· 

【世界のシリアルキラー】アレクサンダー・ピチューシキン「生きるために殺したロシアの純粋殺人鬼」

アレクサンダー・ピチューシキン / Alexander Pichushkin

生きるために殺したロシアの純粋殺人鬼


概要


生年月日 1974年4月9日
活動国 ロシア
確定犠牲者 48
推定犠牲死者 60以上
活動期間 1992-2006

アレクサンダー・ユリエヴィチ・ピチューシキン(1974年4月9日生まれ)は、別名「チェスボードキラー」や「ビットサ公園マニアック」と呼ばれるロシアの連続殺人鬼。

 

1992年から2006年までの間にモスクワ南西部のビットサ公園で少なくとも48人、場合によっては60人以上を殺害したと考えられており、多くの犠牲者の遺体が発見されている。2007年に無期懲役を言い渡された。

幼少期


ピチューシキンはモスクワのハルスカヤ通り2番地で育った。彼はそこに母、異母妹、その夫、息子と一緒に、ビツェフスキー公園の北端から徒歩6分の5階にある2ベッドルームのアパートに住んでいた。 この家は、ソ連初の大規模な公共住宅プロジェクトであるフルシチョフカの典型的な例である。

 

ピチューシキンは、最初は社交的な子供だったと覚えられている。しかし、ピチューシキンがブランコから後ろ向きに転落して、そ振られたブランコが彼の額を直撃したという事件があった後から、それは一変した。

 

専門家は、この出来事がピチューシキンの脳の前頭前皮質に損傷を与えたのではないかと推測している。このような損傷は、衝動の調節がうまくいかず、攻撃性が高い傾向にあることが知られている。ピチューシキンはまだ子供だったので、子供の額は大人の額に比べて脳を保護する機能がほんのわずかしかないため、損傷はもっと深刻なものになっていただろう。

 

この事故の後、ピチューシキンは頻繁に怒りっぽくなり、衝動的になった。彼の母親はすぐに、彼が通っていた主流の学校から学習障害児のため転校させることを決めた。

 

転校前、学校の子供たちは、ピチューシンを「あの知恵遅れ」と呼び、身体的にも言語的にもいじめていたことがわかっている。このいじめは、ピチューシキンの怒りと敵意を強めた。

 

思春期を迎えた母方の祖父は、ピチューシキンが高い知能を持っていることがわかるが、家庭では何の活動もしておらず、入学した学校では達成感よりも障害の克服に重点が置かれていたため、才能が無駄になっていると気づいた。

 

ピチューシキンの祖父は、ピチューシキンを自宅に引き取り、学校以外の知的な追求を奨励した。その中で最も深い興味を持ったのがチェスだった。ピチューシキンはチェスの遊び方を教えられ、その実力を発揮した後、ビットサ公園で公然と対局していた老人たちとのエキシビションゲームを紹介された。

 

ピチューシキンが優れたチェスプレイヤーであることが判明し、彼は初めて、ゲームでチェス盤を支配するときに攻撃性のチャネルを見つけた。ピチューシキンは、思春期を通して主流の学校の子供たちによっていじめられ続け、思春期の終わりには、彼の祖父が亡くなり感情的な打撃を受けた。

 

ピチューシキンは母の実家に帰省することになったが、その後、学生として入学した。報道によると、祖父の死はピチューシキンに大きな影響を与えたという。

 

祖父の死の痛みを和らげるだけでなく、彼の激しい攻撃的な傾向を落ち着かせるために、彼はウォッカを大量に摂取するようになった。

 

彼は家でもビツァ公園のエキシビションゲームでもチェスを続け、他の男たちと一緒にウォッカを飲むようになったが、彼らと違って彼はアルコールの影響をあまり受けずにプレイすることができた。

 

この頃、ピチューシキンは、当時は誰にも知られていなかった、もっと不吉な趣味を始めた。子供たちと接触できる機会があるときはいつもビデオカメラを持っていき、子供たちを脅迫、いじめをしてそれを記録していった。

 

あるひは幼い子供を片足で抱きかかえ、逆さまにして、カメラに向かって言いました。「お前は今、私の力の中にいる... 窓から落としてやる...15メートルの高さから落下して死ぬのだ」。その後、これらのビデオを何度も見て、自分の力を再確認したという。しかし、1992年には、これでは欲求が満たされなくなっていた。

最初の犠牲者


ピチューシキンは1992年7月27日、18歳の時に初の殺人を犯した。被害者はミハイル・オディチュクだった。

 

二人は同級生で、ピチューシキンはオディチュクを共同殺人事件を起こそうと誘っていた。ピチューシキンはオディチュクに「誰かを殺したい」と公然と言っていており、共同で殺人をしようと言っていた。

 

オディチュクは、半分冗談で、おそらく何がしたいのかとわからなかったのだろうが、付き合っていた。オディチュクが本気で殺す気がないことに気付いたピチューシキンは、代わりにオディチュクを殺した。

下水道時代(2001-2005)


ピチューシキンは2001年に犯罪を強化した。ピチュシュキンは主に老人ホームレスの男性をターゲットにして、無料のウォッカのオファーで彼らをおびき寄せた。彼らと飲んだ後、公園の下水道に投げ捨てた。この期間に最も多くの犠牲者がこの方法で殺された。

オープン時代(2005-2006)


ピチューシキンが言ったように、「犠牲者が消えるという状況だけでは、もはや満足できなくなった。この瞬間から、彼はハンマーで頭を何度も殴って殺しはじめた

 

彼のトレードマークとなったのは、ウォッカのボトルを頭蓋骨の傷口に押し込むことだった。若い男性、子供、女性をターゲットにしていた。被害者を不意打ちにして服で血が染まらないようにするため、いつも後ろから攻撃していた。犠牲者のうち10人は、彼が住んでいたのと同じ4棟の建物に住んでいた。

 

彼は通常、年齢も性別も様々な被害者(公園で一緒にチェスをしていたので20人は知っていた)と親しくなり、ウォッカを一杯飲ませてあげた。ピチューシキンにはチカティロのように女性被害者をレイプしなかった。チカティロは性行為の代用で殺人をしてていたピチューシキンは快楽殺人だった。

 

血しぶきをあげないように刺したり、切りつけることはなく、ハンマーで頭蓋骨を叩くのが好きだった。頭蓋骨に開いた穴にウォッカの空き瓶や小枝を突っ込んでいた。 「頭蓋骨が割れる音が好きだった」と彼は検察官に語った。

逮捕


2006年6月に36歳のマリナ・モスカリーヨバが殺害されたのが、彼の最後の事件だった。彼女の遺体がビツァ公園で発見され、ピチューシキンのトレードマークである傷がついていた。また、彼女が所持していた地下鉄の切符が発見され、当局はモスクワの地下鉄の監視カメラの映像を再検討した。

 

ドキュメンタリー映画「シリアル・キラーズ」によると、ピチューシキンは逮捕された後、警察官とビットサ公園での多くの犯罪現場を訪れ、殺人がどのように行われたかを鋭く記憶していたという。

 

また、彼が犯した殺人のいくつかは、彼が好んだ方法(後頭部へのハンマーによる打撃)ではなく、ビットサ公園の下を流れる下水道網に投げ落としていたことも明らかになっている。犠牲者の中にはこの試練から生き残った者もいる。

 

彼は人々を殺している間、牲者の生死を決める時、神のように感じたと主張しています。「すべての場合において、私が殺した理由はただ一つ。生きるために殺したのだ」「私にとって、殺人のない人生は食べ物のない人生のようなものだ 」と話している。

 

ロシアの主要な精神科クリニックであるセルブスキー研究所の専門家は、ピチューシキンは正気だが、反社会性人格障害自己愛性人格に悩まされていると診断した。

 

2006年6月16日に逮捕され、2007年10月24日に49人の殺人と3人の殺人未遂の罪で有罪判決を受けた。彼はロシアの裁判所に11人の犠牲者を追加するよう求め、彼の主張する死亡者数は60人、生存者は3人となった。

 

裁判中、アンドレイ・チカティロと同様に、ピチュシキンはガラスの檻に入れられていた。 ウラジーミル・ウソフ判事は判決を読み上げるのに1時間を要した。

 

ピチューシキンは終身刑で最初の15年は独房で過ごすことになった。最北部の流刑地「パネフクロウ」でピチューシキンは独房で日々を過ごしている。

そのほか


ロシアのメディアは、ピチューシキンが、1992年に12年間で53人の子供と若い女性を殺害した罪で有罪判決を受けた「ロストフの切り裂き魔」と呼ばれるもう一人の悪名高いロシアの連続殺人鬼、アンドレイ・チカティロとの不気味な競争に動機づけられていると推測している。

 

ピチューシキンは、チェス盤のマスの数に相当する64人を殺害することが目的だったと述べている。 彼は後にこの発言を撤回し、もし彼を止められなかったら、無期限に殺人を続けていただろうと述べている。

監獄生活について


刑務所に連れてこられた時は良い気分ではなかったが、次第に適応した。ここには理想的な水がある。しかし、熱過ぎて冷たい水で薄めなければならないほどのこともある。ここにいる髪を切ったのは一度だけしかない。シャワーを浴びる時間をもっとほしい。今は5分しかない。

政治と宗教について


ピシューシキンは生後3ヶ月の時に洗礼を受けた。洗礼は受けたが、望んでいたものではなかった。また、聖書を読むことも自伝を書くこともしないと断言している。神に祈ったこともないし、これからもないという。

 

「宗教は美しいおとぎ話です。弱者のために、国家(ロシア政府)に身を犠牲にする者のために。男は年を重ねるごとに、すべての力を持つ誰かがそこにいることを夢見るようになる。さて、それは何でしょうか?」

 

 


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Alexander_Pichushkin、2020年6月21日アクセス