· 

ワクチン戦略の問題と薬剤による治療の推奨

ワクチン戦略の問題と薬剤による治療の推奨

ワクチン接種を繰り返すとウイルスが凶暴化する


4つのワクチン戦略の欠陥


ロバート・マローン、ピーター・ナヴァロ共同執筆

 

パンデミックの最中に一斉にワクチンを接種するというバイデン政権の戦略は、科学的に間違っており、再考する必要があります。

 

このワクチン戦略は、1918年以来最悪のパンデミックの最も危険な時期を長引かせる可能性が高く、公衆衛生システム全体への信頼を損なうだけでなく、益よりも害をもたらすことはほぼ確実です。

 

バイデン戦略には4つの欠陥があります。

 

1つ目は、世界に共通のワクチンを接種することでウイルスを根絶し、国内(および世界)で集団免疫を獲得することで経済復興を実現できるというものです。

 

しかし、SARS-CoV-2は世界の人々に深く浸透しており、またポリオや天然痘とは異なり、根絶は不可能です。SARS-CoV-2とその無数の変異体は、風邪やインフルエンザのように、今後も継続的に流行するでしょう。

 

2つ目は、ワクチンが(ほぼ)完璧に効くという前提です。しかし、現在使用されているワクチンは非常に「漏れやすい」ものです。重篤な病気や死亡を防ぐのには優れていますが、感染、複製、感染のリスクを減らすだけで、ウイルスの減少を招くことはありません。

 

米国疾病管理センターが発表したスライドデッキによると、現行のワクチンを使用しても、マスクの遵守を徹底しても、感染力の高いデルタ型の感染を防ぐことはできないといいます。

 

3つ目は、「ワクチンは安全である」という”デマ”です。 科学者、医師、公衆衛生当局は、稀ではあるが小さなことではないリスクを認識している。重篤な心臓疾患や血栓症、月経周期の乱れ、ベル麻痺、ギラン・バレ症候群、アナフィラキシーなどの副作用が知られています。

 

ウイルス学者が懸念している未知のワクチンの副作用には「生殖に関するリスク」「自己免疫疾患の増加」「さまざまな形での疾患の増強」などがあります。つまり、ワクチンによって今後、逆にSARS-CoV-2に再感染しやすくなったり、潜在的なウイルス感染や帯状疱疹などの関連疾患が再活性化したりする可能性があります。

 

正当な理由があるからこそ、FDAは現在、緊急使用許可の下で投与されているワクチンをまだ承認していないのです。

 

4つ目は「耐久性」の問題です。これは最も憂慮すべきことであり、不可解なことです。 イスラエルの科学的証拠に裏付けられ、ファイザー社、米国保健社会福祉省、その他の国でも確認されているように、現在のワクチンはわずか180日しか効果がないと考えられています。

 

ここではすでに、予測可能な将来に向けて、6ヶ月間隔での普遍的な「ブースター」注射の必要性が警告されている。ワクチンを個別に選択することを強く推奨するのは、リスクの小さいワクチンを繰り返し接種することで、大きなリスクになるからです。

際限のないワクチン接種はより強力な変異種を発生させる


ワクチン接種の繰り返しはウイルスとの軍拡競争です。

 

世界共通のワクチン戦略が賢明でない最も重要な理由は、ワクチンを接種した人の中でウイルスがどのように反応するかに関連する集団的リスクにあります。

 

基本的なウイルス学と進化遺伝学によれば、ウイルスの目的は、できるだけ多くの人に感染して複製することです。 エボラ出血熱のように、宿主をすぐに殺してしまうようなウイルスは、効率的に広がりません。

 

る種から別の種へと移行したウイルスは、時間の経過とともに感染力が増し、病原性が低下するように進化するという歴史的な傾向が明らかになっています。

 

しかし、パンデミックの最中に世界共通のワクチン接種を行うと、このダーウィンの法則に則った進化の過程が、危険なワクチンの軍拡競争に変わってしまう

 

この軍拡競争の本質は次のようなものです。より多くの人にワクチンを接種すればするほど、ワクチン耐性の突然変異のウイルスの数が増え、これによりワクチンの耐久性が低下し、より強力なワクチンを開発しなければならなくなり、個人がより多くのリスクにさらされることになります。

 

もし、全人口が普遍的なワクチン接種戦略によって同じ基本的な免疫反応を持つように訓練されているならば、いったんウイルスの逃避変異体が選択されると、ワクチン接種の有無にかかわらず、全人口に急速に広がることになります。

 

それよりもはるかに最適な戦略は、最も脆弱な人にのみワクチンを接種することです。そうすれば、ワクチン抵抗性の突然変異の発生を抑えることができ、現在のワクチン軍拡競争に歯止めをかけることができるでしょう。

 

幸いなことに、最も脆弱な人々は比較的少数であり、これらの人々はすでに高いレベルでワクチンを受容しています。 これらの人々には、重篤な疾患や死亡のリスクが年齢とともに指数関数的に増加する高齢者や、肥満、肺疾患、心臓疾患などの重大な合併症を持つ人々が含まれます。

ワクチンではなく薬剤による感染治療を推奨


 それ以外の多くの人々にとっては、ウイルスそのものを恐れる以外には何もありません。 特に、科学的に証明された予防薬や治療薬の数々を合法的に外来で利用できるようになれば、なおさらです。

 

例えば、イベルメクチンとヒドロキシクロロキンについては、様々な議論がありました。しかし、多くの科学的根拠が明らかになってきたことで、この2つの薬は、医師の監督下で投与すれば、予防や早期治療に安全かつ有効であることが保証されています。

 

他にも、ファモチジン/セレコキシブ、フルボキサミン、アピキサバン、各種抗炎症ステロイド、ビタミンD、亜鉛など、数多くの有用な治療法があります。 

 

これらの薬剤を投与する際の大きな目標は、症状を和らげ、特にワクチンを受けていない人が死なずに済むようにすることです。ワクチンとは異なり、これらの薬剤は一般的に特定のウイルスの特性や変異に依存せず、疾患自体の炎症症状を緩和または治療します。 (ファイザーは現在、独自の抗ウイルス治療薬を積極的に開発していますが、これはファイザー自身のワクチンがウイルスを根絶できないことを暗黙の了解としているためです。) 

 

私たちは 「反ワクチン」ではありません。 私たちの一人(マローン博士)は、ファイザー社とモデナ社がワクチン製造に使用している中核的なmRNA技術を発明し、プロとしての全キャリアを新しいワクチン技術、ワクチン、その他の医療対策の開発と発展に費やしてきました。

 

もう一人(ナバロ氏)は、トランプ・ホワイトハウスで「ワープ・スピード作戦」を始動させ、ワクチンをタイムリーに提供するために重要な役割を果たしました。 

 

私たちが言いたいのは、ワクチン用の大きなハンマーを持っているからといって、すべての釘にそれを使うのは必ずしも賢明ではないということです。アメリカ国民は、間違った科学の旗の下に、権威主義的な手段で強制された普遍的なワクチン接種戦略よりも良いものを得るべきです。

 

 

※ロバート・マローン博士は、1988年にソーク研究所に在籍していた際に、in-vitroおよびin-vivoのRNAトランスフェクションの発見者であり、mRNAワクチンの発明者である。 ピーター・ナバロは、トランプ・ホワイトハウスで国防生産法政策調整官を務めた。