· 

2021年6月10日「元ファイザー副社長警告「コロナは詐欺、特許切れ薬で十分でワクチンは必要ない」

2021年6月10日

コロナは詐欺、特許切れの薬だけで十分


War Room Episode 1,010 – 「トロイの木馬のパンデミック」

Dr. Michael Yeadon, Dr. Reiner Fuellmich

Aired On: 06/09/2021

 

ファイザーの元副社長から内部告発者に転向したマイケル・イードンが出演。新型コロナウイルスのワクチンが「不正に」承認された方法を暴露し、効果が証明されていないという。

 

バノン:この人はYouTubeのどこかの威勢のいい、背景に本棚を配置して、ホワイトボードか何かに箇条書きして専門ヅラのようなことをしている人とは違います。

 

この人は、業界の中心にいる、世界でもトップレベルのプロです。いわゆる、疑う余地のない資格を持った専門家なのです。なぜなら、学歴、大企業での経験、努力、起業家として研究室でやっていたことを実際にやってみて、素晴らしい会社を作り、グラクソ、ノバルティス、ファイザーなど誰にでも売れるようにした、最高のレベルで活躍しているからです。

マイケル・イードン:私はプロとして、このワクチン問題全体について、どのようにして発生したのか、私たちはどこに立っているのか、そしてどこに向かっていると思うのか、問題について説明したいと思います。私はワクチンには非常に賛成で、特に安全な医薬品には賛成しています。そして絶対に、正直なところ、私はワクチンが必要だとは思いません。なぜ必要ないのか。

 

というのも、少なくとも4~5種類の安全で効果的な薬があるにもかかわらず、その存在が世間から隠されているため、実際には必要ないのです。

 

次に、十分な効果があるかどうかもはっきりしていません。試験は本当に奇妙な方法で行われていて、1つのマイナーな症状を伴うPCR陽性をエンドポイントとして使用しています。多くの人は、ワクチンの効果は重大な病気や死から救ってくれるものだと思っていますが、それらは試験では測定されていません。

 

そして最後に、十分なテストが行われていないにもかかわらず、緊急時の使用が凍結された状態で承認されています。私の考えでは、安全で効果的な薬があるのならば、それを使うべきではなく、それが隠されているだけなのです。

 

ヒドロキシクロロキンは非常に一般的な薬で、ウイルスの複製を抑えるので、感染の初期段階で投与すると、確実にウイルス量を減らすことができます。ウイルスの増殖を抑えるので、感染の初期段階で投与すると、確実にウイルス量が減り、進行する可能性が低くなります。ヒドロキシクロロキンは亜鉛を細胞内に取り込むことで効果を発揮するため、亜鉛を加えることもあります。

 

もう1つの主な薬はイベルメクチンです。イベルメクチンは特許切れの抗寄生虫薬で、たまたま抗ウイルス作用もあります。

 

最後の2つは、特許切れのアジスロマイシンで、抗菌作用がありますが、抗炎症作用もあることがわかっています。そして最後に、喘息によく使われるデソニドのような吸入ステロイドがありますが、これら4つの薬があれば大丈夫です。

 

スティーブ、よく分からないけど、これは詐欺の一部だと思います。私は先週の番組で、ウイルスに関する主要な物語のポイントはすべて、ジェイソンが言うように真実とは異なる嘘であり、率直に言って人々に恐怖心を抱かせるように作られていると彼に話しました。1つは、人々が喜んでワクチンを受けようとすることです。

 

これにより、ワクチンを通常よりもずっと早く入手できるようになります。本来であれば、それが動機になるはずなのですが。

 

私は昨年、PCR検査に注力していたので、この状況にはあまり詳しくありませんでしたが、イギリスのテスト・ローリー博士という親友がいて、彼女の報告によると、世界中から集められた臨床情報のレビューを書いている日があり、彼女の場合はイベルメクチンが非常によく効いていることが明らかで、雑誌レベルでは文字通り原稿を抑えていたそうです。

 

ジャーナリストは、今では顕在化している利害関係者から多額の資金を提供されたり、実際に獲得したりしていると思います。産業界を除くほぼすべての科学分野では、大学に所属している場合、助成金を得るために物乞い、盗み、借りをしなければなりません。

元ファイザー副社長警告:パンデミックは詐欺、子供はウイルスよりもワクチンで死亡する可能性が50倍高い


一般的にワクチンには賛成ですが、COVID-19ワクチンは安全ではありません。簡単に説明すると、これまでのワクチンと異なる遺伝子基盤の設計で身体が直接ウイルスやスパイクタンパク質を製造することになります。

 

ワクチン接種後に発生する有害事象の約75%は、血栓や出血などの血栓塞栓症に関連してますが、それはスパイクタンパク質の特性の深刻な有害事象に完全に一致しています。

 

 

そして、若い人たちはそもそもCOVID-19の影響を受けにくく、もしウイルスに感染しても通常は症状が出ず、簡単に切り抜けてしまいます。つまり、リスクはないのです。それなのに、ウイルスそのものよりも50倍も死に至る可能性が高いものをワクチンとして投与するのは、おかしな話です。


中国で旧日本軍731部隊に関する文書公開

インド、1日6000人以上死亡。世界最高記録。

日本やほかのアジアはわからないけど、アメリカは今年の秋、冬に1日1万以上は死ぬのではないかと。

 

新型コロナ 自宅等で体調急変し死亡 全国で少なくとも500人に

 

■香港人や華僑の話が一番信頼できるかな。台湾人は日本人よりかはパンデミック関係の偽情報を警戒しているけど香港人ほどでもない。

香港でのワクチン接種後の死亡者数は非常に恐ろしいです。流産もやっぱり結構出てるなあ。