命としている
  • 悪魔主義者であり小児性愛に関することとも深い関係がある
  • リベラルだが自身の財産の増減には過剰に神経質になる

経歴


「勝つ」か「負け」しかない異常な競争教育


ビル・ゲイツは、1955年10月28日にワシントン州シアトルで生まれた。父はウィリアム・H・ゲイツ・シニア1925年~2020年)、母はメアリー・マックスウェル・ゲイツ(1929年~1994年)である。ゲイツには、姉のクリスティ(クリスチャーン)と妹のリビーがいる。

 

ゲイツの祖先をたどると、イギリス人、ドイツ人、アイルランド人/スコッツ・アイリッシュと関わりがあることがわかる。ゲイツの母方の祖父は、全米銀行の頭取であったJ.W.マクスウェルである。

 

幼いころ、ゲイツ家族はプロテスタント改革派である会衆派キリスト教会に定期的に通っていた。ゲイツは年齢の割に体が小さく、子供の頃はいじめられたことがあった

 

しかし、家族は「競争」教育を奨励し、ある人はゲイツの家庭に関して「勝つことには常に報酬があり、負けることには常にペナルティがある」と話している。

 

ゲイツ家に最も重要なことは「勝つ」ことであり、すべての人類は「勝者」と「敗者」で構成されているという非常に競争の激しい環境で育った。そして勝者は1人だけだという。

 

したがって、ゲイツには愛や利他という感情はない。他人に対して自分が勝者であるか敗者であるかしか関係が気づけません。「慈善事業」「社会活動」というのも他人に警戒されず戦略的完全犯罪を行うための隠れ蓑である。

中学でプラグラミングに関心を持ち、「人殺し」の扉を開く


13歳で私立のレイクサイド予備校に入学し、そこで初めてソフトウェアプログラムを書き、コンピュータに関心を持ち始める人殺しのめばえである。

 

中学2年生のとき、同校にテレタイプのモデル33ASR端末とGeneral Electric(GE)社製のコンピュータが生徒のために導入された。

 

ゲイツはGEのシステムをBASICでプログラミングすることに興味を持ち、そのため数学の授業を免除された。ゲイツが最初に書いたコンピュータープログラムは、ユーザーがコンピューターとゲームをすることができる三目並べの実装だった。

 

ゲイツは、このマシンが常にソフトウェアコードを完璧に実行することに魅了された。ソフトウェアコードの完璧性と身につけたプログラミング能力は、のちに進める人口削減計画の下地となった。

 

また、この頃OSのバグを見つけて無料でコンピューターを利用したりするなどバグを使ったいたずらも覚えている

 

 

特許がとれない公的なものを改ざんして特許を得る


1973年、ゲイツはハーバード大学に入学する。そこで、ニューメキシコ州アルバカーキにあるMITS社のAltairという最初のマイクロコンピュータ用のプログラミング言語BASICに興味を持る。

 

ゲイツは2年目にハーバード大学を退学し、幼馴染とアルバカーキに移り住み、サンディア国立研究所の門前でマイクロソフトを設立した。

 

サンディア研究所があるカートランド空軍基地で働いていた人から、あるプログラムを購入する。このプログラムは、もともと空軍のために税金を使って開発されたものだった。政府は、法律上、特許を持つことができない。そこで、ゲイツはこのプログラムを「MS-DOS」という名前にして特許を取得した。

 

ちなみに、ビルの父であるウィリアム・ゲイツSr.は特許弁護士であった。DARPAプログラムでは、公的資金によって開発された技術は公共の財産である。法律上、米国政府が特許を所有することはできない。ゲイツの父親は、家族計画連盟の代表も務めていた。

 

このゲイツの特許への関心は、トをモノに改造して合法的奴隷化を可能にする遺伝子改変ワクチン開発へとつながる。以下の関連記事も参照してほしい。

 

【関連記事】胎動するデザイナー・ベビー・ビジネス

【関連記事】キャリー・マディ医師告発「コロナワクチンの本質は「ヒト」を「モノ」化すること」

新型コロナウイルスとワクチン


COVID-19パンデミックでは、感染症のエキスパートのアンソニー・ファウチと共謀して人工パンデミックで起こして、あからじめ準備しておいたワクチン・ビジネスを展開する。

 

一方で、パンデミックの責任をジョー・バイデンの民主党とともに中国共産党に押し付け、中共の世界的覇権をくじくことを企てている

 

中共の覇権をくじく計画はパンデミックが起こるかなり前から綿密に計画されており、中国で米国で制限されていた機能獲得実験を支援しつつ、わざと中国でトラブルを起こした。

 

ゲイツ氏は以前から「このまま人口増加が続けば、食糧争奪戦争に発展し、人類全体が危機的状況に陥る」と訴えていた。そのため、ノーベル平和賞を受賞したキッシンジャー元国務長官らと連携して、「世界人口の15から20%の削減計画」にも関与するようになった。

 

現在進行形のコロナウィルスはまさに「人口抑制効果」があるわけである。ファイザーやモデルナの最大の株主はゲイツ氏に他ならない。

 

世界保健機関(WHO)に対する個人献金額でもほかを圧倒している。ワクチン開発に資金を投入するというポーズを見せながら、実は「増え続ける世界人口を減らすために感染力の高い変異種までも次々と準備していたのではないか」といった疑念の声も聞かれる有り様である。

さまざまな陰謀とファクトチェック


アイルランドの新聞の誤読


アメリカのカルトの間では、ソーシャルメディアなどを通じて強制的なワクチン接種によるビル・ゲイツの人口削減計画の陰謀論が当然のように共有されている。この陰謀論の根拠となったのは、アイルランドのある古い新聞記事である。

 

複数のFacebookユーザーが、アイルランドの新聞「The Sovereign Independent」の2011年6月に出版された記事の画像を投稿し、ビル・ゲイツの人口削減計画の根拠を示している。

 

その新聞の一面の見出しには、「Depopulation Through Forced Vaccination:The Zero Carbon Solution(強制的なワクチン接種による人口減少:ゼロ・カーボン・ソリューション)」と打たれ、ゲイツの写真とともに「今日の世界には68億人の人々がおり、約90億人に向かおうとしている。今、私たちが新しいワクチン、ヘルスケア、リプロダクティブ・ヘルス・サービスにおいて本当に素晴らしい仕事をこなすなら、それをおそらく10または15パーセント下げることができる」と記載されている。

 

ゲイツは、「予防接種によって子どもの死亡率を下げることができ、その結果、死亡率が下がることによって出生率も下がり、人口増加を抑制できる」と言いたかったのだが、新聞記者は「ワクチンを強制的に接種させて人口を削減する」と誤解して記事を執筆してしまい、それが世界中に拡散され、現在、カルトの間で悪魔主義者にされてしまったのである。

同紙は2011年にも、オサマ・ビン・ラディンを「作られたデマ」と呼んだり、ワクチン接種が原因の自閉症など、さまざまな陰謀論に関するこのような記事を複数掲載していたことが判明している。

TED講演の誤解


なお、この新聞記事の元になったゲイツの発言は2010年に開催されたTED講演「Innovating to Zero」である。この講演の動画でゲイツは4分30秒後にこの言葉を発している。

 

ここで、ゲイツは二酸化炭素の排出量を減らすための方法として、(途上国などで)医療体制の充実させることによる出生率を低下させる提案をしていると思われる。

 

2012年のインタビューでも、2018年のYouTube動画でも、ゲイツはワクチンの普及が人口を抑制すると同じ指摘を繰り返している。

 

2011年に掲載された「フォーブス」誌の記事で、ゲイツ氏は統計から、子どもの死亡率が下がった国では、出生率も減っていることがわかった。そこで彼は、医療を充実させ、ワクチンを接種することで、世界の人口を安定させることができると考えていると話している。

 

おそらく、陰謀論者や誤読する人は、「ワクチンの開発が、結果として出生率の低下を導く」というメカニズム(わからないかたは人口転換理論エマニュエル・トッドの人口論を参照)が理解できておらず、また、ゲイツも講演ではそこまで詳しく説明(なぜ死亡率が下がると出生率も下がるのかという人口転換理論)はしていないため、誤解が生じていると思われる。

 

陰謀論者や理解できない人は医療体制が充実して死亡率が下がるなら人口が増えると考えているのだろう。

 

ビル・ゲイツのマイクロチップ移植計画


ワクチン接種者を示すデジタル証明書


コロナウイルスのワクチンにはマイクロチップが混入されており、このマイクロチップを使って追跡可能にする計画があり、その背景にはビル・ゲイツがいるという陰謀論。

 

より具体的には、ゲイツが「コロナウイルスの検査を受けた人とワクチン接種を受けた人を証明する「デジタル証明証」を備えた人に身体へ移植可能なカプセルを販売する」と述べたという。2020年3月に広がり始めFacebookで少なくとも1000回、Twitterで3600回共有された。

 

このマイクロチップに関するビル・ゲイツの陰謀論の根拠となっているのは「Biohackinfo」と呼ばれる裏医科学情報サイトが2020年3月19日に配信した「ビルゲイツがコロナウイルスと戦うためにマイクロチップ移植を計画する」という記事である。

このサイトの記事によれば、Reddit Ask MeAnythingでのゲイツの言葉

 

「Eventually we will have some digital certificates to show who has recovered or been tested recently or when we have a vaccine who has received it(最終的には、誰が回復したのか、最近検査を受けたのか、ワクチンを接種したのは誰なのかを示すデジタル証明書を作成する予定です)」

 

という部分を引用しつつ、執筆者による憶測や根拠のない結論が述べられている。

 

執筆者によれば、ゲイツの言う「デジタル証明書」とは、MITとライス大学の研究者がワクチン接種の記録を残すために研究中の身体内蔵型の「量子ドット・タトゥー」だという。両大学の研究者が、ビル・ゲイツからワクチン未接種者を特定する問題の解決方法を打診され、ワクチン注射と同時に投与される特別な量子インクにワクチン記録を保存できる技術を開発していると言及している。

 

確かにゲイツはReddit Ask MeAnythingは、「デジタル証明書」を「最終的に」所有する可能性については言及しているが、その証明書が「マイクロチップ移植」になるとは述べていない

 

ロイターがビル&メリンダ・ゲイツ財団に「デジタル証明書」に対して質問したところ、安全な在宅テストへのアクセスを拡大することを目的としたオープンソースデジタルプラットフォームを作成する取り組みと関連している」と語っている。

 

なお、このワクチン接種時に皮膚の下に埋め込む「量子タトゥー」自体は、架空のことではなく、実際に開発されておりMITのサイトで記事を確認できる