· 

新型コロナ「妊婦と胎児を襲うブラジル変異株」に関すること

妊婦と胎児を攻撃するブラジル株


新唐人によると、新型コロナの変異種であるブラジル株が多数の妊婦とその胎児を驚くべき速さで殺しています

 

現在、ブラジルの死亡者数は50万を越えており、アメリカに次いで第二の死亡者数です。そして、ブラジルの妊婦の死亡率はすでに高く、妊婦10万人あたり55人が死亡しています。英国では、この数はわずか9.7です。フランシスコ博士によると、この数は今年末までに2倍になり、10万人ごとに100人以上の妊婦が死亡する可能性があります。

 

ブラジル産科天文台の医学研究者によれば、帝王切開で未熟児を出産することを選択し、産科医に相談せずに挿管を受ける女性がますます増えていると述べています。婦人科医療コーディネーターのパトリシア・セラ博士は、ブラジルを席巻しているP1変異体が、これまでに見たことのない若い妊婦に感染していると信じていると述べた。

 

 注意:妊婦と胎児に影響が出ている可能性があるのはブラジル変異種であり、ワクチン接種ではありません。6月21日付けのシンガポール大手紙(ニューヨーク・タイムズみたないもの)でもCovid-19ワクチンが流産、胎児異常のリスクを高めるという証拠はありません