· 

シモン・ゴールド医師「ヒドロキシクロロキンその効果を研究」インタビュー


新型コロナウイルスがアメリカに入ってきた当時、わたしは救急外来で働いていた。そのため、新型コロナウイルスが米国に入ってくる前から注目していました。どうやってそれが中国やイタリアで発生したか関心があったのです。米国に来るともわかっていました。

 

私たちはあらゆる医学雑誌、研究論文、記事を読んでいました。私は一般の米国人ほど恐れていなくて、救急医として対処方針を立てていたし、対処能力もあったからです。準備は万全でした。

 

私たちは病院で幾度も会議を開き、いろいろ新型コロナウイルス対策を立てました。新型コロナウイルスに関して事前に調べていたので、それに効く薬がヒドロキシクロロキンであることはわかっていました。ほとんどの米国人は知らないことですが、クロロキンがよく効くだろうことが15年前から分かっていたからです。

 

15年前クロロキンがSARSコロナウイルス1に効いたことが、2005年にウイルス学会で公表されました。SARSコロナウイルス1と2は新型コロナウイルスの78%が同一でした。だから効く可能性は高かったのです。世界中の研究者がクロロキンやヒドロキシクロロキンの効果を研究し効くだろうとの結論に至っていたのです。

 

事実2月の時点で中国は国が定めた治療ガイドラインで新型コロナウイルスには第一にクロロキンを使用すべきだと公表しており、続いてフランスやインドでもさらに研究が進みました。インドは国の方針として医療時従事者および、医療時従事者に接触する人々全員にヒドロキシクロロキンの服用を認めたのです。ヒドロキシクロロキンは他の国々でも容易に入手できる薬なのです。私はヒドロキシクロロキンの期待に胸を躍らせながら状況を注視していました。私の患者がそれを必要とする日のためにです。

 

ヒドロキシクロロキンは私の友人や家族からもたくさん手に入りましたので実に賢明な策だと思いました。多くの医者がヒドロキシクロロキンを買いだめしそのため医療団体が「買いだめは止めて!」と告知を出したほどです。準備万端でした。

 

ところが突然、ヒドロキシクロロキンに対するネガティブ・キャンペーンが起きました。「それはよくない」「毒だ」「インチキ薬だ」と。これは65年間使われてきた薬であり食品医療局(FDA)が承認しているものだし、この薬は樹皮に含まれるキニーネから作られたもので、きわめて安全です。65年全世界で何十億回も使用されてきた薬です。乳児や子ども、妊婦、授乳期の母親、老人に、そして免疫力が低下した人にも処方されます。すでに何十年もリウマチ関節炎や狼瘡の治療に処方されています。それほど安全な薬です。

 

タイレノール(解熱鎮痛剤)やアスピリンより安全なのです。安全な薬ですから世界中ほとんどの国で市販されています。ここでは処方薬になっていますがとにかく私は胸を躍らせていました。妊娠患者と診断された最初の患者がやってきました。私が当然ヒドロキシクロロキンと亜鉛を処方したところ、患者は半日で症状が改善され、3日でほぼ全快しました。ヒドロキシクロロキンは効果があるという医学雑誌からの知識が、この体験で裏付けられたのです。

 

ところが医長は私に再び同じことをしたら、解雇だと言ったんです。私は変だなと思いました。私は彼に「何故首を突っ込んでくるの」と言いました。彼は「効果があるとは思わない」といい、私は「では処方しなくていいわ」と言いました。なぜなら医師の間で治療方法については、話し合わないものだし、だからこそ患者は医師を選ぶのです。私は「あなた自分の態度は変だと言うことがわからないの?私たちは何年も一緒に仕事をしてきたけど、こんなことは言われた事も言ったこともないわ」とも言いました。

 

もう1つ変なことが起きました。医師にヒドロキシクロロキンの処方を禁止する規則をカリフォルニア州知事が定めたのです。約40の州、ほとんどの州でも同様だったことが後に判明しました。新型コロナウイルスの患者にヒドロキシクロロキンを処方したら、職業上の規則違反とみなされる恐れがあるという手紙を受け取りました。つまり、脅迫です。

 

マラリア、リウマチ関節炎などには処方し続けることができるが、新型コロナウイルスだけは駄目だというのです。何かがおかしいとは分かっていました。かつて一度もなかったことです。長い間医師をやってきたなかで、だから声を出すようになったのです。

 

この偽情報は極めて強力で、医師たちでさえ同調圧力に屈していたことがわかりました。医学雑誌を読み、自身の見識を確立してたはずの医師たちが、他人の言葉に従うだけになっていました。私のような人間に対しては執拗に検閲を行うFacebookやTwitterにも彼らは従っていました。私は医師たちが批判的思考を止めてしまったことに大変失望しました。

 

しかし、批判的に考えるのが私一人ではないことは分かっており、そこで明晰に考える他の医師をネットで探したのです。私達は結集し米国人に真相を伝えるという「全米医師前線」を結成しました。私たちは7月27日にワシントンDCに来て、教育サミットを開催しました。7時間の教育を実施し、最高裁判所の真ん前での1時間で医師たちは皆真実を語り、その動画がネットで拡散されました。私たちはメディアには連絡せずにソーシャルメディアで訴えただけです。

 

ソーシャルメディアを通じて再生回数は2000万回に達しました。人々は真実を知らされていないとわかっています。だからこそ再生回数が多かったし、だからこそ私は医療の偽情報に反対して、今、人前に出て声を上げているのです。

 

最高裁判所の前で証言を行うと、驚いたことに私は予告もなく解雇されました。私は2つの病院で勤務していたのですが、1つの病院は私に電話でもう出勤しなくてよいと告げました。私が厄介なビデオに出たのが理由であることは明らかです。大変なショックでした。もう1つの病院はヒドロキシクロロキンと亜鉛を処方したので、私を解雇すると脅し続けています。今どちらの病院に対してもいわば訴訟の前段階です。私には非常に辛い状況です。

 

私はこれまでずっと緊急救命医療の仕事をしてきました。優秀な医師を解雇する理由が偽情報に反対する活動だとは驚きです。ヒドロキシクロロキンを処方する私を遠ざけようとする理由は歴然としています。ヒドロキシクロロキンが効くことを示す研究論文は約200も出ているのですが、米国医師会ですらかつての主張を引っ込めています。

 

上院公聴会での証言が行われました。これは完全に米国民に対する嘘です。委員会は私に非常に厳しい態度でした。私はもう医療に従事することはありません。

 

偽情報はいつか消えていくだろうと思いましたが、偽情報の奥深さにショックを受けています。これがトランプ嫌いよりもっと根深い問題であることは明らかです。民主党と共和党の対立も超えて、違った何かが進行しているのです。この偽情報の流布は世界中で行われており、おもに問題となったのは欧米諸国です。米国だけの話だけでなく、イギリス、カナダ、オランダ、ベルギー、フランスでも同様です。

 

第一にそれはかなり根深くかつ広範です。第二にこれは必ずしも政治的なものではなく、何か別のものです。その別のものとは経済的利益であり、左翼の運動と同じ方向を目指す世界的な動きです

 

ヒドロキシクロロキンについていろいろ語った理由の1つは、明らかにそれが人々をコントロールするという問題に他ならないからです。それが効くという証拠は圧倒的です。そこで嘘をつくようなら、他にも嘘をたくさんついているはずです。

 

自分自身の政治的信条はありますが、それとこの医学の問題は関係ありません。これは事実であり、安価で安全で世界中でどこでも入手できる数十年も前からある効く薬です。ところが「使ってはいけない」というのです。道理に反してますよ。何故人々が道理に従って考えずに道理に反したことに従うのか、私には理解できません。人々が立ち上がって要求をしないことに私は愕然とします。