· 

【経歴・解説】唐鳳「「Xジェンダー」を自称する台湾のデジタル大臣

唐鳳 / Audrey Tang

「Xジェンダー」を自称する台湾のデジタル大臣


概要


生年月日 1981年4月18日生まれ
職業 プログラマー、政治家
国籍 台湾
政党

個人主義無政府主義

唐鳳(オードリー・タン:1981年4月18日生まれ)は台湾のプログラマー、政治家。旧名は唐宗漢。タンは「台湾のコンピューティング・パーソナリティ10大偉人」の一人と評価されている。

 

2016年8月に台湾の行政院(日本でいえば内閣)にポートフォリオなしで大臣として招待され、トランスジェンダーとしては初の、また執行部内閣のトップでは初のXジェンダーの公務員となった。

 

タンは「ポスト・ジェンダー」や「Xジェンダー」というアイデンティティを主張しており、「ネット上で人々が自分自身を説明するのに適した代名詞は何でも受け入れる」と話している。

 

2020年、唐は台湾における新型コロナの感染拡大防止対策の一端を担い、台湾はパンデミックの封じ込めに成功し、その取り組みが世界から注目を集めることになるが、唐マスク供給対策で活躍する。どこのコンビニでだれだけの在庫があるが一目でわかる「マスクマップ」の作成を提案し、アプリ開発に携わった

略歴


の両親は唐光華(Tang Kuang-hua)と李雅清(Lee Ya-Ching)である。

 

唐は5歳までに古典文学の作品を読み、6歳までに高度な数学、8歳までにプログラミングを習得した神童であり、12歳からPerlを習い始めた。2年後、学生生活に適応できずに中学を中退。

 

2000年、19歳になった唐は、すでにソフトウェア会社に就職し、カリフォルニアのシリコンバレーで起業家として働いていた。

 

2005年後半、唐は外見とセルフイメージを一致させる必要性を理由に、英語と中国語を混ぜた名称に変えるなど女性への移行を始めた。

 

2017年、唐は「私が現実をシャットアウトして、長年ほとんどネットだけで生活してきたのは、私の脳は私が女性であることを確実に知っているが、社会的な視線がそうでないことを要求しているからだ」と話している。

 

2019年、唐は 「ポスト・ジェンダー」または「Xジェンダー」であることを確認し、代名詞に関して次のように話している。「ここで重要なのは、どの代名詞を使うかではなく、それらの代名詞についての経験....... 私はただのXジェンダーではありません。私は本当に何でもいい、だから何でも使う」。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Audrey_Tang、2020年12月19日アクセス