· 

【コロナ治療薬】アルテミシニン「マラリアに苦しめられた人民解放軍が発見した伝統的な解毒剤」

コロナ解毒剤「アルテミシニン」

マラリアに苦しめられた人民解放軍が発見した伝統的な解毒剤


伝統的なマラリア薬


2021年8月30日、新中国連邦の創設者である郭文貴がコロナウイルスの解毒剤「アルテミシニン」を世界に発表した。コロナワクチンだけでなくワクチン接種後の副作用にも効果があるという。

 

郭によれば、中国共産党は少なくとも5種類の解毒剤を所有しており、その1つがアルテミシニンであるという。

 

東京オリンピックの直前、中国共産党は参加したすべての選手にアルテミシニンとアルテミシニンのスプレーを使用させており、オリンピック選手とすべての中国共産党幹部を保護するために使用された。

 

アルテミシニンは、1970年代初頭に中国がベトナム戦争時にマラリアに苦しめられたときに解決手段として人民解放軍と屠呦呦が発見した薬で、人民解放軍の伝統的なマラリア薬として知られている。ノーベル賞受賞者、屠呦呦博士の薬は99%以上効く。彼女は人類を救う英雄になるだろう。

 

屠は、抗寄生虫薬イベルメクチンの発見者であるウィリアム・C・キャンベル、大村智と共に2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞している。

 

現在、アルテミシニンの錠剤のみが市場に出回っており、アルテミシニン・スプレーはまだ市場に出ていない。郭文貴の生放送後、アルテミシニンは完売し、世界中の多くのウェブサイトで価格が急上昇した。細心の注意を払い、購入方法を見つけてください。

 

SUBCULTUREATでも、アルテミシニンや新中国連邦情報をサポート、発信する唯一の日本人による日本語情報を発信していく予定だ。

中国共産党の生物兵器攻撃から身を守る薬アルテミシニンを発見した英雄屠呦呦博士
中国共産党の生物兵器攻撃から身を守る薬アルテミシニンを発見した英雄屠呦呦博士

中国共産党所有のD-NBA解毒薬


今、共産党が持っている解毒薬こそが、D-NAB解毒薬である。この解毒薬は素早く体、あるいは物質上の表面上にあるコロナウイルスを瞬時に消滅できる。Neutralizing anti body、略称NAB。

 

東京五輪の中国選手は全員がこっそりD-NABナノ原子を浴びている。そのため中国選手は誰一人感染しなかった

 

その理由は我が党の内部が完全に握っているスプレー式の液剤と外側を守る保護剤、あとは筋肉に注射するタイプではなく服用タイプの水で溶かす錠剤で、外からも中からも守ってくれる解毒剤があるからだ。

 

100%効果のあるものではない。治療サイクルは7日間で、感染したときは7日間連続で処方通り飲めばよい。

 

ヒドロキシクロロキンと亜鉛の組み合わせの有効と近いものだし、イベルメクチンやオキシテトラサイクリンも有効だが、アルテミシニンが最も効果的だ。

 

多くの抗体は抗原と結合することで白血球を刺激し異物を排除しようとし、最終的に異物が消されてしまう。そして、中和抗体と結合抗体の区別は、前者は抗原との生化作用、後者は抗原と結合し処理を待つ印となる。

 

これらの違いをインターフェロンβを用いて説明できる。抗体がインターフェロンβのみ、あるいはグラチラマー酢酸塩と結合したあとその作用に影響を与えない。

 

このときの結合抗体は、阻止、あるいはそれらの生化性を中和できるため、このときは中和抗体である。これは生化研究と生化製薬、生化武器の必須の技術である。