アンダーグラウンド

アンダーグラウンド / Underground

主流と異なるオルタナティブな文化


概要


アンダーグラウンド(アンダーグラウンド・カルチャー)とは、社会や文化における主流とは異なる様々なオルタナティブ文化の総称である。正式にはアンダーグラウンド・カルチャーだがアンダーグラウンドと略される事が多い。

 

もともと「アンダーグラウンド」という言葉は、抑圧的な体制下における抵抗者たちの秘密組織を指す言葉として、レジスタンス運動の歴史の文脈を起源としている。

 

たとえば、「地下鉄道(アンダーグラウンド・レイルロード)」という言葉は、19世紀にアメリカでの黒人奴隷が自由になろうと奴隷制が廃止された北部へ逃亡するための逃亡路、また逃亡を助ける秘密組織のことを指しており、地面の下に道があるという物理的な意味ではない。

 

その後、アンダーグラウンドという言葉自体は、第2次世界大戦のレジスタンス運動を指し示す言葉として使われた。さらに1960年代になる、ベトナム戦争の兵役を逃れるためカナダへ逃亡するための逃亡路、また逃亡を助ける秘密組織を指す言葉として地下鉄道という言葉が再び使われ始めた。

 

アンダーグラウンド・カルチャーという言葉も、ここから派生したもので、物理的な意味で地下にある文化という意味ではなく、主流文化から逃れる、あるいは対抗するための代わりの(オルタナティブ)文化という意味で生まれてきた。

 

その後、アンダーグラウンドは、モッドカルチャー、ヒッピー・カルチャー、パンク・ロック、テクノ・ミュージック、レイブ・カルチャーなど、さまざまなサブカルチャーを指し示す言葉に変わっていった。

 

日本でも1960年代頃から、アメリカのアンダーグラウンドに詩劇を受けた文化人が、この言葉をカタカナで日本で使い始めるようになる。ただし、日本ではメディアによって「アングラ」と省略され、1960年代に「アングラ・ミュージック」や「アングラ映画」や「アングラ演劇」などという言葉と一緒に主に使われるようになった。

 

■あわせて読みたい

アングラ(日本のアンダーグラウンド)

サブカルチャー(世界のサブカルチャー)

カウンターカルチャー

 

■参考文献

Underground culture - Wikipedia