· 

【まとめ・解説】ドナルド・トランプ「民主党によるアメリカ大統領選挙の不正を告発する動画」完全版1

概要


不正選挙の犯人は「民主党」


ドナルド・トランプ大統領は2020年12月2日(ニューヨーク時間)、「不正選挙」を糾弾する46分間のビデオを配信した。

 

トランプは、ホワイトハウス外交室で「私がこれまで行った演説で最も重要な演説かもしれない」と説明し、大統領印の付いた演説台を前にして演説を行った。トランプはその後、46分の完全版動画をFacebookにアップロードし、またTwitterには完全版動画へのリンクが貼られた2分版の動画をTwitterに投稿した。

 

トランプ大統領は、繰り返し選挙の敗北を譲歩することを拒否し、有権者の不正行為について主張し、大統領職を盗むための陰謀を謀った民主党を非難している。

 

ツイッターはすぐにこの投稿を 「論争中」と表示した。Facebookは、次期大統領候補のジョセフ・R・バイデン・ジュニア氏が8100万票近くを獲得し、306票の選挙人票を獲得したことで、今回の選挙の勝者と予想されていることを追記した。

 

ホワイトハウスの関係者によると、このビデオは先週(11月末)に録画されたもので、過去3週間のトランプ氏のつぶやきをそのまま体現したものであるという。不正投票でも特にひどいのは、ミシガン州ペンシルバニア州ウィスコシン州ジョージア州である。ほかにネバダ州、ユタ州でも見られる。また、海外勢力として中国、イラン、ベネズエラも不正選挙に介入している。

 

映像の最後には、自分自身をアメリカの選挙システムの擁護者だと表現し、大統領職の最も重要な成果は、投票システムの完全性を守ることだと述べた。

不正チェックリスト


あなたもぜひ、上記不正選挙キーワードを使って情報を探してみてください。日本語訳では

  • 故人の有権者
  • 壊れた投票集計機
  • バイデン・チームにドミニオンの幹部が参加している
  • 選挙監視人の不正締め出し
  • 数学的に不可能な数
  • ジョージア州で15,000個以上の投票用紙が行方不明
  • 郡の人口よりも有権者の数の方が多い
  • 偽造サインの票
  • 違法行為が疑われている人たち
  • 数百枚の宣誓供述書
  • 中国産の議決権行使システム処理部品
  • 投票機はハッキングされた可能性

翻訳動画の全部書き起こし(我那覇真子チャンネル)より


途方もない不正選挙と不正を明らかにするための最新情報


ありがとう。これは私が今までにした中で最も重要なスピーチかもしれません。11月3日の途方もなく長い選挙の間に起こった途方もない不正選挙と不正を明らかにするための私達の継続的な取り組みについての最新情報を提供したいと思います。

 

私たちはかつて、いわゆる選挙日を過ごしました。今では選挙日、週、月があり、このばかげた期間に多くの悪事が起こりました。特に私たちの最大の特権である選挙権を行使するのにほとんど何も証明する必要などないときにです。

 

大統領として、私は合衆国の法律と憲法を守ること以上の義務はありません。だからこそ、私は、現在、協調的暴行のもとにある選挙制度を保護することを決意しています。大統領選挙に至るまでの数カ月間、私たちは時期早々の勝利を宣言すべきではないと警告されました。

 

勝者を決定し、不在者投票を数え、結果を確認するには、そうでもない場合でも数週間かかると繰り返し言われました。私の対戦相手は選挙に近づかないように言われました。選挙運動はしないでくださいと。「私たちはあなたを必要していない。私たちが選挙を掌握しており、この選挙はそのように行われます。」

 

実際、民主党は結果がどうなるかをすでに知っているように行動していました。民主党はそれを隠蔽していました。そしておそらく私たちの国にとって非常に悲しいことに民主党から隠蔽したのです。それはすべて非常に、非常に奇妙でした。選挙後数日以内に、多くの主要な州がまだ数えられているにもかかわらず、勝者に油を注ぐための組織的な努力を目の当たりにしたのです。

 

憲法のプロセスは継続させなければいけない。すべての合法的な投票がカウントされ、違法な投票がカウントされないようにすることで、投票の正直さを擁護するのです。

 

これは、私に投票した7400万人のアメリカ人の投票を称えるだけでなく、アメリカ国民がこの選挙と将来におけるすべての選挙を信頼できるようにすることでもあります。

 

今日、私はここ数週間で明らかにされた衝撃的な不規則性、乱用、詐欺のいくつかを詳しく説明しますが、私達が発見した証拠のほんの一部を提示する以前に、私たちは非常に多くの証拠を持っています。

不正選挙の最大の犯人は「民主党」関係者全体である


特にスイングステートで勝たなければならなかった民主党員が投票を変更できるように体系的に導入した不正な郵送投票の策略について説明したいと思います。私たちがすべてのスイングステートでこれまで考えられていたよりもはるかに大きくリードしていたので、彼らはそれがそれほど厳しいものになることを知りませんでした。

 

民主党の投票機がデトロイトからフィラデルフィア、ミルウォーキー、アトランタ、その他多くの場所で不正選挙に関与していることは長い間理解されてきました。今年変わったのは、民主党が、何千万もの投票用紙を印刷して郵送するという執拗な方法で、事実上どんな保護手段もなく、存在しない宛先に送られました。

 

これにより、これまでにない規模で詐欺や乱用が発生する可能性がありました。パンデミックを口実に、民主党の政治家と裁判官は、11月3日の選挙のわずか数ヶ月前、場合によっては数週間前に選挙手続きを大幅に変更したのです。

 

立法府が関与することはめったにありませんでしたが、憲法上、これは非常に稀なことで、立法府が関与する必要がありました。訴訟を起こし続けるのを見ると、法的な観点から見ても憲法上全く間違っていることがわかるでしょう。ネバダ州やカリフォルニア州などの多くの州では、投票者名簿のすべての人に数百万の投票用紙を送付しました。その人達が投票を要求したかどうか、死んでいるか生きているかに関わらず、投票用紙を受け取りました。

 

ミネソタ州、ミシガン州、ウィスコシン州などの他の州では、選挙年の中間で不在者投票を開始し、名簿すべての有権者に不在者投票申請書を送信しました。彼らが誰であるかは問題ではありませんでした。この郵送投票の巨大な拡大が大規模な詐欺への水門を開きました。

 

選挙人名簿には、故人を含む合法的に投票する資格のない人々、さらには私たちの国の非市民でさえも、州を離れた人々も含まれていることは広く知られている事実です。

 

さらに、記録はエラー、間違った住所、重複したエントリー、および他の多くの問題でいっぱいです。これは争われていません。それは決して論争されたことがないのです。

 

ミシガン州の67の郡を含め、主要なスウィングステートの数十の郡では、有権者が投票年齢の市民よりも多く登録されています。これはすべて証拠としてあります。ウィスコシン州では、州の選挙管理委員会は10万人以上の居住地を確認できませんでしたが、選挙前に選挙人名簿からこれらの名前を削除することを繰り返し拒否しました。

 

彼らは誰もそれをしない理由を知っていました。私はその理由を知っている。彼らは違法な有権者でした。2020年に、選挙やそのような重要な選挙で投票した人の適格性を確認したり、彼らが州に住んでいるかどうかを判断したりする手段がないのは悲劇です。彼らはアメリカ市民ですらあるのです。理解できません。

 

すべてのスウィングステートで重大な違反または完全な詐欺が横行しています。これは、州の結果を覆す必要があるよりもはるかに多くの数または投票数です。言い換えれば、ウィスコシン州では、例として、私たちが選挙日の夜に票を伸ばして行っていたところで、我々は最終的に2万票差の奇跡的な敗北をしました。

悪夢のウィスコシン州午前3時42分


ここでお見せできるのは、ウィスコシン州で、我々がかなりリードしていたところ、午前3時42分にこの現象が起こりました。これらの票は、ほとんどがバイデン、ほとんどすべてがバイデンでした。

 

今日まで、誰もが「それはどこから来たのか」を理解しようとしています。しかし、私がかなりリードしていたところから僅差の敗北へと移行しました。それがまさにここにあります。それは朝の3時42分ですよ、それはウィスコンシン州でのことです。ひどいこと、ひどい、ひどいことです。

https://twitter.com/Mamonymex/status/1324137280789975041、2020年12月9日アクセス
https://twitter.com/Mamonymex/status/1324137280789975041、2020年12月9日アクセス

投票監視員の締め出し


しかし、州を覆すのに必要な2万票をはるかに超えている、何倍もあるでしょう。私たちが詐欺について正しければ、ジョー・バイデンは大統領になることはできません。私たちは数十万の投票について話しているのです。誰も見たことがないような数字について話しているのです。

 

一例を挙げると、特定の州では、我々側が、たとえば7000票減少しますが、後で20,000、50,000、10,000、200,000の一致しない票や不正な投票が見つかるのです。これには、投票監視員が建物から締め出されていたときや、共和党の投票監視員に見られないようにしたときに通過した投票も含まれています。

 

あるいは、11月3日に何もしらずに投票に来て、投票に興奮していた人々は、幸せでした。彼らはアメリカ合衆国の市民であることを誇りに思い、立ち上がって「投票したい」と言ったのです。彼らは投票できないと言われました。

 

「申し訳ありません。あなたはすでに郵送投票で投票しています。おめでとうございます。私たちは投票を受け取っているので、もう投票できません。」と彼らは言われたのです。彼らはどうしたらいいのかわかりませんでした。

 

彼らには文句を言う人は誰もいなかったし、ほとんどがただその場を去って、「奇妙だ」と言ったのです。しかし、多くの人が不平を言い、激しく不平を言い、多くの場合、彼らは暫定投票に記入しました。これはほとんど使用されませんでしたが、事実上すべての場合がトランプへの投票でした。

 

言い換えれば、彼らは投票に参加し、投票したと言われ、投票しなかったのです。彼らはその場を去り、恐怖を感じ、私たちの投票システムへの敬意を失いました。これは全国で何万回も起こりました。

 

それが民主党員がどれほど必死だったかということです。彼らは、現れるかどうかもわからない人々の投票用紙に記入して、それらの人々が現れたら、「すみません、あなたはすでに投票しました」と言ったのです。