· 

タッカー・カールソン「政治の都合でころころ変わる科学的事実」

政治の都合でころころ変わる科学的事実

2021年5月21日 Fox News:タッカー・カールソン・トゥナイト


コロナウイルスはどこから来たのか?


昨年、コロナウイルスが米国に上陸した後、理性的な人々が最初に抱いた疑問の一つは、「この病気はどこから来たのか」という単純なものでした。

 

感染源を知ることは、単なる好奇心の問題ではありませんでした。それは公衆衛生上の緊急課題だったのです。次の災害を防ぎたいのであれば、現在の災害がどのようにして起こったのかを明らかにしなければならない。

 

そのために国家運輸安全委員会(NTSB)があるのです。墜落事故を慎重に調査しなければ、飛行機は墜落し続け、皆さんは飛行機に乗れなくなってしまいます。 

 

このウイルスが世界中に広まったとき、私たちはCDCでもWHOでも、信頼できる公衆衛生機関が感染源の詳細を発表するのを待っていました。しかし、誰も名乗り出ることはなかった。

 

振り返ってみると、まったく馬鹿げた話であった。中国中央部の海鮮市場で、パンゴリンのような珍しい哺乳類が売られていたから、それが何らかの形で感染の媒介となったというのです。「中国人が変なものを食べているから、世界が病んでいるんだ」。そう言われていたのです。

 

中国政府は海鮮市場の食べ物が感染源でないことを知っていました。それはとても早い段階でわかっていました。2020年2月6日、まさにその頃、華南理工大学の科学者たちは、コロナウイルスの起源に関する論文をインターネット上にアップロードしました。彼らは、何が起こったのかについて、海鮮市場とまったく異なる見解を持っていました。 

発生初期段階で現場の科学者は感染源をわかっていた


このウイルスは、中間カブトコウモリと呼ばれる動物に由来する可能性が高いと科学者は述べています。

 

しかし、武漢から900キロ以内には、中間カブトコウモリの巣はない。また、武漢の有名な海鮮市場で売られているわけでもない。実際、科学者たちは市場で働く人や買い物をする人たち60人近くにインタビューを行った。その結果、全員がカブトコウモリが売られていたことはないと話した。 

 

つまり、COVIDはコウモリから人間に飛び移ったと考えられます。それはいつ、どこで、どのようにして起こったのか?科学者たちは、海鮮市場から数百メートル以内に「武漢疾病管理予防センター」という施設があることに注目しました。その施設では中間カブトコウモリを研究に使っていることがわかった。

 

また、7マイルほど離れたところには、「武漢ウイルス学研究所」という施設があった。武漢ウイルス研究所もまた、中間カブトコウモリの研究を行っていた。

 

つまり、流行の初期段階において、現場で働いていた中国の科学者たちにとって、「殺人コロナウイルスは武漢の研究所から発生したものだろう」という結論は明白だったのです。それは、2020年の2月の第1週のことでした。

研究所流出説を書き消す中国当局とNIH関係者たち


科学者たちの調査研究は、中国当局が削除するまで、数週間にわたってインターネット上に掲載されていました。その調査研究を書いた人たちがその後どうなったかはわかりません。

 

しかし、私たちはコピーを持っています。驚くべきことに、これが公表されていたにもかかわらず、欧米の公衆衛生当局は完全に無視していたのです。ウイルスが実験室から持ち込まれた可能性について質問されると、彼らは敵意をむき出しにし、場合によってはヒステリックになりました。

 

たとえば、アメリカ国立衛生研究所のウェブサイトに掲載された記事では、よく知っているはずのNIH所長のフランシス・コリンズ博士が、研究室の情報漏えいに関する質問に対して「言語道断」と切り捨てています

 

まるで、質問することが罪であるかのように。しかし、それらの質問は言語道断なものではありませんでした。もっともなことだったのです。昨年の秋、私たちはこの問題を直接知っている人に話を聞きました。 

閻麗夢博士の内部告発


閻麗夢博士は、中国の著名なウイルス学者で、パンデミックの初期に中国で「COVID」の研究をしていました。彼女は、自分が見たものに基づいて、ウイルスは武漢の研究所から来たものだと確信していました。

 

2020年9月15日、彼女はこの番組に出演し、そう語った。

 

閻麗夢: 最初の報告から、私はCOVID-19が自然界に存在しないという確かな科学的証拠を提示することができます。私は世界のトップレベルのウイルス学者と仕事をしているので、私の経験と合わせて、これは研究室で作られたものだと言えます。これは、中国軍が所有しているもので、このような被害をもたらすために世界に拡散されているのです。

 

タッカー:中国政府は意図的にこれを放ったたと思いますか?彼らはこれをやったのでしょうか?

 

閻麗夢:もちろんです。意図的にです。

 

それは強力な主張だった。しかし、閻麗夢はさらに強力な証拠を持っていました。繰り返すが、彼女は中国のウイルス学者であり、COVIDの研究を、流行の初期に中国で自ら行った人物である。彼女はインターネット上の嘘をばらまく人ではありません。彼女は、パンデミックがどのようにして始まったかについて、情報を得て、直接知っていたのです。

マスコミとビッグテックの「嘘のファクトチェック」


そんなことを言える人はあまりいません。しかし、彼女にはそれができた。そして彼女はそうした。しかし、誰も耳を傾けなかった。代わりに、いつものインターネット上の嘘つきたちが、彼女個人の信用を落とすためにすぐに仕事を始めた

 

いわゆるファクトチェックサイトの「Politifact」は、閻博士の主張を「不正確で馬鹿げている」と攻撃しました。しかし、なぜそう言えるのか説明されていません。Politifactのジェンダー研究専攻の学生たちは、閻博士の主張を凌駕する科学知識を入手しているのでしょうか。私たちは彼らは入手してないと思います。しかし、彼らは先立って閻博士を「まったくのデタラメ」の嘘つきだと非難した。 

 

ビッグテックも積極的に非難した。メディアの独占企業はすぐにこの話題を消し去ろうと急襲しました。フェイスブックは、私たちの閻博士へのインタビューを検閲し、完全に削除しました。フェイスブックが所有しているインスタグラムもそれに続いた。どちらも自分たちの検閲を正当化するためにポリティファクトの主張を利用した。そしてもちろん、CNNが最後に駆けつけた。

 

ブライアン・ステルター:先日、カールソンは、中国の武漢でCOVID-19の陰謀の証拠を持っていると主張する「内部告発者」にインタビューしました。しかし、そのインタビューの動画がソーシャルメディアで公開されると、フェイスブックとインスタグラムが介入して、偽の情報ラベルを貼り付けました。

 

聞いたか? CNNによれば、メディアの独占企業が 「介入」したという。魂のない左翼企業が、中国共産党の親分をかばうために検閲を行ったという問題ではない。そうではありません。介入したというのだ。我々のために行われたのだ。

トランプ嫌いのエリートが歪めた科学的事実


当時はもちろん、政治的な伏線がありました。当時はドナルド・トランプが大統領だったのです。メディアの党派的な人たちは、この話を潰すしかありませんでした。パンデミックの原因が中国にあることが判明すれば、トランプの責任は軽くなるからです。

 

彼は再選されるかもしれない。だから彼らは、ウイルスやその周辺の科学について、党派的な理由でトランプの都合が悪くなるような嘘をつき続けたのです。記者たちは、ヒドロキシクロロキンという薬の報道でも同じことをしていました。トランプがヒドロキシクロロキンを宣伝すると、彼らはそれを毒と呼びました。

 

しかし、今は風向きが代わりました。ジョー・バイデンがホワイトハウスにいます。マスメディアは彼を当選させた。だからジャーナリストの中には、もう武漢ウイルス陰謀論をやめてもいいと考えている人もいる。 

 

トランプがいなくなると変わる科学的事実


ここ数ヶ月の間に、あなたはそれを見てきました。著名なリベラル派の人々が、ウイルスがどこから来たのかについての見解を公に再評価したのです。確かに、ウイルスは武漢の研究室から出現したと認めている。その物理的証拠は圧倒的である。このウイルスは自然界で進化したものではない。

 

このウイルスは、実験で強化されたものです。無謀で、残忍で、非常に危険な実験であり、その費用の一部はアメリカの納税者が負担し、トニー・ファウチ氏自身が署名した助成金によって行われました。これはすべて真実です。

 

彼らは今、それを認めています。Politifact社も、閻博士が「まったくのデタラメ」嘘つきだという主張を撤回しました。

 

興味深いことに、フェイスブックは再考していません。どうやら、同社は中国でのビジネスが多すぎて、中国軍を怒らせてしまうようです。今夜の時点では、閻博士へのインタビューは、彼らのプラットフォームから消えたままだ。しかし、閻博士自身はとても元気です。


■オリジナル記事

https://www.foxnews.com/opinion/tucker-carlson-coronavirus-enhanced-dangerous-experiments、2021年5月14日アクセス